トッパンホールスタッフが最新情報をお届けします!

TOPPAN HALL Official Blog

TOPPAN HALL

お坊SUMMER

2009年6月29日 月曜日 蛍子 | | ホールよもやま話

こんにちは。蒸し暑い日が続き、夏に弱い蛍子は早くも夏バテ気味。

そんな私に救いの手、癒しの声。

MAGIさんが速報を届けてくれた高野山金剛流御詠歌公演 「曼荼羅の響」が6月26日に行われました。昨年に引き続きトッパンホールでは2回目の開催ですが、皆さんはもう長く演奏活動をされていて、日本国内のみならず海外でも演奏の機会があるとのこと、過去にはあのカーネギーホールでも演奏をされたのだそうです!その際に「お坊さんが歌う日本のヒーリングミュージック」と称されたようですが、正しく癒しの時間となりました。

 

当日は朝から団員の方たちが、準備にリハーサルにと忙しくホール内を動かれていたのですが、当然皆さんお坊さん(「僧侶の方」っていうよりこの方がイメージが伝わるかと...)。明らかにいつものトッパンホールの風景とは異なっているわけで、とても新鮮。MAGIさんが書かれていた通り、ホールスタッフも興味津々、癒しを求めて?ひとり、ふたりとホールに集まってくるといった状況でした。演奏の素晴らしさはもちろんのことですが、通路でふとすれ違う時にも皆さんよく通る声と笑顔で「こんにちは!」「お疲れさまです!」と本当に爽やかなのです。何ともいえぬ「陽」のオーラが漂っていることに蛍子は感動しました。

 

リハーサル1.jpgリハーサル2.jpg

写真は、リハーサルの様子。

 

本番は、蛍子も事前に購入したチケットを握り締め客席へ。

ステージ中央に吊り下げられた曼荼羅と、いつものコンサートでは見られない照明の演出がトッパンホールの木の空間とともに不思議な雰囲気を醸し出し、そこに次々に登場されるお坊さん総勢20数名。日ごろの詠唱や読経で鍛えられたお坊さんたちの声は重厚感と繊細さをあわせもっていて、心に沁み入りました。団の指導者でもある下村聖登さんの独唱「玉川」、最後の四部合唱「金剛」が特に印象的だったのと、今回は舞台上手奥にパーカッションも登場し、御詠歌の世界と絶妙に溶け合っていて、これもまた新鮮でした。

 

さらに蛍子が釘付けだったのが「所作」。鈴鉦(れいしょう)を置くなどの演奏前後の皆さんの動き=所作の美しさ!事務所に戻ってペンと紙コップで真似してみたのはここだけの話。もっと予習してから客席に着けばさらに楽しめたのにと、今ごろになって「ごえいかQ&A」というハンドブックを熟読しております。。。 

 

客席には蛍子のような初心者に加え、ご自身も御詠歌を習っているというお客さまもたくさんいらしたようで、演奏にあわせて膝を手で軽く叩きながら、首を少し動かしながら、ある意味「ノリノリ」で聴いていらっしゃる姿も目にしました。そう、御詠歌は癒しの音楽であると同時に、日本人の魂の叫び!「ソウルミュージック」でもあったのです。 

 

終演後のひととき。ステージ上で演奏されたご感想を伺ってみたところ、口々に「気持ちよかった!」という言葉をいただき、蛍子もとても嬉しかったです。また是非次回もトッパンホールで癒しの世界を繰り広げていただけたらと願いつつ、私も次回は「ノリノリ」で楽しめるようにハンドブックをさらに熟読したいと思います。

Copyright 2002-2016 TOPPAN HALL. All Rights Reserved.