トッパンホールスタッフが最新情報をお届けします!

TOPPAN HALL Official Blog

TOPPAN HALL

ボンジュールの敵!それは・・・

2011年6月16日 木曜日 ボンジュール小石川 | | ホールよもやま話

禁コーヒーをしております。

 

正確に申し上げますと「禁カフェイン」ですが、うっかりすると片手の指が全部折れるくらいには毎日コーヒーを摂取していたワタクシにとって、カフェインを断つというのはすなわちコーヒーを諦めるということ。

 

苦しいッッッッッ!

 

かと思いきや、べつだんそうでもありません。

どうしてもコーヒー風味を楽しみたいときには、コーヒー味の豆乳のお世話になりながら、それなりに「禁コーヒー」で暮らしております。

 

それにしても、禁コーヒーはまだしも、禁カフェインというのは、実は案外難しいということを知りました。

 

それは自分の意思の弱さというより、環境の問題であります。

 

仮にカフェインを仮想敵と設定いたしますね。

そうすると、敵はあらゆるところに潜んでおるのです。

コーヒー、紅茶は言うに及ばず、当然緑茶やウーロン茶にも含まれ、うっかりお茶類を口に含むということは、みずからに課した禁制を簡単に捨て去ることとイコールです。

さらには、いわゆる「ティー」がダメならば、巷に溢れるブレンド茶と呼ばれるもの、あるいはハーブを原料にした飲料などをいただけばよろしいのかしらと思いきや、ブレンド茶にはけっこうな割合で緑茶やウーロン茶が配合されていて、すなわちカフェインレスではあってもカフェインゼロではない。はたまた、田舎生まれのミソジ男子の我輩には、ハーブティーと称されるティーを日常的に飲する習慣が備わっておらんので、そちら方向にも舵は切れない。

そうしますと、水またはお湯に植物由来成分でフレーバーを施したものとして自信をもって飲めるのは、麦茶、コーン茶、「十六茶」くらいしかないわけです。

 

そういうわけで、毎日水筒に麦茶を詰めて、通勤しております。

 

さらに、にっくき敵のあなどりがたいところは、キャツらは固形食糧にも含まれておるのですね。その代表例がチョコレートですが、みなさん、チョコレートにカフェインが含有されてるってご存知でしたか、ボクは知りませんでした、ハイ。チョコレートにカフェインが入っているということはすなわち、ココアやココア味のお菓子にもソレは含まれておるわけで、食後のオヤツにチョコレートをむさぼり食べることを至福のひとときとしていたワタクシにとっては、チョコレートのみならずチョコレート系スナック全般を口にできないというのは、相当に辛い苦行でございます。当然、抹茶味や紅茶味のケーキやクッキーも、ダメダメダーメ!であります。焦がした砂糖(カラメル)でコーヒー風味を醸し出している飲料なら、大丈夫。

 

ワタクシ自身はそれほど飲みませんけれども、コーラがカフェイン飲料というのは比較的有名ですね。栄養ドリンクも、モノにもよりますが基本的にはカフェイン入り。「リアルゴールド」には入っていませんが、あれは栄養ドリンクかどうか微妙でしょうか。

 

ちなみに、コーヒーですけれども、体質的にカフェインは受け付けない、あるいは宗教上の理由でカフェインを摂れない、さらには妊娠などでカフェインを避けたいという方に向けたカフェインレスコーヒーというのが、海外ではそれなりに流通しているようです。

日本では、それほど需要が無いせいか、あまり見かける機会はないですけれども、スターバックスコーヒーをはじめコーヒー専門店では、「デカフェで☆」と頼めばカフェインレスのコーヒーを供してくれるお店もあるようです。

 

今のところ禁断症状が無いとはいえ、そのうちコーヒーが無いと耐えられなくなるのは目に見えているので、そうした暁には、カフェインレスコーヒーにチャレンジしたいと思います。

 

え?

 

そもそもなんでカフェイン断ちなのかって・・・?

 

その話は、涙なくしては語れない長いながーい話になるので、また今度お会いしたときにでもゆっくりと・・・。

Copyright 2002-2016 TOPPAN HALL. All Rights Reserved.