トッパンホールスタッフが最新情報をお届けします!

TOPPAN HALL Official Blog

TOPPAN HALL

11月はおとなの香り

2008年10月29日 水曜日 ボンジュール小石川 | | コンサート情報

たびたびゴメンくださいませ、ボンジュールです。

 

先週、そして今週と、チェロのクリストフ・コワン、ヴァイオリンの日下紗矢子、ふたりの名手を迎え、「弦のトッパン」らしい実り豊かなコンサートが続きました。

 

どちらも無伴奏のリサイタルでしたが、それだけに、チェロとヴァイオリンの繊細で奥深い音色をすみずみまで堪能できる、充実した演奏をお届けできたと自負しております。

 

10月は、ハーゲン・クァルテットにはじまり、パドモアの《冬の旅》、コワン、日下と、室内楽の王道をわき目もふらず歩くような、勢いと迫力のあるラインナップでしたが、11月は少し、緩急をつけた味わい深いプログラムが続きます。

 

まずは5日。イタリアの伊達男カルミニョーラ(ヴァイオリン)が、手兵のヴェニス・バロック・オーケストラを引き連れて、ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲を主軸に据えた、聴き応え満点のプログラムに挑みます。

 

年齢を重ねるごとに緻密さを増す圧倒的な技巧と、底知れぬ表現力を駆使して、少し肌寒い秋の夜長に、陽光きらめくヴェネツィアの景色を現出させてくれるはず。

 

オシャレでハンサムなのがまた素敵。

 

カルミニョーラ.jpg 

 

公演詳細はこちら>> [完売公演] 

 

 

7日と13日に登場するのが、鍵盤の魔術師、アンドレアス・シュタイアー。

 

知的刺激に満ち溢れたプログラムを、耳に心地よい軽やかなタッチで聴かせる、まさしく「魔術師」。

 

ワクワク、ドキドキ、シュタイアー流の楽曲解釈に酔いしれながら、音楽を聴く喜びを心の底から味わえる、贅沢なプログラムです。

 

ジェントルでお茶目なお人柄も人気。

 

シュタイアー.jpg

7日の公演詳細はこちら>>

13日の公演詳細はこちら>> 

 

続く19日に登場するのは、ハープの貴公子、グザヴィエ・ドゥ・メストレ様。

 

弦の名手4人[小森谷巧、渡部基一(ヴァイオリン)/柳瀬省太(ヴィオラ)/古川展生(チェロ)]を迎え、トッパンホールだけでしか聴けない「ハープの室内楽」をお届けする、こちらも贅沢なプログラム。

 

「優雅」「繊細」というハープの既成概念を覆す、力強く瑞々しい音色はメストレならでは。

 

ハープのレパートリー拡大にも力を注ぐメストレらしく、日頃なかなか耳にする機会のない名曲の数々を、一度にたっぷり味わえます。

 

ボンジュールを虜にしたお人柄、そして麗しのお顔。

 

今から、舞台に現れたメストレ様を見て客席を微かに揺さぶる、みなさまのタメ息が聴こえてきそうです。

 

メストレ.jpg

 

公演の詳細はこちら>> 残りわずかです、お急ぎください!

Copyright 2002-2016 TOPPAN HALL. All Rights Reserved.