トッパンホールスタッフが最新情報をお届けします!

TOPPAN HALL Official Blog

TOPPAN HALL

プログラマ?

2010年9月10日 金曜日 ボンジュール小石川 | | ホールよもやま話

みなさまこんにちは。

 

急に寒く(?)なったせいか、本日はやたらとトイレが近いボンジュール小石川です。

ついでにちょっとカラダが熱く、さらには頭もズキズキするのですが、どうしてでしょうか。

 

世間ではそれを風邪という。

 

さて、コンサートホールで制作の仕事をしている中で、頭が痛くなる瞬間というのは、風邪をひいたときばかりではありません。

あんな瞬間、こんな瞬間、比較的頻繁ににピピピ、ピピピと頭痛がしておるのですが、なかでも一番の難敵が、当日みなさまに配布するプログラムなどに記載する、オリジナル原語による曲名表記問題です。

 

英語やドイツ語ならまだしも(それでも、かなり神経を使いますが)、ときにはハンガリー語やらチェコ語、ロシア語など、古今東西のありとあらゆる原語が登場し、いくら見慣れない原語だからといっても、間違いが許されるようなことではないので(ネイティブの方がご覧にならないとはいいきれない!)(そもそも、アーティストは間違いなく見るのだし!)、毎度とても気をつかうのです。

 

担当者一同、あらゆる情報源(楽譜はもちろん、音楽辞典や各種CD、インターネットの情報から他ホールのプログラムまで)を駆使して、ミスのないよう確認に努めておりますが、

 

 

目撃.jpg 

 

結局、こういう間違いが起こっていないともいいきれない、と、オペラのDVDを再生しながら、がっくりと落胆するのです。

 

プログラマ。

 

きっと、ドイツの会社の人が、

 

「ニホンゴ、難シイ、ぷろぐらまーモアルシ、ぷろぐらむモアル、コノ場合ハイッタイ、ドッチドッチ?」

 

と呟きながら、エイ!とプログラマを選んでしまったのでしょう、辞書を紐解きながら。

 

致命的な間違いじゃなくて、非常に惜しいセンを突いてるだけに、いっそう哀れですよね・・・。

 

ワタクシ自身、同じ間違いを随所で犯していないとは、決していいきれないわけですから、深く、深く、同情しつつ、他山の石とさせていただきます。

ちーん、ナムナム。

Copyright 2002-2016 TOPPAN HALL. All Rights Reserved.