トッパンホールスタッフが最新情報をお届けします!

TOPPAN HALL Official Blog

TOPPAN HALL

ランチタイムコンサートin芸劇 に行ってきました♪

2009年6月12日 金曜日 マダムK | | ホールよもやま話

みなさまこんにちは、マダムKです。

 

昨日、6月11日に、東京 池袋にある東京芸術劇場へランチタイムコンサートを聴きに行ってきました。

芸術劇場のランチタイムコンサートは、パイプオルガンによる30分の無料公演です。芸術劇場のパイプオルガンといえば、約9,000本のパイプから成り、世界最大級の規模を誇ることで有名。また、背中合わせにオルガンが2つ作られていて、演奏曲のスタイルに合わせてオルガンを選べるそうです。(→一方はルネッサンス様式とバロック様式の2台のオルガン、もう一方はフランス古典期と19世紀フランス・ロマン派を中心に20世紀の音楽にも対応できるオルガン)。この2つのオルガンは、コンピュータ作動により回転する仕組みになっているのだとか...。

 

さぁ、開演です!!

聴いた曲は、以下3曲。

1.J.P.スウェーリンク:半音階的ファンタジア [ルネッサンスタイプオルガン使用]

2.J.S.バッハ(M.ルコント編曲):アリア「満ち足りた安らぎ、うれしい魂の喜びよ」 [バロックタイプオルガン使用]

3.C.トゥルヌミール:コラール即興曲「過ぎ越しのいけにえ」 [モダンタイプオルガン]

 

おっと!! 3曲目の前に、オルガンの回転がありました。回転時間、約3分!! その間、じっと見つめる周囲のお客さまから「おっぉぉぉー」と感嘆する心の声が聞こえたような気が...。

 

実は、3曲すべて初めて聴いた曲目でしたが、?が気に入りました。とはいっても、個人的にバッハ好きだからなのかもしれませんが。

 

という訳で、30分のわずかな時間でしたがパイプオルガンの音色に包まれ、エネルギーを与えてもらったマダムでした。

 

ランチタイムコンサート繋がりで、最後に一つだけインフォメーション!!

トッパンホールでもランチタイムコンサートを隔月に1回開催しています。

毎回、有望な若手アーティストが出演する質の高いコンサートと評判をいただいているだけあって、ほぼ満席に近い状態となる大人気のコンサートです。

6月のランチタイムコンサートは10日に終了してしまったので、次回以降のスケジュールは、下記にてご確認ください。8月の公演の整理券受付はすでに終了していますが、当日の整理番号札でも、お席の余裕を見ながらご案内できますので、ご興味のある方はチケットセンターにお問い合わせくださいね。

 

>>トッパンホール主催公演のスケジュールはコチラ

Copyright 2002-2016 TOPPAN HALL. All Rights Reserved.