トッパンホールスタッフが最新情報をお届けします!

TOPPAN HALL Official Blog

TOPPAN HALL

2008年9月アーカイブ

頭脳が燃える

2008年9月30日 火曜日 ボンジュール小石川 | | コンサート情報

いよいよ、明日10月1日のハーゲン・クァルテット公演から、トッパンホールの2008/2009シーズン主催公演がスタートします。

 

 トッパンホールでしか聴けない力の入った必聴のラインナップをずらりと揃え、みなさまのお越しをお待ちしております。

 

さて、新シーズンの目玉企画ともいえるのが、トッパンホールが満を持して挑む、名テノール3人を揃えた充実のシリーズ〈歌曲の森〉。

 

シリーズセット券が早々と完売になるなど、みなさまからも熱い期待をお寄せいただいています。

 

この、「セット券が早々に完売」というのは、実はホール側にとっても大きな驚きで、喜びながらもかすかにその好調な売れ行きに首をかしげていたのですが、9月27日(土)、トッパンホールに隣接する印刷博物館で開催された、〈歌曲の森〉のプレイベント、「《冬の旅》を読み解く」で、なぜかくも人気があるのか、の答えが、垣間見えたような気がしました。

 

プレイベント.jpg

 

それは、このプレイベントのキーパーソンであり、《冬の旅》を巡る優れた著作を発表されたばかりの梅津時比古さんが何度も繰り返された、「読み直し」というしかけ。

 

この、「読み直し」というプロセスを経て、ともすれば表現が画一化し、陳腐化を免れない「名曲」が、聴き手にとってとても身近な、同時代的で等身大の表現として蘇り、「最先端」の芸術表現にもなりうる、と。

 

なればこそ、「いま、ここで聴くリート」に新しい匂い、刺激的な香りを嗅ぎつけた多くのお客様を、ひきつけたのではないかと。

 

そのように思い、そして、その思いを裏切ることのない、素晴らしい公演にしなければ、と決意と期待を新たにいたしました。

 

詩と音楽が融合した「リート」の世界は、それこそ読み直しの宝庫。

 

梅津さんはじめ、論客たちの刺激的なやりとりを聞きながら、音楽と詩の世界を「自分なりに」(「妄想」すらも含めて)解釈して、オリジナルに楽しむことができれば、音楽を聴く楽しみも何倍にもなるんだろうな、とワクワクしつつ、ノーブルな美声と神秘的なたたずまいで、間違いなく会場の空気を一瞬にして変えてくれるであろう10月9日のパドモア公演に思いをはせ、早く「最先端の《冬の歌》」を聴きたいと身悶えるボンジュールでありました。 

トッパンホールライヴシリーズ、新譜2タイトルが間もなく発売!

2008年9月25日 木曜日 ボンジュール小石川 | |

お待たせいたしました!

 

2006年にベートーヴェンとモーツァルトを収めた2タイトルを同時に発売し、大好評を博した"トッパンホールライヴシリーズ"から、ついに待望の第3弾ベートーヴェン、第4弾モーツァルト&ブラームスが発売されます!

 

10月2日の一般発売を前に、ホールにサンプルが届きました。

 

さっそく聴いてみます。

 

うふぅん(←第4弾、四戸世紀さんのクラリネットの音色に身悶える様子を擬音化してみました)

 

トッパンホール アンサンブルでの一期一会の珠玉の演奏が、お部屋で、会社で(?)、車の中で、いつでも、何度でも楽しむことができるのでありますヨ、みなさん。

 

特設ページが間もなくトッパンホールホームページに登場しますが、まずは写真でお目にかけましょう。

 

エイ!

