トッパンホールスタッフが最新情報をお届けします!

TOPPAN HALL Official Blog

TOPPAN HALL

2011年2月アーカイブ

ロジェの流儀

2011年2月25日 金曜日 asterisk | | ホールよもやま話

こんにちは、asteriskです。

2月も終盤ですね。花粉が気になり始めた今日この頃です。

みなさま、お元気ですか?

 

さて、私は先日、

道に迷ってしまいました。

 

昔から、初めて通る道を通い慣れたわが道のように歩き、迷子になるタイプでした。

迷子になったら困るくせに、泣くくせにやめられないのです。

今でもそれはあまり変わらず、

路地から路地へ、無事に家に帰れるかどうかのスリルを楽しんでおります。

このひそかな楽しみを"ロジェ"と命名しました。

ルールは、直感で面白そうな路地裏を進む、それだけです。

決して表通りを歩いてはいけません。

失格です。

ロジェる、ロジェしよう、ロジェリング、といった言い方をします。

 

先週、ロジェした時のことです。

鯛焼き屋を見つけたり、そこら辺で一番安い自販機を探したり、

奇妙な模様のノラ猫を夢中で激写して楽しんでいるうちに、

だだっ広い三叉路に出てしまいました。

日も暮れてすでに真っ暗、通行人はゼロ。

子どもの頃の、あの感覚が甦ります・・・。

迷子です。

GPS携帯で自分を探して、なんとか帰還することができました。

 

「あ、こんな所に喫茶店みっけー☆」(発見)

「財布もってなかった、あっぶない!」(スリル)

「意外なとこに出た。これで帰れるぞー!!!」(スリルの向こう側)

 

等々・・・

未知のお楽しみがたくさん待っています。

よろしければ、みなさんもロジェしてみてください。

大銀杏に会って来ました!

2011年2月17日 木曜日 蛍子 | | ホールよもやま話

先日の東京。

突然の大雪、そして積雪にはびっくり!

久しぶりに「冬将軍」という言葉が、頭を過ぎりました。

まさしく「将軍」という貫禄の「降り(フリ)」でしたね。

まだまだ将軍は元気なようですが、

でも季節が少しずつ、しっかりと春へ向かっていると感じさせてくれるものが・・・

「通勤途中の梅の花」

―本当に綺麗です。

「花粉症に苦しむホールスタッフのくしゃみや充血した目」

―本当にツラそうです・・・。

 

昨年、このブログでも書いた、鎌倉の大銀杏。

樹齢1000年と言われる、このご神木が突然バッタリと倒れたのは

2010年3月9日のこと。

蛍子は、このニュースに大ショックを受けると同時に、

その後、多くの人の尽力によって、見事に芽吹き始めた大銀杏の生命力に

大感動したのですが・・・ 

あれからもうすぐ1年。

ということで、ちょっと大銀杏さんの様子を見に行ってきました! 

あーやっぱり、あの大きな木が見えなくて淋しいなぁ・・・などと思いながら近づくと。

 

ん?・・・双子?

 

実は元々大銀杏が佇んでいた場所のすぐ横に、

倒れた直後に胴切りにされた4メートル程の幹が移植されたらしく、

2つの幹が並んでいるという不思議な風景。

しかも両方の幹から、新しい芽が出た形跡が!

後で調べてみたところ、数ヶ月前の紅葉シーズン、

境内の他の銀杏は黄葉、つまり葉緑素が分解してしまっているのに、

大銀杏は葉っぱの細胞がかなりしっかりしているらしく、

葉緑素の分解がない=黄葉せずに、緑の葉が生い茂っていたんだそうです。

 

元気がありすぎるぞ!大銀杏!! 

大銀杏.JPG

冬将軍。

梅の花。

スギ花粉(?)。

そして大銀杏。

自然のパワーはスゴイですね。

 

今週は、主催公演が3公演と、

入れ替わり立ち替わり、素晴らしいアーティストの皆さんが登場。

蛍子は、ここトッパンホールで

自然のパワーに匹敵する、「音楽の力」を日々感じております。

今夜はプレガルディエン&シュタイアー公演です。

公演情報はこちら>>>

※当日券のお問合せ:トッパンホールチケットセンター 03(5840)2222 

パンダでホッと一息。

2011年2月 7日 月曜日 MAGI Casper | | ホールよもやま話

上野動物園にパンダがやってくる!! ・・・・・・らしい。

しかも、美男美女カップル!! ・・・・・・らしい。

パンダのイケメンって言われてもねぇ。

どなたも同じに見えるんですけどぉ・・・

 

