トッパンホールスタッフが最新情報をお届けします!

TOPPAN HALL Official Blog

TOPPAN HALL

2009年10月アーカイブ

ボンジュール、本日のポエム

2009年10月30日 金曜日 ボンジュール小石川 | | ホールよもやま話

2010年は、国民読書年だそうです。

 

公共広告機構と、(財)文字・活字文化推進機構の、「コトバダイブしよう」と題した爽やかなテレビコマーシャルをご覧になった方も、多いのでは。

 

30代の読書時間が過去最低を記録した、なんてニュースも、この間流れていましたが、

確かに、いざ本を読もうと書店に立ち寄って、いろいろ物色してみても

「コレを読むと、何か得することがあるのかしらん?」

と、思わず躊躇してしまいませんか?

 

どうせ貴重な自分の時間を使って読むのなら、少しでも実りある読書にして、ちょっとでもモトをとりたい、なんて。

 

そうした思いがアタマをもたげ、

「コレもいまいち、アレもいまいち、面白くなかったらどうしよう、役に立たなかったらどうしよう」

ぶつぶつぶつぶつ考えているうちに、結局最後まで何も買わなかったりして、本を探すためにかけた時間のほうが、どれだけ「無駄」だったか、なんて凹んでしまったりして。

 

でもきっと、本当は、そんなに難しいことを考えなくても、

コトバの海にダイブしちゃえばいいのかも。

 

四の五の考える暇があるのなら、何も無いかもしれないけれど、かけがえのない何かがあるかもしれない海に、思い切って飛び込んじゃえばいい。

 

きっと、クラシック音楽も同じだと思います。

 

コレを聴いたらどんないいことがあるかしら、アレを聴くことでどんな変化があるかしら、

と、アタマで先に考える前に、

 

どぼーん、

、、、

、、、

、、、

 

と、音楽の海に飛び込んでしまえば、すごうでの音楽家たちが、命をかけて聴き手たちを、ステキな物語へと誘ってくれるハズ。

 

それがトッパンホールであってもなくても、著名なアーティストであってもなくても、ちょっとだけいつもの思い込みを捨てて、音楽の海へダイブしてみませんか。

 

「感動」は無いかもしれないけれど、「萌え」があるかもしれないし、

「萌え」は無いかもしれないけれど、「安らぎ」があるかもしれません。

 

何も無いかもしれないけれど、何かが、あるかもしれないのだから。

亀になる秋

2009年10月20日 火曜日 ボンジュール小石川 | | ホールよもやま話

食欲の秋です。

 

なんとなく例年ですと、同じ食欲の秋は食欲の秋でも、肉欲(←誤解を招く言い方でしょうか・笑)というか脂欲というか、ガッツリと胃腸を満たす正統派の食欲の秋、「焼肉くいてぇー」などと叫んでいる感じなんですけれども、

どうやら本年は、スィーツ欲☆の予感。

 

本日も、お昼ご飯だけでは物足りず、ここ最近毎日のようにいただいているファミリーマートのスイートシュガーシュークリームを、モリモリと食べてしまいました。

ただでさえ甘いシュークリーム、風味豊かなカスタードクリームとふわふわトロトロのホイップクリームがダブルで入ったシュークリームに、シャリシャリした歯ごたえがたまらない砂糖をかけてしまった禁断の味。

おいしいのに、おいしいはずなのに、なんとも言えない後ろめたさが、食べるそばから脳天をくすぐるのは、どうしてなんでしょう・・・。(←単純にカロリーが心配なせい?)

おいしいだけでなく安いので、「いけない、いけないワ!」と憑かれたように呟きながらも、ガサっと手にとって、小走りにレジへと走ってしまう昼下がりのボンジュール。

 

とほほ。

 

そんなワタクシがただいま現在考えているのは、今晩のデザートは何にしようかということ(ホワワワーン)。

トッパンホールの近くには名高いパティシエがたくさんあるので、よりどりみどりで今晩の甘い誘惑を選べるのです。

 

・まずは、飯田橋駅至近、フレンチのMIYAHARAさんのお隣にあるボークレール。主催公演の楽屋でお出しするお菓子は、こちらで買うことが多いです。

・美麗な生ケーキが並ぶ様子に思わずゾクゾクしてしまうル・コワンヴェール。アグネスホテルのお隣です。

・江戸川橋の隠れた名店、アミティエ。手作りのぬくもりが、お菓子からもホクホクと伝わります。

・きわめつけが、おしもおされぬ神楽坂の顔のひとつカー・ヴァンサン。特別な日の手土産に持参すると、泣いて喜ばれます。

 

ホールの裏手へ抜けて、坂道をあがっていくとそこは茗荷谷なのですが、茗荷谷付近にも、和洋さまざまなお菓子屋さんがありますし、なんといっても神楽坂通りには、甘い香りが心浮き立たせるお店がたくさんたくさんあります。

お財布と相談しつつ、おなかの様子を伺いつつ、スウィーツ欲が高まっている間にどれだけたくさん食べられるかしらん。

 

普段はもっぱら手酌酒なので、こんなときには思い切って、たくさん食べることにするのです。

 

p.s.