アンサンブルCD.jpg 

早く、みなさまにお手にとっていただき、至福のひとときを楽しんでいただけますよう・・・。

 

小さいけれど強い味方。

2008年9月22日 月曜日 Ku-kan丸 | | ホールよもやま話

こんにちはKu-kan丸です。

 

雨の日が続いていますが、皆様はどうお過ごしでしょうか。

 

Ku-kan丸は現在、夏の疲れ&苦手な雨模様と戦いながら、連日、音コンにいらっしゃるお客様をお迎えするなど、業務にまい進しています。

数日前、この体力的に辛い状況に立ち向かうため、"ミニトマト"を持って出勤してみました。

 

―午後三時、いつもならお菓子に手が伸びる時間帯、赤いフレッシュな実を頬張りました。

 

―午後六時、一日の疲労で満たされた脳を無理やり動かしている時間帯...のはずが、

その日の脳はいつになく爽快で、疲れを感じることなく終盤を迎えることができました!

 

これは驚きです☆

 

あるTV番組で、「韓国の人は登山に行く際、休憩時の栄養補給にミニトマトを持っていく人が多い」と紹介されていました。すばやく体力を回復させてくれるそうです。(山登り好きのKu-kan丸にとっては気になる情報でした。)

冷え性改善や、脂肪を消化させる酵素が含まれているそうです。また風邪の時にも良いそうです。

 

雨が続き、疲れが出やすいこの季節、三時のおやつに心とお腹を満たす甘いお菓子も良いですが、

たまには、健康・美容にも良いフレッシュなミニトマトをぜひ、かじってみてください。

 

Ku-kan丸も、ミニトマト片手にがんばります☆

 

音コン真っ最中!

2008年9月16日 火曜日 うさうさ | |

うさうさです。

 

秋の気配漂う今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

うさうさは、といいますと、連日、美しくも熱い戦いが繰り広げられる会場で、夏の終わりを過ごしています。そう、トッパンホールは、日本音楽コンクール予選会の真っ最中。8月末からスタートした予選会も、ホルン部門・声楽部門・チェロ部門を終え、後半戦に突入しました。

 

このコンクールは公開審査なので、チケット1を購入すれば、誰でも聞くことができます。毎年聞きに来られる常連さんもいて、中には5回券※2を2枚購入される音コンファンも。「音楽の甲子園みたい」と表現される方もいらっしゃいます。

 

残すところピアノ部門の第2、第3予選とヴァイオリン部門のみとなりました。皆さんも、未来の演奏家たちが羽ばたく瞬間を見届けに来ませんか?

 

 

  1・・・全自由席1,500円。トッパンホールチケットセンターで販売しています。電話やホームページからの申し込みや、予選開催日は会場でも販売しています。

  2・・・4回分の料金で5回聞くことができる、お得なチケット。昨年から導入。

 

ホール内.jpg 

会場はこんな感じ。

 

 

ポスター.jpg

今年のキャッチフレーズは「波に乗れ」

 

当日券売場.jpg

チケットはこちらへ。開場してしばらく経つと、ホワイエの中に移動します。

 

 

バス.jpg

 

参加者、ご来場者向けにシャトルバスを運行。飯田橋駅東口を出て大久保通り方面へ、エクセルシオールカフェ前(道路状況により少し前に停まっていることがあります)から毎時00分と30分に発車しています。ちなみにホールからは15分と45分の発車。同じ場所から、社員用バスも運行しているので乗車の際はご注意くださいね。

 

お散歩日記 Part2

2008年9月12日 金曜日 MAGI Casper | | ホールよもやま話

小石川後楽園散策の後編です。

 

稲穂.jpg

 ←稲田

刈り入れ間近の稲穂たち。

地元・文京区の小学生が田植えと稲刈りを行なっているそう。今年は9月25日(木)に稲刈りがあり、一般来園者の方も見学できるようです。

都会のど真ん中に水田があったとは驚きです!その味はどうなんでしょうか?

 

 

  愛宕坂.jpg

 

 

 

愛宕坂

47段あるこの階段、実はものすごく急なんです。

しかも階段の幅が狭い!

昔の人は実際に使っていたのでしょうか?

上れても降りるのは恐いでしょうね。。。

今は使えないようになっています。

危険ですもんっ!!

