トッパンホールスタッフが最新情報をお届けします!

TOPPAN HALL Official Blog

TOPPAN HALL

教養が調味料

2009年7月17日 金曜日 ボンジュール小石川 | | ホールよもやま話

ようやく、1Q84を読み終わりました。

 

え?ええ、読んでたんです、実は。かれこれ3週間以上前から、Friskyさんには内緒で・・・。

 

確かに、冒頭からヤナーチェクの《シンフォニエッタ》が印象的に登場しておりました。

 

と、同時に、物語の鍵を握る「ふかえり」が、《マタイ受難曲》の一節を諳んじてみたり、「老婦人」が古楽(ダウランドだったかな?)を愛していたり、そこかしこにさまざまな音楽が流れ、なんと「ふかえり」は、平家物語を歌ったり(?)もします。西洋クラシック音楽ではないですケド。

 

きっと、そのスリリングな内容で、なーんにも知らなくてもグイグイとひきつけられることは間違いない小説ではあるけれど、世界のハルキムラカミが次から次へと、饒舌なまでに繰り出すあれやこれやの小道具について、その実際に通じていたほうがきっと、もっとリアルに作品世界に没入できるんだろうなあ。。。と、思いつつ、平家物語ってどんな風に吟じられるのか、いまいち実感がわかないワタクシ。

 

琵琶の弾き語りを聴く機会も、あんまり無いしなあ・・・。

そんなアナタ、そしてワタクシに、朗報です。

トッパンホールで幽玄なる琵琶絵巻を楽しむことができるのデス!(ちょっと強引?)

 

それがコチラ、中村鶴城 琵琶リサイタル2009

 

薩摩琵琶の第一人者、中村鶴城さんがライフワークとしている「琵琶伝」シリーズ。口語体の語りと、文語体の琵琶歌を組みあわせ、物語世界をたっぷりと聞かせます。

今年は、修験道の開祖、「役行者」がテーマ。

子どもの頃、藤川桂介さんの「宇宙皇子(ウツノミコ)」にはまったワタクシにとって、ミコの育ての親、役小角(=役行者)は、とーっても身近な存在でした。

 

読んだソバから何でも忘れるトリアタマのワタクシですので、はっきり言って詳細は何にも覚えてないのですが、「良いヒトだった」という記憶は残っております。(あれ?違ったっけ?)

 

オトナになって、実在の人物「役行者」の本当のひととなりを、第一人者の卓越した撥さばきで、そしてトッパンホールの、ささやきまで耳に迫る音響で聴けるなんて、なんとも楽しみであります!

 

「1Q84」を読んで、ヤナーチェクではなく(なぜか)平家物語に惹かれたソコのアナタ!

ぜひ、7月26日(日)には、ホールで琵琶絵巻をお楽しみくださいませ。

 

p.s.ちょっとネタバレ。

「ふかえり」なんですけれども、登場した瞬間から、そのたたずまいと話し方がエヴァンゲリヲンの綾波レイとダブってしまい、アニメで声をアテている林原めぐみさんの声でしか読めなくなってしまいました・・・。

きっとそういうヒト、多いんじゃないかしら。

エヴァ好き(=MAGIさん・笑)にも、楽しんでいただける小説だと思います、って、いまさら宣伝するまでもなくバカ売れの本ですが。

 

Copyright 2002-2016 TOPPAN HALL. All Rights Reserved.