トッパンホールスタッフが最新情報をお届けします!

TOPPAN HALL Official Blog

TOPPAN HALL

2009年4月アーカイブ

メモのチカラ

2009年4月30日 木曜日 Frisky | | コンサート情報

ボンジュールさんのブログに書かれているように、ピンクのつつじが美しい今日この頃。
通勤途中に「美しいわぁ」と見とれていたら、びっくりしたことに、今朝ほど我が家にもつつじがひと株届きました。知人がご自宅の庭から手ごろなサイズのつつじを鉢に移しかえて持って来てくれたのですが、一気に玄関が華やいだように感じられました。
季節を感じる生活っていいですねぇ♪

 

さて、4月に入り、トッパンホールの新シーズン前半期(2009年9月-2010年3月)の公演ラインナップを発表したところですが、皆さん、ご覧いただけましたか?今回は、新シーズンのコンサートの中でもFriskyにとって思い出深く、また楽しみにしているアーティストをご紹介。

 

ずばり、、、 ベルリン古楽アカデミーです。

 

Friskyが初めてベルリン古楽アカデミーの演奏を聴いたのは、10年前の1999年のこと。
コンサートのチケットやパンフレットを保管する習慣がほとんどないFriskyですが、それでも当時は、出かけたコンサートをきちんとメモに記録していたんです(どうやら、途中まではマメだったようで・・・)。
実は、99年の公演こそが彼らの初来日で、しかも先日王様の風格を漂わせていたC.プレガルディエンとの共演だったと自覚&驚いたのは、かなり後になってのこと。

数年前にホールのプロデューサーから「このCD、聴いといて」と渡されて、はたと思い出し、我が「お出かけメモ」をチェック。

いやぁー、メモのチカラってすごいですよね!
おぼろげだった記憶も、あっという間に鮮やかに蘇る手助けをしてくれるわけで・・・。
人生、いつ、どこで、だれと、どう繋がるか分からないものですね。
あの時、なにげなくチケットを手にしたアーティストの演奏を、再び聴く(制作できる)機会に巡りあえるなんて、10年前のFriskyは想像もしませんでした。

 

いやはや・・・、こういうことも、コンサート=ライヴの楽しみといえるのかしら。
自分とコンサートの関係も、いつの、どこの、だれの、どんな演奏と繋がるか分からず、また一回一回の楽しみももちろんありますが、そこで完結ではないんですよね。
トッパンホールのコンサートのひとつひとつが、皆さん&Friskyの思い出に繋がったり、未来の出来事に広がったり、そんな想像(妄想)に夢膨らませるのも楽しいものです。
引き続き、、、ではありますが、どうぞたくさんのコンサートをお楽しみください!

 

ちなみに、ベルリン古楽アカデミーの一般発売は10月8日(木)
念願の来日プログラムは、J.S.バッハのブランデンブルク協奏曲全曲演奏会です!
「終演は何時ですか?」なんて、聞かないでくださいね。

2009/2010、新シーズン前期ラインナップ発表!

2009年4月24日 金曜日 マダムK | | お知らせ

はじめまして。私、マダムK と申します。

 

蛍子さんに続いて、2人目の期待の新星?と紹介され、この4月よりブログ担当として抜擢(?)されました!!

皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。

 

マダムは、3月末にブログ担当を卒業したKu-kan丸さんと同じく「チケットセンター」に勤務しています。

日々、チケットに関するお問い合わせやご予約を中心に、お電話と窓口にてお客さまと直に対応させていただいております。

また、主催公演日には、ホール入り口付近にて、チケットの引き取り対応をしつつ、お客さまをお出迎えしております。残念ならが4月の主催公演日は、すでに終了しておりますので、5月の公演日以降、皆さまにお会いできるのを楽しみにしております。

 

そして!!いよいよ2009/2010シーズン公演の発売が5月よりスタートします。

新シーズンでは、"トッパンホールらしい質の高い室内楽"を、こだわりぬいたプログラムでお届け。

ぜひ、皆さまからの、ご予約・お問い合わせをお待ちしております。

 

2009/10シーズン前期ラインナップは、こちらからどうぞ。

 

みなさんは、チケットがいち早く予約でき、さらにお得な価格でお求めいただけるトッパンホールクラブをご存じですか? 

