トップページ > アーカイヴ > インタビュー > Vol1. 趙静 インタビュー (1/2)

アーティストボイス

趙静

趙静 ロングインタビュー

 Zhao Jing
 聞き手=西巻正史(トッパンホール 企画制作部長)
 写真=久保麻理子
〈エスポワール〉第二弾アーティストとして登場する、趙静。中国に生まれ、堀了介に見出されて日本に学び、現在はベルリンを拠点にヨーロッパで活躍しながらさらなる研鑚を積んでいます。小澤征爾やクラウディオ・アバドをも魅了する大器は、トッパンホールにどんな音楽を響かせてくれるのか――。夏の音楽祭シーズンを前に日本に戻った彼女にお話を伺いました。
1/2page
―― 久しぶりですね。元気そうで嬉しいです。日本は暑いでしょ?

そうですね、すっごく暑い!

―― 今日はトッパンホールでの3回のシリーズを中心に趙静さんご自身についてお話いただきたいと思います。では最初に…チェロと一緒に生きていこう、と思ったのはいつ頃でしたか?

5歳でチェロを始めてから、いろんなタイミングがあったんですけど、一番最初は6歳のとき。ラジオから流れるヨー・ヨー・マのチェロを聴いて、世の中にこんなに美しい音があるのかってすっごく感動したんです。その時が、人生、チェロと一緒に生きていきたいって思った最初です。でも私、子供の頃は練習しなくて、厳しかった父によく叱られてたんです。それを母が見かねて、ある日先生にチェロを返しちゃったんですね。練習しないからって子供が父親に叩かれたりするのはたまらないって。でも私はチェロと離れるのがイヤでわーわー泣いたらしくて。それで母は仕方なく、またチェロを持って家に戻ったみたい。中学生になると先生の言うこともよく聞いてちゃんと練習するようになったんですけど、その頃の中国はものすごく厳しくて、才能があっても外国には出られない時代でした。そういう環境のなかでは、人生をチェロと一緒に生きていくのは無理だろうなってあきらめかけていました。そんなとき14歳で堀先生と出会って、日本へ渡るのにすごく手を尽くしてくださったんです。1年後に日本に来たんですけど、私は本当にチェロが好きだし、毎日練習してもムダになることもない、ずっと続けていきたいって、チェロと音楽に対する気持ちが復活しました。

―― 堀先生と出会ったのは、壁にぶつかっていたというか、曲がり角のときだったんですね。

堀先生が中国に来なかったら、子供にチェロを教えたりホテルなどでちょっと演奏するくらいで一生終わってたかも知れませんね。

―― 先日堀先生にお話を伺う機会があったんですけど、そのマスタークラスの時にともかくあなたが強い印象を与えたんですって。自分の出番の直前もそして自分が終わった後も最初から最後まで、他の生徒のレッスンを目を輝かせて聞き続けていた。あんな子他にいないよって話してくださいました。覚えてますか?

何となく(笑)。でもいつでも、自分がレッスンを受けるだけじゃなくって他の人のを聞くことにものすごく興味を持ってるんです。生徒ひとりひとり、みんな違うじゃないですか。その人たちをどうやって教えるのかって、必ず勉強になりますよね。

―― その頃から熱心だったんですね。

あはは。素晴らしい?私?!(爆笑)ただ、すごく興味があっただけなんですけどね。

―― 本当にチェロと音楽が好きなんですね。さて、それで堀先生が苦労して日本に呼んだわけですが。来て見て、日本の印象はどうでした?

最初は堀先生のお宅で生活してました。中国では中華しか食べなかったので(笑)、ナイフとフォークの使い方を覚えたり。学校は、中国と全然違いました。北京の音楽学校ってすごくルーズだったから。学校に入ったら努力しなくなる子が多いんです。入ったら卒業出来るからって。

―― 日本の大学もそう言われることが多いけど(笑)。

東京音大が違うのかなぁ。私の周りの人は頑張ってましたよ。いい友人ばかりだったし。とっても優しい雰囲気のなかで勉強できました。皆んな親切で、来たばかりで何もわからない私にわかるまで根気よく説明してくれたし。言葉もそれで助かりました。




―― ところで、以前お話したとき人生には出会いが大切とおっしゃっていましたが、これまでの人生で一番大きな出会いって、何ですか?

人との出会いでいいですか?…う〜ん。すべての出会いが大事だったかも知れない。堀先生がいなかったら日本に来られなかったし、小澤征爾さん。小澤さんに会わなかったら私、ここまで音楽に感動しなかったかも知れないし。ドイツの先生に出会わなかったらドイツに行かなかったし、ブルネロに出会わなかったらチェロで音楽をつくる力は思うように身につかなかったかも知れないし。今はゲリンガスと出会って……。

―― すごい恵まれてるよね。

自分でもそう思う!頑張らなきゃもったいない!って思っちゃいます、本当に。

―― それぞれの先生、それぞれの人からどんなインパクトを受けました?

どの人にも共通しているのは、人格者だっていうこと。どうしてっていうくらい心からのいい方たちなんですよ。最初に皆んなの音楽を聴いてすごく感動させられたのも、音楽に人柄が出ていたからだと思います。

―― そういえば4人の先生みなさん声のトーンからしてとても優しいですよね。それがそのまま音楽のなかに出ているし、人柄と音楽が高度なところで一致している方たちだと思います。趙静さんは本能的にそういうところに惹かれていっているんだなぁ、と思いますけれど、どうですか?あなたの音楽も人柄がストレートに出ているけれどね。

そう言えば、音楽だけ素晴らしくて人間的に合わない人には出会ってきませんでしたね。どうしてでしょうね。

―― 本能的に見抜く力があるんでしょうね。

私が音楽を聴いていいなぁ、と思う人は人柄もいい人。小澤さんもそう。小澤さんに会って「おお趙静!何やってんの」って両手を広げて言われただけで、涙が出てくるんですよね。