かめ.jpg

あんまり食べるんじゃないぞ・・・俺みたいになるぞ・・・。

 

と呟く亀石さん。帰省(奈良うまれ)したついでに撮りました。

 

モノづくりから見習うこと

2009年10月15日 木曜日 Frisky | | ホールよもやま話

突然ですが、最近「Wiiフィット・プラス」に凝っています。

そうです!10月1日に発売され、今もCMがたくさん流れている、アレです。

 

もともと、とくにフィットのヘビー・ユーザーだったわけではありませんが、このバージョンアップ版に、つい購買意欲が掻きたてられてしまい、発売翌日には購入。

いやぁ、Friskyの前でレジ待ちの列に並んでいる人のほとんどがフィット・プラスのケースを手に持っていたりして、すごい反響ですよね!!

 

・・・とはいえ、肝心なのはモノそのもの。

 

新たに追加された機能が、なかなか心地よく、充実しています。

 

既存ユーザーの声をしっかり反映させようと試行錯誤した(であろう)、作り手の心意気が感じられる、気持ちの良い作品に仕上がっている、、、などと、超個人的意見ではありますが、使い勝手の良い自宅用健康グッズへと成長していることに感激しました。

 

どんなモノでも、それを作った人の心を感じると、嬉しくなりますよね。

 

使い手の声に耳を傾け、二度同じモノは作らず、確実にステップアップしていく、その意欲。

 

見習うべきものがあります。

芸術の秋、到来!

2009年10月 7日 水曜日 マダムK | | お知らせ

皆さま、こんにちは。

秋雨が続く今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

 

これまで何人かのブログメンバーもふれているとおり、

先月26日に、主催公演の2009/10シーズンがスタートし、

10月1日には、9周年バースデー公演を無事終えました。

 

そして、とうとう「芸術の秋」到来です。。。

 

10月以降は、主催公演をはじめ、貸し公演もほぼ毎日のように続き、

トッパンホールは音楽一色に包まれます。

それに加えて、主催公演の来春以降のチケットも続々と発売開始!!

わたくしマダムにも、怒涛の繁忙期が到来です!

 

さて、そんなマダムから直近公演のご案内です。

昨年12月より、世界5都市で展開中の「ティル・フェルナー ベートーヴェンピアノ・ソナタ全曲演奏会」の第4回公演が、いよいよ10日(土)に迫ってきました。

 

が、その前に、本日、彼のトークイベントが開催されるのは、ご存知でしょうか。

 

ベートーヴェンのピアノ・ソナタの魅力とティル・フェルナーの個性もうかがえる、約2時間のトークイベントです。ベートーヴェン研究者として名高く、かつ主催公演のプログラム執筆者としてご存知の方も多い中村孝義氏をお迎えし、対話形式で進めます。

 

10/7(水)19時スタート

〈ベートーヴェン ピアノ・ソナタ全曲演奏会〉トーク・イベント
ティル・フェルナー ベートーヴェン ピアノ・ソナタの魅力を弾き、語る!

 ※当日券販売時間:18時15分より。

 

まだチケットをお求めでない方、トッパンホールチケットセンターへのお電話をお急ぎください!!

また、10/10公演チケットをお求めでないお客さまは、ぜひこの機会にイベントと同時にお申し込みを!!

 

詳細は、こちら 

中秋に思う

2009年10月 2日 金曜日 蛍子 | | ホールよもやま話

すっかり秋めいてまいりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

 

8月末から連日行われていた日本音楽コンクール予選も9月27日に最終日を迎え、約1ヶ月にわたる「熱い挑戦」に幕を下ろしました。参加者の熱演はもちろんのこと、公開の審査会ということもあり熱心なお客さまがたくさんトッパンホールにご来場くださいました。

期間中の来場者数は3,000名を超え、客席からステージに向けて良い意味での緊張感とパワーを送っていただけたように感じます。ご来場くださった皆さま、本当にありがとうございました!

10月20日からは東京オペラシティで本選がスタート、日本音楽コンクールはこのあとも続きます。

蛍子も今度は聴衆の一人として、若い演奏家の皆さんを客席から応援できること楽しみにしています。

 

明日10月3日は中秋の名月ですね。蛍子は、年中行事を「自分なりに」毎年欠かさず行っています。

1人でも節分には必ず豆まきをし、3月3日は「ひな祭り」を熱唱、七夕には短冊を書く・・・、などなど。

お天気が心配なところですが、明日は忘れずにお月見団子を用意しなくては!と思っています。

 

トッパンホール主催公演も9月26日に新シーズンが開幕し、またたくさんのお客さまをお迎えできること、スタッフ一同とても嬉しく思っております。「いよいよ新シーズンが始まりましたね!」とお声をかけて下さる方も少なくありません。

「中秋の名月」ではありませんが、「トッパンホール新シーズン開幕」を年中行事のように楽しみに待って下さっているお客さまがいらっしゃるのはとても幸せなこと。

昨日めでたく「満9歳」になりましたトッパンホールを今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Copyright 2002-2016 TOPPAN HALL. All Rights Reserved.