トッパンホールスタッフが最新情報をお届けします!

TOPPAN HALL Official Blog

TOPPAN HALL

メモのチカラ

2009年4月30日 木曜日 Frisky | | コンサート情報

ボンジュールさんのブログに書かれているように、ピンクのつつじが美しい今日この頃。
通勤途中に「美しいわぁ」と見とれていたら、びっくりしたことに、今朝ほど我が家にもつつじがひと株届きました。知人がご自宅の庭から手ごろなサイズのつつじを鉢に移しかえて持って来てくれたのですが、一気に玄関が華やいだように感じられました。
季節を感じる生活っていいですねぇ♪

 

さて、4月に入り、トッパンホールの新シーズン前半期(2009年9月-2010年3月)の公演ラインナップを発表したところですが、皆さん、ご覧いただけましたか?今回は、新シーズンのコンサートの中でもFriskyにとって思い出深く、また楽しみにしているアーティストをご紹介。

 

ずばり、、、 ベルリン古楽アカデミーです。

 

Friskyが初めてベルリン古楽アカデミーの演奏を聴いたのは、10年前の1999年のこと。
コンサートのチケットやパンフレットを保管する習慣がほとんどないFriskyですが、それでも当時は、出かけたコンサートをきちんとメモに記録していたんです(どうやら、途中まではマメだったようで・・・)。
実は、99年の公演こそが彼らの初来日で、しかも先日王様の風格を漂わせていたC.プレガルディエンとの共演だったと自覚&驚いたのは、かなり後になってのこと。

数年前にホールのプロデューサーから「このCD、聴いといて」と渡されて、はたと思い出し、我が「お出かけメモ」をチェック。

いやぁー、メモのチカラってすごいですよね!
おぼろげだった記憶も、あっという間に鮮やかに蘇る手助けをしてくれるわけで・・・。
人生、いつ、どこで、だれと、どう繋がるか分からないものですね。
あの時、なにげなくチケットを手にしたアーティストの演奏を、再び聴く(制作できる)機会に巡りあえるなんて、10年前のFriskyは想像もしませんでした。

 

いやはや・・・、こういうことも、コンサート=ライヴの楽しみといえるのかしら。
自分とコンサートの関係も、いつの、どこの、だれの、どんな演奏と繋がるか分からず、また一回一回の楽しみももちろんありますが、そこで完結ではないんですよね。
トッパンホールのコンサートのひとつひとつが、皆さん&Friskyの思い出に繋がったり、未来の出来事に広がったり、そんな想像(妄想)に夢膨らませるのも楽しいものです。
引き続き、、、ではありますが、どうぞたくさんのコンサートをお楽しみください!

 

ちなみに、ベルリン古楽アカデミーの一般発売は10月8日(木)
念願の来日プログラムは、J.S.バッハのブランデンブルク協奏曲全曲演奏会です!
「終演は何時ですか?」なんて、聞かないでくださいね。

Copyright 2002-2016 TOPPAN HALL. All Rights Reserved.