トッパンホールスタッフが最新情報をお届けします!

TOPPAN HALL Official Blog

TOPPAN HALL

予防ごころ

2009年5月26日 火曜日 Frisky | |

新型インフルエンザ関連のニュースで、毎日が過ぎていった2009年5月。

 

爽やかな風に、新緑の薫り。自然の生命力を感じ、春から初夏への移り変わりが楽しめる季節なのに、外出するのが億劫になりそうな話題が多くて、少し残念な1ヶ月でした。

 

そうはいっても、最近のFriskyは、花粉症とさようならをしたのもつかの間、再び外出(特に電車に乗る)時のマスクを鞄に常備しています。

 

数年前、インフルエンザで伏せり、「タミフル、タミフルを...」と医者につぶやいた自分。

昨年の今ごろでしたか、、、突然の高熱で、日に日に抗生物質のレベルがあがっていった自分。

なのに、そんな辛かった記憶は薄れ、日頃のちょっとした予防をおざなりにしてしまい、またもや次なる病に伏せってしまう、おバカな自分。

結局は「予防を侮ってはいけない」ということに尽きるわけです。それがなかなか出来ないのですが、この機会に少し心をただし、せっせと手を洗い、うがいを習慣化できるよう実践中です。

 

ホールは、コンサートにいらっしゃるお客さまから、演奏家、制作に携わる方々など、多くの人が集う場所。自分が病気になってしまうと、

 

人と接することができない(これ致命的) → 仕事ができない(仕事にならない、さようなら) → 迷惑がかかる(ごめんなさい) → 自分も辛い(うなされる) と、散々なことになってしまいますゆえ...。

皆さまに、安心して、気持ちよく過ごしていただけるよう、セルフ・ケアを心がけていきます!

 

あぁ、このブログを書きながら、思い出したことがふたつ。

数年前にも、SARSウィルスの感染が話題となったころ、やはりFriskyは、マスクを箱買いしました。結局、日本ではSARSは大きな問題にはならなかったのですが、そのマスクが、後に、インフルエンザ、花粉症対策へと役立ちました。

それと、鞄の常備品といえば、笛もあります。地震がおきた時、自分の場所を知らせられるようにと...。

なんだか中途半端な対策ではありますが、要は「生きたい気持ち満々」なFriskyなのです、きっと。

Copyright 2002-2016 TOPPAN HALL. All Rights Reserved.