トップページ > ニュース > 2001/2002シーズン
ニュース
2001/2002シーズン
2002/08/15
趙静のインタビューが、モーストリークラシック9月号に掲載されました。

エスポワールシリーズ第2弾として出演する趙静が、9月から始まるシリーズ公演について、選曲や、全3回の公演に対する意気込みなどを伸び伸びと語っています。

2002/08/12
クァルテット アルモニコ・菅谷早葉(Vn.)の談話が、8/12朝日新聞・夕刊に紹介されました。

エスポワールシリーズで活躍中のクァルテットアルモニコの第一ヴァイオリン、菅谷早葉のコメントが、参加したエクサンプロバンス国際音楽祭現地リポートの中で紹介されました。

2002/07/19
「加藤知子 ヴァイオリン リサイタル」延期のお知らせ

2002年11月21日(木)に予定しておりました「加藤知子 ヴァイオリン リサイタル」は、アーティスト本人の強い希望により2003年9月15日に延期させていただきます(チケット発売日は未定)。
上記、お知らせいたしますとともに、ご了承いただけますようなにとぞよろしくお願いいたします。

2002/07/15
トッパンホールロゴのリニューアル

3年めのシーズンを前に、新しいロゴが誕生しました。毅然とした書体に弦楽器のf字孔をやわらかにあしらい、強さとしなやかさを同時に表現したデザインになっています。トッパンホールの新しい顔を、どうぞよろしくお願いいたします。

2002/07/15
2002年6月3日開催の「竹澤恭子ヴァイオリンリサイタル」が、音楽現代7月号に木之下晃氏による写真とエッセイで紹介されました。

2002/07/10
2002年7月19日開催の「クァルテットアルモニコ」の公演紹介と、メンバーへのインタビュー記事が、カンパネラ8月号に掲載されました。

インタビュー会場となったトッパンホールの写真も掲載されています。

2002/06/24
2002年6月12日開催の「アルディッティ弦楽四重奏団」の公演評が、6/23読売新聞の夕刊に掲載されました。

2002/06/10
2002年6月11日開催の「今井信子ヴィオラリサイタル」がWeeklyぴあ(第956号)の「おすすめコンサート」欄で紹介されました。

バッハからボーン・ウィリアムズまでの魅力的な選曲と、ヴィオラの素晴らしさを再発見するコンサートとして紹介されました。

2002/05/21
2002/2003シーズン トッパンホール主催公演ラインナップ発表

ホール3年目となる、2002/2003シーズンの主催公演のラインナップを発表しました。
これまで以上にホールの特徴・特性を生かした企画が並んでいます。どうぞご期待ください。

2002/05/15
2002年4月5日開催の「海老彰子ピアノリサイタル」が、音楽現代 5月号に木之下晃氏による写真とエッセイで紹介されました。