 

 

 

 

景観1.jpg

 

 

 

   

まるで水墨画のような景色です。

とても都心とは思えません。

 

  

 

 

通天橋.jpg

 

 

 

 

  

通天橋

実際に渡ることができます。

この赤い橋を渡っていくと・・・

 

 

得仁堂.jpg

 

 

 

 

 

得仁堂

こちらに出ます。

周りを木々に囲まれとても静か。

 

 

 

沢渡り.jpg

 

 

 

 

沢渡り

こちらも実際に渡ることができます。

ちょっと子供に戻った気分で楽しいです。

が、くれぐれも足元を踏み外さないように、

お気をつけください。

 

 

 

 

景観2.jpg

 

気づいたら小一時間も過ごしており、危うく仕事を忘れるところでした。。。

今回は夏の小石川後楽園を訪れましたが、お花見や紅葉の季節もステキだろうな、と思いました。

機会があれば、その様子もまた、ブログにてお届けしたいと思います!

皆さんもぜひ、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

その際は、急な石段とかがあるので歩きやすい靴がオススメです。

 

 

蚊にとても刺されやすい性質のMAGIは、この散策中に5ヶ所も刺されてしまいました・・・

一度、蚊に問うてみたい。そんなにおいしいですか?

ちなみにMAGIはO型です。。。

秋の日の冒険

2008年9月 9日 火曜日 ボンジュール小石川 | |

初秋の信州・松本まで、サイトウ・キネン・フェスティバルの視察に行ってまいりました!

 

Image040.jpg 

 

マエストロ小澤によるBプログラムの中日、ウキウキと心弾むモーツァルト、色彩豊かに会場に響く武満、そして、圧倒的な迫力のマーラーと、錚々たる顔ぶれが揃うオケによる気迫みなぎる演奏を、力いっぱい堪能しました。

 

終演後、満員のお客様は大興奮、鳴り止まぬ拍手に、オケのメンバーもはにかんでみたり、満面の笑みだったり、ハイタッチで称えあったり、舞台上も充実しまくっていたことが伺えました。

 

今日が最終日、間もなく最後の公演が始まりますが、会場はそろそろ熱気と興奮に包まれ、音楽を聴く喜びを心待ちにしたお客さまで、にぎわいをみせていることでしょう。

 

そんな、開演までそろそろ30分を切ろうかというこの時間。

 

わたくしボンジュールは、松本の街をよろぼい歩いていたのでした。

 

何を隠そうこのワタクシ、根っからの徒歩マニアでありまして、東京で申しますならば、恵比寿から池袋くらいでしたら割と平気で歩いてしまう面倒なタイプ。隙を見てはテクテク歩き出してしまうので、われながら一瞬たりとも気が抜けません(自分に)

 

しかし、昨日はちょっぴり浮かれモードでした。

久しぶりの快晴に心が浮き立ち、ホールで働くようになってから初めての泊りがけの出張にも心が高鳴り、なんだか何でもできる気分になっていたのでしょう。
 
 

松本駅にて特急あずさを降り立つと、迷うことなく、会場の松本文化会館へと歩き出したのです。
 
 

愚かです。
 
 

会館のホームページでは、駅からはバスで約20分とありました。

バスは、頻繁にバス停に停まるし、渋滞を想定して時間に余裕を持たせたダイヤを組んでいるに相違なく、車で20分というと相当な距離かなーと思うものの、バスならばそれほどでも無いかな、と思っていたらしいのです。
 
 

愚かです。
 
 

ひと足先に出発していたFriskyさんとの待ち合わせが、会館の入り口で18時45分、17時50分くらいに松本駅を出立したワタクシが、フラフラと会館についたのは、まさしく18時45分チョッキリ。

 

急ぎ足で闊歩したゆえに滝のような汗をかいているにも関わらず、日没後にはどんどん冷えを増す外気に体は冷却されるし、街の中心から離れるにつれて少しずつ街灯がその数を減らしていくし、なんとか到達したときには、寒さと不安で心なしかプルプルと震えておりました。
 
 

みなさまも、どうかお気をつけください。
 
 

というか、そもそも歩いたりはなさいませんね。

 

賢明なご判断です。

 

ちなみに、昼間歩く分には、歩いて歩けない距離ではなく、虫のささやく声が涼やかな、とても気持ちのよい道のり。慣れてしまえば、お散歩気分を堪能できるはず。

 

