トップページ > ニュース > 2015/2016シーズン
ニュース
2015/2016シーズン
2016/04/28
「ジャン=クロード・ペヌティエ」公演延期のお知らせ

5月7日(土)に公演を予定しておりましたジャン=クロード・ペヌティエは、本人急病により来日が取りやめとなりましたため、公演をいったん中止とさせていただきます。公演を心待ちにされていた皆さまには大変申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

なお、ペヌティエ自身もトッパンホールでの、このプログラムの公演を楽しみにしており、現在、振替公演に向けて、本年7月以降で日程を調整しております。後日、改めてご案内予定ですので、お手持ちのチケットは、大切に保管していただきますようお願い申し上げます。

お客さまには、多大なご迷惑をおかけしますことを、重ねてお詫び申し上げます。

2016/04/27
主催公演チケット発売日のお知らせ

4月発売の主催公演情報をお知らせいたします。詳しくは下記よりご覧ください。

●一般:4月27日(水)/会員:4月23日(土)

10/7(金) フェルッチョ・フルラネット(バス) >>>

2016/04/15
2016/2017シーズン主催公演ラインナップ発表

皆さま、お待たせしました。
秋にスタートする、2016/2017シーズンラインナップをお知らせいたします。

節目のあとの新たな一歩となる17年目のシーズンも、室内楽の豊かさと可能性を追究する、質の高さにとことんこだわりぬいたラインナップをご用意しました。

新シーズンは“弦のトッパン”渾身の注目の面々が続々と登場。トッパンホールで日本初リサイタルを開いたユリア・フィッシャー(ヴァイオリン)が久々に帰ってくるほか、古楽シーンの最前線を颯爽と疾駆するフライブルク・バロック・オーケストは初登場。独自の色香を放つ硬派のチェリスト、ヨハネス・モーザー。変幻自在にヴィオラを操るアントワン・タメスティ。孤高のヴァイオリニスト、トーマス・ツェートマイヤーは、2011年やむなく中止となったJ.S.バッハ《無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ&パルティータ》全曲への再戦。ジュリアーノ・カルミニョーラはコンチェルト・ケルンを伴いイタリア・バロックにまた新たな風を吹き込みます。
クァルテットも充実。主催公演初登場のフォーレ四重奏団、メンバーも新たにパヴェル・ハース・クァルテットが2009年以来の再登場、ハーゲン・クァルテットは3夜連続でシューベルト&ショスタコーヴィチをお届けします。

さらには、13年ぶり再登場のロナルド・ブラウティハム(フォルテピアノ)、ロジェ・ムラロはオール・リスト・プログラムで、いまや人気シリーズのひとつとなった〈歌曲の森〉には、フェルッチョ・フルラネット(バス)とナタリー・シュトゥッツマン(コントラルト)が登場し、おとなの貫禄と余裕で魅せます。

活きのいい若手からは、日下紗矢子(ヴァイオリン)と河村尚子(ピアノ)が、クレメンス・ハーゲン(チェロ)と〈ニューイヤーコンサート 2017〉でデュオとトリオを。日下は自身の名を冠したシリーズ〈日下紗矢子 ヴァイオリンの地平〉も第3回を迎えます。〈エスポワール シリーズ〉は山根一仁(ヴァイオリン)がついに最終回に臨み、12代目として新たにシリーズをスタートさせるのは、若手ながらも抜群の存在感を示す上野通明(チェロ)。その海外版〈エスポワール スペシャル〉にはベアトリーチェ・ラナ(ピアノ)が登場します。

2016/2017シーズンもトッパンホール主催公演に、どうぞご期待ください。


※各公演の詳細は順次ご案内してまいります。

2016/2017シーズン主催公演ラインナップ >>>

〈歌曲の森〉シリーズ >>>

〈エスポワール シリーズ〉 >>>

ジュリアーノ・カルミニョーラ >>>

2016/03/16
「第47回(2015年度)サントリー音楽賞」受賞!

公益財団法人サントリー芸術財団から、日本の洋楽の発展にもっとも顕著な業績をあげた個人または団体に贈られる「サントリー音楽賞」。栄誉あるこの賞を、この度、コンサートホールとして初めてトッパンホールが受賞いたしました。

開館以来、ひとつひとつのコンサートを丁寧に積み重ね、多くのお客さま、アーティストからの高い信頼の賜物と感謝申し上げます。

トッパンホールの今後の活動にも、どうぞご期待ください。

「サントリー音楽賞」詳細 >>>

2016/02/29
「ジャン=ギアン・ケラス(チェロ)」ブーレーズ《メサージェスキス》共演者決定!

ブーレーズ:メサージェスキス(7本のチェロのための)で、ケラスと共演する6人のチェリストが下記の通り決定いたしました。

伊東 裕(東京芸術大学大学院)
上野通明(デュッセルドルフ音楽大学/桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコース特待生)
岡本侑也(ミュンヘン音楽大学)
門脇大樹(神奈川フィルハーモニー管弦楽団首席)
長谷部一郎(東京都交響楽団)
堀 沙也香(フリー)

公演詳細 >>>