トップページ > ニュース > 2005/2006シーズン
ニュース
2005/2006シーズン
2006/03/22
放映・放送日のお知らせ

下記公演の放映・放送日が決まりましたので、お知らせいたします。

■2004年2月5日(木)
「アルス・アンティクァ・オーストリア」(再放映)
番組名:NHK・ハイビジョン クラシック倶楽部
放送日: 2006年4月20日(木)8:15〜9:10
2006年4月21日(金)1:00〜1:55

■2004年4月28日(水)
「ロナルド・ブラウティハム―フォルテピアノからピアノへ」(再放映)
番組名:NHK・ハイビジョン クラシック倶楽部
放送日: 2006年4月24日(月)8:15〜9:10
2006年4月25日(火)1:00〜1:55

※放送日や内容については、予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

2006/03/01
放映・放送日のお知らせ

下記公演の放映・放送日が決まりましたので、お知らせいたします。

■2005年1月22日(土)
「ルノー・カプソン ヴァイオリン リサイタル」(再放映)
番組名:NHK・ハイビジョン クラシック倶楽部
放送日: 2006年3月14日(火)8:00〜8:55
2006年3月15日(水)1:05〜2:00

■2005年4月25日(月)
「ヴィヴィアン・ハグナー ヴァイオリン リサイタル」(再放送)
番組名:NHK-FM・ベストオブクラシック
放送日:2006年4月5日(水)19:20〜21:00

※放映・放送日や内容については、予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

2006/02/16
ベルリン・バロック・ゾリステンとアルブレヒト・マイヤーが参加のCDが、グラミー賞受賞!

公演が間近に迫ったベルリン・バロック・ゾリステンとオーボエのアルブレヒト・マイヤー。

彼らが参加した、ドイツ・グラモフォンから発売のCD「J.S.バッハ:カンタータ 第56・158・82番」(バリトン:トーマス・クヴァストホフ)が、第48回目グラミー賞発表会において受賞となりましたので、お知らせいたします。

公演詳細 >>>

ベルリン・バロック・ゾリステン プロフィール >>>

アルブレヒト・マイヤー(オーボエ) プロフィール >>>

2006/02/16
放映のお知らせ

下記公演の放映が決まりましたのでお知らせいたします。

■2005年2月14日(月)
「クリスチャン・リンドバーグ ─超絶のトロンボーン」(再放映)
番組名:NHK・ハイビジョン クラシック倶楽部
放送日: 2006年2月27日(月)8:05〜9:00
2006年2月28日(火)1:00〜1:55
曲目:
L.モーツァルト:アルト・トロンボーンのための協奏曲
C.リンドバーグ:
 無伴奏トロンボーンのためのジョー・ジャック・ビングルバンディット(2003)
チャイコフスキー(編曲:C.リンドバーグ):オペラ「スペードの女王」より
ドビュッシー(編曲:A.リンドバーグ):「子供の領分」より
 小さな羊飼い/グラドゥス・アド・パルナッスム博士/ゴリウォッグのケークウォーク
ラフマニノフ:「チェロ・ソナタ」より アダージョ
リムスキー=コルサコフ(編曲:C.リンドバーグ):熊蜂の飛行

※放送日や内容については、予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

2006/01/10
〈世界はいま―ヴァイオリン最前線〉追加公演決定のお知らせ

このたび、〈世界はいま―ヴァイオリン最前線 4〉の代替公演として、
「ニコラ・ヴェネデッティ ─日本デビュー単独公演」が決定しましたので、お知らせいたします。

イギリスが世界に送りだした才能溢れる18歳、ニコラ・ヴェネデッティ。
2005年秋には、ダニエル・ハーディング指揮ロンドン交響楽団をバックに、ドイツ・グラモフォンからCDデビュー。日本でも大きな話題をよびました。

国内外の、嘱望される若手アーティストに光をあててきたトッパンホールが、また一人、実力派ヴァイオリニストをご紹介いたします。
ニコラ・ヴェネデッティ ─日本デビュー単独公演、どうぞご期待ください。


*本公演は、シリーズ〈世界はいま―ヴァイオリン最前線 4〉の代替公演のため、一般券の販売数が大変に限られています。お早めにお求めくださいますよう、お願いいたします。

お問い合わせは、トッパンホールチケットセンター(TEL.03-5840-2222)まで。


〈世界はいま―ヴァイオリン最前線〉ニコラ・ベネデッティ公演詳細 >>>

ニコラ・ベネデッティ プロフィール >>>