トッパンホールクラブ会員発売日に間に合うように、まだご入会されていない方は、ぜひお早めに!!

 

トッパンホールクラブの詳細はこちら。

花盛りの毎日

2009年4月22日 水曜日 ボンジュール小石川 | | ホールよもやま話

学生時代、京王線のつつじヶ丘に住んでいました。

 

つつじヶ丘といっても、別に駅前につつじの園があるわけではなくて、駅の片側にはパチンコ屋が燦然と輝き、反対側にはぶどう畑が雄大に広がる、武蔵野の薫りが色濃く残った住宅街でしたっけ。

 

いまも昔も、恥ずかしがり屋で受動的、パンチとパワーに欠けた自称草食系のワタクシは、それでも、無い勇気を振り絞ってパチンコ屋でバイトしたりして。

 

換金所なんですけど。

 

足元に無造作に札束が転がる、3畳ほどのプレハブにカンヅメになって、黙々とメダルをお金に換えるお仕事、結構好きだったんですけれども、防弾ガラスとスチールドアに閉ざされた密室で、目を合わせただけで卒倒しそうなほど嫌いなゴキ○リとひとつ屋根の下にいると知ってしまったときの恐怖感は、いまだにボンジュール心のメモに黒々と刻まれています。

 

お客さまが列を成しているなかひとりきり、逃げ出すことは当然無理、退治する時間は無いし、あったとしても武器は自らのコブシのみ。とにかく己と己の仕事にすべての意識を集中し、虫ケラの存在を無へと導く以外、ワタクシに残された生存の道は、無かったのでした。

 

あのとき、結局どうしたんだろう。

 

きっと、パチンコの神様が現れて、おびえる子羊に愛と勇気をくれたのでしょう。どうにか退治したに違いありません。ゴ○ブリと自ら対決したのは、あとにも先にもあれっきりです。

 

今でも無事に生きてます。神様どうもありがとう。

 

いったい何の話でしたでしょうか・・・。

あ、つつじですよ、つつじ。

 

そんな思い出のつつじが、トッパンホール裏手の公開空地で、ただいま可憐に満開なのです☆

見ごろは(恐らく)今週中。ホールの近くにお越しの際は、ちょっと裏手にも回ってみてくださいね。

 

Image105.jpg

 

春・・・桜・・・お花見♪

2009年4月17日 金曜日 MAGI Casper | | ホールよもやま話

本日はあいにくの空模様ですが、晴れの日には初夏の陽気となりましたね。
元気っ子のMAGIは職場でひとり、半袖で過ごしておりました。。。

 

さて、みなさまはこの春をどのように過ごされましたか?
春の楽しみといえば、やっぱりお花見ですよね♪
トッパンホールの最寄り駅でもある、地下鉄有楽町線・江戸川橋駅の側に江戸川公園があります。毎年桜の時期には花見客で大変賑わっています。今年はMAGIもちょっと立寄ってみたのですが、神田川にせり出た桜並木は圧巻でした。なんとこの桜並木、約2kmも続いているそうな。満開の桜を眺めながらの散歩。いいかもしれません。来年あたり、みなさんもいかがですか?

 

うっかり写真を撮るのを忘れてしまったので、MAGIがプライベートで行ってきた、秩父・羊山公園の桜をお楽しみください。

 

nagatoro01.jpg

nagatoro02.jpg

 

 

満開の桜を見ると、

日本人でよかったぁ・・・と、

しみじみと感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

nagatoro05.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

羊山公園といえばこれ。芝桜です。残念ながら、まだ5分咲きでした。

風が吹くとフワッと甘い香りが漂います。

 

nagatoro03.jpg

いました、ヒツジ君。羊山公園だから??

