トッパンホールスタッフが最新情報をお届けします!

TOPPAN HALL Official Blog

TOPPAN HALL

梅雨の晴れ間に

2008年6月 6日 金曜日 ボンジュール小石川 | | コンサート情報

こんにちは。ボンジュール小石川です。

東京は久しぶりにスカっと晴れました。

 

どうやら週末はこのまま晴れそうな気配、

洗濯するのに絶好の機会、

おかげでホールも千客万来。

 

おもわず韻を踏んでみましたが、いかがでしたでしょうか?

 

さて、気を取り直して。

 

本日(6/6)は、エスポワール スペシャル第7弾、ポール・ルイスが登場します。

エスポワール スペシャルは、海外の若手注目株をご紹介する人気企画。

これまで、ルノー・カプソンやソル・ガベッタ、ユリア・フィッシャーなど、いまが旬の若手をいちはやく
とりあげ、好評を得てきました。

3月に登場したマーティン・ヘルムヘンは、いかにもエスポワールらしいはつらつとした演奏と、天使
のようにさわやかな笑顔で、多くのお客さまを幸せな気分へと導いてくれました。

 

そういえば、さわやかな天使は舞台裏でもひと味違いました。

 

なんと、大事な舞台用の「靴」を、ホテルに忘れてしまったのです!

開演間近に判明し、スタッフ一同を(これ以上なく)ヤキモキさせてくれましたが、マネージャーさん
の大活躍で無事解決。

舞台上では何事もなかったかのように振舞い(実際ナニゴトでもないと思っていたのかも・・・)、演奏
の素晴らしさとともに、未来の大物の片鱗を垣間見せてくれたのでした。

 

そして、忘れ物大王の異名を持つボンジュールは、強烈な親近感を抱いたのでした。

 

財布を会社に忘れる、ケータイを家に、電車に、会社に、タクシーに、劇場に忘れるのは日常茶飯事
、海外旅行にパスポートを忘れたり、免許の書き換えに免許を忘れたり、忘れ物の思い出は枚挙に
暇がありません。

 

マーティン=靴を忘れた天使、は、ボンジュールの中では永遠のスターとして、心のアルバムに飾
られているのです。

 

そんなヘルムヘンがフレッシュな新星だとすると、本日登場するルイスは、いぶし銀のニュースタ
ー。

日本初リサイタルながら、ピアノに対する真摯な姿勢で妥協の無い舞台を目指すその背中は、まる
で熟練の職人のよう。

リゲティの《ムジカ・リチェルカータ》をモーツァルトの2曲でサンドした意表を突く選曲は、熟考に熟考
を重ねたこだわりのプログラム。

メインにすえたシューベルトでは、師匠ブレンデルから受け継いだ緻密な楽曲解釈と優れたテクニッ
クを、あますところなく披露してくれるでしょう。

 

梅雨の晴れ間、さわやかな金曜の夜に、イギリスの新星が聴かせる美しいピアノ。


みなさまのお越しを、お待ちしています。

 

>>公演情報はこちら

>>当日券のお問い合わせ トッパンホールチケットセンター 03-5840-2222

Copyright 2002-2016 TOPPAN HALL. All Rights Reserved.