トップページ > ニュース > 2007/2008シーズン
ニュース
2007/2008シーズン
2008/06/20
ティル・フェルナー ベートーヴェン ピアノ・ソナタ 全曲演奏会の全貌が明らかに!!

2007年6月、トッパンホールのシリーズ〈ピアノの鬼才〉で待望の日本初リサイタルを行ったティル・フェルナーが、いよいよ日本と世界を結び、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ全曲演奏会という一大プロジェクトを展開していきます。本公演に先駆け、WEBにてその演奏会の全プログラムを発表いたします。ティル・フェルナーからの特別メッセージも掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

ベートーヴェン ピアノ・ソナタ 全曲演奏会 >>>

ティル・フェルナー特別メッセージ >>>

2008/06/16
トルルス・モルク公演中止のお知らせ

6月25日(木)に予定しておりましたトルルス・モルク公演は、本人急病のため、来日自体が取り止めとなりました。したがって、公演を中止とさせていただきます。誠に残念ですが、何卒ご理解ご了承賜りますようお願い申し上げます。

お手持ちのチケットは払い戻しとさせていただきます。本公演のチケットをご購入の皆さまには、チケット料金払い戻し手続き方法について、後日封書にてご連絡を差し上げます。なお、払い戻し期間は、2008年7月31日(木)までとさせていただきます。皆さまには、ご迷惑をおかけすることを深くお詫び申し上げます。

ご不明の点は、トッパンホールチケットセンター(TEL:03-5840-2222)までお問い合わせください。

2008/06/13
更新のお知らせ

音楽文化学を更新いたしました。ぜひご一読ください。

Vol.2ウィーンの街並みのさざめきを音にしたシューベルト >>>

2008/06/12
「ティル・フェルナー ベートーヴェン ピアノ・ソナタ全曲演奏会」開催のお知らせ

トッパンホールでは、梶本音楽事務所との共同主催により、2008年12月から2010年10月にわたる「ティル・フェルナー ベートーヴェン ピアノ・ソナタ全曲演奏会」(全7回)を開催します。
ウィーン、ロンドン、パリ、ニューヨークでも開催される世界的なチクルスとなる今回のプロジェクトは、毎回のプログラムの中に、ベートーヴェンのソナタが持つ様式や性格の多様性を最大限に感じていただけるよう、フェルナー自身の手によって緻密なプログラミングがなされ、単独での公演としてはもちろん、全7回を通して聴くことでベートーヴェンの音楽をより深く楽しめる構成になっています。
シリーズ〈ピアノの鬼才〉での名演も記憶に新しいウィーンの若き巨匠が、全力を傾注して挑む渾身のプロジェクトにご期待ください!

※プロジェクトの全容は、チラシならびにオフィシャルWEBサイトにて随時ご案内してまいります。

■全日程(全公演17:00開演)
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ集 第I期
 2008年12/23(火・祝)[第16番、第17番《テンペスト》、第18番、第28番]
 2009年2/14(土)[第1番、第2番、第3番、第23番《熱情》]
 2009年5/16(土)[第5番、第6番、第7番、第29番《ハンマークラヴィーア》]

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ集 第II期
 2009年10/10(土)[第25番、第24番、第15番《田園》、第27番、第4番]
 2009年12/19(土)[第12番、第13番、第14番《月光》、第22番、第21番]
 2010年4/24(土)[第9番、第10番、第8番《悲愴》、第11番、第26番《告別》]
 2010年10/24(日)[第30番、第31番、第32番]

■全公演セット券(全7回)
 全席指定 40,000円/トッパンホールクラブゴールド会員 39,200円
 発売日:6/27(金)/会員 6/21(土)

■第I期セット券(全3回)
 全席指定 18,000円/トッパンホールクラブゴールド会員 17,850円
 発売日:7/25(金)/会員 7/19(土)

■2008年12/23公演単券
 全席指定 7,000円/学生 3,500円/トッパンホールクラブゴールド会員 6,300円
 発売日:9/12(金)/会員 9/6(土)

※チケットは、梶本音楽事務所が運営するカジモト・イープラスでもお申し込みいただけます。
 詳細は、カジモト・イープラス tel:0570-06-9960、もしくはWEBサイト(http://kajimotoeplus.com/)をご確認ください。

2008/06/03
ダニエル・ホープ最新映像!!

日本初リサイタルが間近に迫ったダニエル・ホープから、最新映像が届きました。
「ダニエル・ホープってどんなヴァイオリニスト?」と気になっていたみなさま、要チェックです!

※お手元のPC環境によっては、適切に再生されない場合がございます。ご了承ください。

最新映像はこちらから >>>