みなさんは、ヒツジの鳴き声を実際に聞いたことがありますか?

「メェー」なんて可愛いもんじゃないです・・・びっくりしました。

低音バリトンでこぶしをきかせた、

ぶえぇぇーー

集団で鳴きだすとちょっとコワイです。。。

 

 

縁の下からがんばります

2009年4月13日 月曜日 蛍子 | | ホールよもやま話

はじめまして。コモエスタ茗荷谷さんから「期待の大型新人」と紹介されました(されてない?)
蛍子(ほたるこ)と申します。私はうさうささんと同じく「貸しホール」の担当。

トッパンホールを演奏会の場として選んでくださった皆さま、そして聴きに来てくださったお客さ

まが演奏を存分に楽しんで頂けるよう、微力ながらお手伝いさせて頂いてます。

「縁の下の力持ち」的な、、いや、実際力仕事も多いので「ただの力持ち」という噂もありますが・・・

 

「ひとつひとつのコンサートが特別な出会いであることを願って」

 

さかのぼること数年前、トッパンホールのテーマとしてこのフレーズを目にしてくださっていた方
も多いかもしれません。蛍子はいつもこの言葉を胸に、皆さまをお迎えしています。ひとりでも多
くの方にとってトッパンホールが特別な出会いの場となりますよう、これからも日々努めてまいり
ます。そしてこのブログを通して出会う皆さまにも楽しい情報をお届けできればと思いますので、
どうぞよろしくお願いします。

 

最近の公演から一公演ご紹介。


「世田谷おぼっちゃまーず」クラリネットアンサンブルのグループです。毎年定期的にトッパン
ホールで演奏会を行っている=トッパンホールに帰ってきてくださる演奏者も嬉しいことに年々増
えているのですが、おぼっちゃまーずもそう。つい先日、記念すべき第5回演奏会が行われました。
一度聞いたら忘れられないのはそのグループ名だけではなく、彼らが創り出す音楽。普段は学生さ
んだったり、社会人としてお仕事をもっていたりと様々。きっと練習の時間を作ることも大変なの
だろうなと推測するのですが、それでも毎年素晴らしい演奏を聴かせてくれます。「クラリネット
が好き」「音楽が好き」という想い、そしてメンバー一人一人が心から音楽を楽しんでいるのが本
当によく伝わってくる、今回もそんな演奏会でした。聴く人を幸せな気持ちにしてくれる、そして
年々進化していく世田谷おぼっちゃまーず。次回もトッパンホールで素敵な演奏を聴かせてくれる
のを楽しみにしています。5月のラ・フォルジュルネ・オ・ジャポンでも彼らの演奏を聴くことが
できるようですので、関心のある方は是非チェックしてみてください(第2回ハルモニア杯音楽コン
クールにてハルモニア賞とフレンズ賞をダブル受賞し「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」
音楽祭2009無料公演出演権」を獲得されたとのこと!拍手!)。

 

ブログデビューということで力入っちゃいました。少々長かったですね・・・最後まで読んで下
さってありがとうございました。では第2回に乞うご期待!←自分でハードル上げて頑張ります!

 

心機一転?

2009年4月 9日 木曜日 ボンジュール小石川 | | ホールよもやま話

みなさまこんにちは。ボンジュールです。

 

新年度を迎えて、トッパンホール通信も微妙にモデルチェンジ(?)します。

 

1年間の任期を終えて、うさうささんとKu-kan丸さんがブログ担当をご卒業。短いような長いような1年間、お疲れ様でした。

熱いうさうささん、クールなKu-kan丸さんの後任には、それぞれ同じ貸しホールとチケットセンターから、○○さんと☆☆さんが担当に加わります!

