トッパンホールスタッフが最新情報をお届けします!

TOPPAN HALL Official Blog

TOPPAN HALL

圧巻の体験!

2009年2月25日 水曜日 Ku-kan丸 | | ホールよもやま話

みなさまこんにちは。

 

Ku-kan丸は先日、東京オペラシティで行なわれた

東京フィルハーモニー交響楽団 2008-09 定期演奏会 ヴェルディ レクイエム

を聴きに行きました。

 

感想は、

『圧巻』の一言です。

 

今回指揮をしたチョン・ミョンフンは、指導の際「(スコップで)音符を掘り起こそう!」と

よく言うそうです。

 

この曲の中でも特に有名な、第2曲の「怒りの日」は

まさにこの言葉を彼がなぜ口にするかが分かるような

熱く、深く、ただし冷静で音楽の源から涌き出るかのような音が、ホール中に響き渡りました。

この言葉の真意は、その作品が生まれた背景や強弱・硬軟の度合いなど、音の要素を掘り起こすことだそうです。

 

この曲の作曲者であるヴェルディは19世紀の偉大なオペラ作曲家として知られています。

彼の作る『レクイエム(死者のためのミサ)』は劇的な音楽ですが、

"死"というテーマがオペラとはまた違う究極の情熱と生々しさを感じさせます。

 

さて、今回Ku-kan丸がコンサートを聴き終えて改めて感じたのは、""の演奏を聴くことの素晴しさです。

 

作曲家が作り上げた音楽を、聴衆の目の前で、演奏家が必死になり再現をする。

生の演奏は何が起こるかわからないという危険を含んでいる分、その緊張感が限りない感動を生み出すのではないでしょうか。

 

ちなみに、トッパンホールは、舞台の高さは60cmと低いため前方席からも舞台が見やすく、また、客席との距離が近いため、演奏家と聴衆の親密さが増し、より臨場感あふれる生の演奏が楽しめると思います。

 

もちろん、公演の"中身"も充実しています!3月には、やはり、アダージョばかりで構成された究極の音楽、「十字架上のキリストの最後の7つの言葉」をとりあげた、インマゼールの公演も控えています。

 

ゆるやかなリズムに隠された緊張感、ぜひ、体験しにいらしてくださいね♪

Copyright 2002-2016 TOPPAN HALL. All Rights Reserved.