さて、美しきパンダについての解説はまた今度にして、同園3年ぶりのパンダということで、上野は、パンダ、パンダ、パンダっ!で湧き上がっている・・・・・・らしい。

  

らしい情報ばっかりで、スイマセン。つい先日、上野に行った折に、友人に教えていただきましたもので。パンダカップルの名前募集ニュースは記憶の片隅にあるものの、MAGIにとってパンダは過去の人。幼少のころに上野動物園に見に行って、ブームは終わったのです。(←すごい人、人、人で、パンダを見れたのか不明。)

 

なぜにパンダの話題かと申しますと、みなさまご存知の方も多いであろう、上野グリーンサロン(東京文化会館前のカフェ)。今、このお店にパンダスイーツなるメニューがあり、MAGIも友人に誘われ、食べに行ってきたのです。

 

panda.jpg

↑パンダラテ(手前)、パンダロール(奥)

 

パンダラテをいただいたのですが、MAGIにはちょっと甘かったかな・・・

他にも、パンダクッキーや立体パンダケーキがありました。(立体パンダケーキはかなりの迫力です。)

見た目、いちばん可愛かったのはクッキーでしょうか。。。

 

みなさんも上野にお立ち寄りの際は、パンダスイーツをお試しあれ。

お誕生日のスペシャルゲストは・・・

2011年2月 2日 水曜日 ボンジュール小石川 | | ホールよもやま話

1月27日は、フルートの神様・エマニュエル・パユ様のバースデー。

前日のトッパンホールにおける無伴奏リサイタルでは、ハッピーバースデーのプレゼントが

ファンのみなさまからたくさん届けられ、神様もご満悦なご様子でした。

 

一方、1月30日は、忘れ物の神様・ボンジュール小石川の誕生日。

 

誰にも聞かれていません、

聞かれていませんが、せっかくの機会ですのでみずから主張してみました。

 

おめでとう、ボク。

 

こうしてまた無自覚にひとつ年を重ね、いつまでたってもロクに社会人として成長することのないまま、

みなさまの無償の愛になんとか支えられながら、どうにかこうにか暮らしております。

 

そんなボクの誕生日、ささやかに拙宅で開きました小宴には。

スペシャルゲストといたしまして、3杯のカニくんが駆けつけてくれました。

 

駆けつけ3杯。

 

いや、違います、カニまるごと、3杯です、生の氷漬け、クール宅急便にて。

 

郷里の母は、息子よりもカニを愛しているのではないかと疑いたくなるくらいに頻繁に

カニカニカニカニとカニ発作を起こす人なのですが、

そのおかげをもちまして、こうして余禄にあずかることもあるのです。

 

母さんどうもありがとう。

 

けれども、幼き頃より、たくましき母の手で華麗に捌かれたカニとばかり接してきたワタクシ、

みずからの手でカニ様と戦うのは、無論初体験。

 

さかなクンの真似をしながら、「ぎょぎょ、おいしくなーれー」と軽口をたたきつつ、

流麗な包丁捌きであっというまに足の山。

 

とは、無論相成らず。

 

あおむけにひっくりかえったカニを、小宴に参加した年長の友人に無理やり押し付け、

手伝うでもなく遠見の見物を決めこみながらワタクシ、

 

「ふんどし」が不気味だと言っては「ギャー」

ミソが怖いと驚いては「ひょー」

クチもとがエゲつないと言っては「ぎゃひー」

きわめつけ、エラが問題外! ともがいては、楚々と涙を流したのでした。

 

じゃあ、そもそも見なきゃいいじゃないか。

 

もっともなご忠告。

 

しかし、エラ。

エラですよ。

5本ぐらい、群生ですよ。

ハサミの根元あたり、胴体の中身に収納ですよ。

一番傷みやすく、寄生虫の巣窟なんですって、ギョギョ!

 

カニも、呼吸するんですね(そりゃそうだ)

 

けれども、そうした苦悶の末になんとかかんとか(友人の手で)解体され、

カツオだしとともに豊かに茹で上がったカニ様は、ふうわりと柔らかな香気を放ち、

日本海の恵を遠く横浜まで届けてくれたのでした。

 

今年もがんばります。

Copyright 2002-2016 TOPPAN HALL. All Rights Reserved.