ただ、初めての街、初めての道、人を待たせてる状況では、やっぱりいけませんね。
 
 

反省。
 
 

p.s. 反省気分は長く続かず、翌朝(今朝)は、うっかり松本城見物にでかけてしまい、乗るはずだったあずさに乗りはぐってしまいました。どうなんだ>自分。

Image041.jpg 

 

 

お散歩日記 Part1

2008年9月 4日 木曜日 MAGI Casper | | ホールよもやま話

入口.jpg

先日、文京シビックへ立ち寄った帰りに、ちょっと寄り道をして小石川後楽園を散策してきました。都心だということを忘れてしまいそうな、木、木、木!!まさに「都会のオアシス」でした。

 

 

お散歩スタート。

入園料は一般300円とリーズナブル。

 

 

大泉水.jpg

鯉.jpg

 

大泉水にて、鯉がお出迎え。

餌をあげると、一斉に群がります。

遠方から駆けつける鯉もいました。

 

 

 

 

 

森.jpg

 

 

 

夏の日差しが容赦なく照りつける、

とても暑い日だったのですが、

木陰はとっても涼やか。

蝉時雨が響き渡ります。

 

 

 

 

 

 

 

九八屋.jpg

九八屋

 

円月橋.jpg

 

円月橋

橋の袂に柵があり、渡ることは出来ませんでした。残念。

 

 

 

 

 

亀.jpg

 

カメ発見!

 

 

白鷺.jpg

 

 

 

鳥もいました。

白鷺でしょうか・・・?

 

 

 

 

小鷹山.jpg

小廬山

 

今回はここまで。続きは次回のブログにてご紹介します。

 

名曲喫茶 in ASAGAYA

2008年9月 1日 月曜日 Frisky | | ホールよもやま話

週末になると、よく近所の喫茶店に立ち寄り、コーヒーを一杯飲むのですが、
先日は少し足をのばして、阿佐ヶ谷にある名曲喫茶「ヴィオロン」にでかけました。

 

名曲喫茶とは、その名のとおり「クラシック音楽を流す喫茶店」のこと。
1950年―60年代に流行ったそうで、素晴らしいアンプ&スピーカーでクラシックの名盤(LP)を流し、お客さんも会話ではなく音楽を楽しむために集ってきます。
今では数もぐんと減ったようですが、中央線沿線には、まだ健在のお店もあるんですね。

 

「ヴィオロン」は、JR阿佐ヶ谷駅北口から西にのびるスターロードのはずれにあります。
ほのかな照明と窓から射す光だけの店内には革張りの椅子が並び、奥にはホーン型のスピーカー(真空管アンプ)がでんと置かれています。
ポツン、ポツンと座っているお客さんの話し声はほとんど聞こえず、とても静かな空気の中でクラシック音楽だけが耳に届いてきます。
いつにもまして心がゆっくりと開放されるるようで、まさに大人の時間&空間が広がっていました。

 

店の中には、LPが山積みに・・・。
ちらっと見たものの、ほとんど聴いたことがないものばかり。今では廃盤になっているものも多いんでしょうね。
おまけに、コーヒー一杯が350円。巷の喫茶店のコーヒー価格に比べたら、なんて安いんでしょう!
それだけの値段で、耳にしたことのない名盤LPの演奏に出会えるなんて、クラシック・ファンにはたまらない場所です。
(Friskyの心は、静かに興奮してしまいました。)

 

店の出入り口で見つけたのですが、「LPレコード・コンサート」というイベントも定期的に開催されているそうです。
次回は、今月14日(日)。お題は「1970年代のクラウディオ・アバド」。
70年代のアバドの名演(ウィーン・フィルやドレスデン国立歌劇場管を指揮したLP)を一気にかけてくれるそうですよ。
おぉーーーー、行ってみたい!!! 

(そんなお店です。阿佐ヶ谷にお立ち寄りの際に、のぞいてみてはいかがでしょう♪)

Copyright 2002-2016 TOPPAN HALL. All Rights Reserved.