トップページ > ニュース > 2011/2012シーズン
ニュース
2011/2012シーズン
2012/05/08
ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」
アーティスティック・ディレクター、ルネ・マルタン氏からコメントが届きました!

5/11(金)「〈アジアの感性3〉シュ・シャオメイ」公演によせて、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」のアーティスティック・ディレクター、ルネ・マルタン氏から熱いコメントが届きました。

――――――――――Message――――――――――

シュ・シャオメイは今日を代表するJ.S.バッハの名手です。聴く者の心を揺さぶるその演奏は、希有な精神的次元に到達していると言えるでしょう。シャオメイは、まるでJ.S.バッハに取り憑かれているかのように、この偉大な作曲家の音楽世界に全身全霊を捧げています。私は彼女のゴルトベルク変奏曲を聴く度に、唯一無二の時を体験するのです。
この素晴らしいピアニストの演奏に、ぜひ耳を傾けてみてください!!

ルネ・マルタン――2012年5月7日 東京にて

公演詳細 >>>

2012/04/27
5/1臨時休業のお知らせ

5/1(火)は、勝手ながら臨時休業とさせていただきます。チケットセンター及び、クラブ事務局も休業となりますので、ご注意ください。なお、ホームページからのチケットお申し込みは、通常通りご利用いただけます。ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。

2012/04/19
シュ・シャオメイの動画インタビュー公開!

5/11(金)に公演を控えたシュ・シャオメイの動画インタビューをお届けします。

詳細はこちら >>>

2012/04/09
2012/2013シーズン主催公演ラインナップ発表!

皆さま、お待たせいたしました。
秋にスタートする、2012/2013シーズン主催公演ラインナップをお知らせいたします。

来たる新シーズンは“弦のトッパン”を心ゆくまで楽しんでいただきたいと、聴きごたえ満点、自信の弦のプロジェクトを2本ご用意しました。

トッパンホールと縁深いハーゲン・クァルテットとは、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲全曲演奏会を実現。前編として2012/2013シーズンに3公演、後編は2013/2014シーズンの開幕コンサートとして3公演開催予定です。
そしてもう一つは、“秋、怒濤の弦”と題した5公演のシリーズ。シーズンのオープニング公演ともなる巨匠レジス・パスキエのリサイタルでスタートしたあと、おなじみのカルミニョーラ、異端児コパチンスカヤ、欧米では最前線にいながら日本では知られざる実力者のカヴァコス、2008年以来の再登場となるモーザーと続きます。

さらに、昨年スタートした〈ル・プロジェ エマール〉も2年連続で実現。今回もトッパンホール公演のみで、ピエール=ロラン・エマールと知の冒険へみなさまをご案内します。

トッパンホールらしさにこだわり充実を期したラインナップと、408席の親密な空間で、新シーズンも室内楽の醍醐味をお届けしてまいります。
皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

※各公演の詳細は順次ご案内してまいります。

2012/2013シーズンラインナップ >>>

ハーゲン・クァルテット ベートーベン弦楽四重奏曲全曲演奏会 >>>

〈ル・プロジェ エマール 2012〉 >>>

“秋、怒濤の弦” >>>

2012/04/07
トッパンホール公式Twitterはじめました!

新年度を迎え、トッパンホールも遂にTwitterデビューをしました。
主催公演の情報を中心につぶやいていきますので、みなさま、どうぞよろしくお願いします!

トッパンホール公式Twitter >>>