 

・・・。

 

すいません、まだハンドルネームが決まっておりません。

個性派ぞろいのトッパンホールスタッフのなかでも、際立って個性的なおふたりですから、きっと私たちの度肝を抜く素敵なお名前が、初登場のときに明らかになるでしょう!!!(←プレッシャー)

 

せっかくだからわたくしボンジュールも、心機一転名前を変えるというのはどうでしょう。

ニイハオ神楽坂とか。

ボンジョルノ江戸川橋。とか。

スパシーバ後楽園?とか。

いかが?、いかが??、いかが???

 

さて、そんなわたくし、コモエスタ茗荷谷(←分かりづらくてすいません)が編集を担当しております偶数月発行のトッパンホールプレスですが、今月も間もなく発行デス☆

 

7月に公演を控えたストリング クヮルテット ARCOの柳瀬省太さんと古川展生さんの対談や、篠崎和子さんへのインタビュー、トッパンホール公演ではすっかりお馴染み四戸世紀さんに伺ったトリオ・ディ・クラローネ公演への期待など、情報がギュギュっと凝縮した内容となっております。

 

ARCO.jpg

ARCOのインタビューでは、おふたりのラブラブぶりを垣間見ることができました。普通に話してらっしゃるのに、どこか夫婦漫才のような、ほんわかしたあたたかいオーラに包まれているのです。

常設クヮルテットではないけれど、長年変わらぬ固い友情がARCOの誇り。新しいクァルテットのかたちが見えてくるニッポン男子の爽やかなアンサンブルに期待が高まる、楽しい対談でした。

 

トッパンホールプレスを見かけた際には、ぜひ、読んでみてくださいね。

 

そうだ、京都行こう。

2009年4月 7日 火曜日 Frisky | | ホールよもやま話

四季折々、JR東海の広告にほだされっぱなしのFriskyです。

この春も、観光客のピークを迎えた京都に行ってきました。

 

時は少し遡り、3月のコンサート真っ只中のある夜のこと。

書店にて、京都の老舗料亭の板前主人による「器と料理」というイベントを発見。なんでも骨董級の器に、主人が腕をふるった料理が盛られ、ひとつひとつの器&料理のお話を聞きながら食す・・・という、視覚&味覚&聴覚を刺激する贅沢な企画だそうで、参加費は海外オペラのチケット級(なんとっ)。

参加したい誘惑に駆られたものの、Friskyの覚悟と勇気が足りず(ケチの悲しい性ですね)、スケジュールがあわないことを理由に泣く泣く断念したのですが、その姿を見かねた知人から紹介され、今回真っ先に出かけたのが、ジェイアール京都伊勢丹の中にある「京都和久傳」のランチ・コースでした。

 

美味しかったです! 当たり前です!

テンションがあがりました!! 日本人でよかった・・・(じんわり)!!!

 

器の形・色・質感と、料理の盛り方・色彩・味の見事なコラボレーション。

一品ずつ出されるタイミングも抜群だし、カウンター席から京を一望できる眺めの良さも格別です。

料理を出された瞬間、口に入れた瞬間、そして味わうひととき。その時々に自然と笑みがこぼれる食事とはまさにこのことよ、と感激しまくり(手に届きやすい価格設定もステキです♪)。

細部にわたる心遣いと、さりげない見立て心や遊び心が、心憎くも嬉しいひとときでした。

 

料理は、コンサートに似ている・・・とも言われます。

一回の出会いを楽しみに、作り手は考え作り、受け手は通い味わう。まさに一期一会の機会ですよね。

トッパンホールは2008/2009シーズンの半分をターンしました。8月までのシーズン後期、そして2009年秋からの新シーズンにむけて、Friskyも作り手の心意気を忘れずに、皆さまとコンサートを楽しんでいきたいと思います!どうぞお運びください! 

(最後は、食べ歩きブログから無理やりホールの話にシフトしてみました)

 

 

余談ながら、Friskyは人への手土産・贈答に、「和久傳」の品々をよく利用します。

おとな感が漂い、目上の方に喜ばれることも多いので、手土産にお悩みの時にはお勧めですよ♪

Copyright 2002-2016 TOPPAN HALL. All Rights Reserved.