トッパンホールスタッフが最新情報をお届けします!

TOPPAN HALL Official Blog

TOPPAN HALL

〈エスポワール 7〉明日、最終回です!

2011年10月21日 金曜日 ボンジュール小石川 | | コンサート情報

みなさまこんにちは! ボンジュール小石川です。

 

10月の初旬にワタクシに課せられていたブログ執筆という楽しいお仕事を、シンバルの渾身の一撃並みのさりげなさでサラリと葬りさり、そのうち誰にも気づかれることなく無かったことにできるでしょうと考えておりましたら、確かに誰にも気づかれこそしないものの、ワタクシ自身の小さな小さな良心がいつまでも途絶えることなく微かに震え続けておりますため、こうして贖罪も兼ねて予定外?に登場いたしました、みなさまお元気でお過ごしですか、ボクの心はシンバルのひとう(以下ウザいので略)

 

さて、気を取り直して。

 

トッパンホールの2011/12シーズンは、10月1日のバースデーコンサートで華やかに幕を開けました。13人の精鋭が顔を揃えた一期一会、空前絶後(?)のコンサートは大盛況。翌2日の小出郷文化会館でのコンサートでも、たいへん手ごたえの確かな演奏を新潟のみなさまにお届けすることができました。

続く10月12日には、テノールの山本耕平さんをお迎えしてのランチタイムコンサート。私自身は担当公演でなかったため、物陰から伺うようにしかかかわっておりませんが、それでも端々から香ってくる耕平さんの素敵ビーム。素敵な歌声(本当にイタリア人みたい!)、素敵なお人柄、素敵な笑顔に、ハートを打ち抜かれた方もたくさんいらっしゃるのでは! 終演後のホールホワイエには、打ち抜かれたハートの残骸が点々と転がり、文字通り心ココにあらずのレディたちのお姿をたくさん拝見いたしました。かくいうホール一番の乙女、ボンジュールの心も、シンバルの(以下略)

 

そして、昨日と今日、トッパンホールでは、明日の篠崎和子(ハープ)公演のリハーサルが行われています。 

リハ風景.jpg 

 

回を重ねるごとに着実に成長を重ねる篠崎さんが、エスポワールシリーズの集大成として「室内楽」に挑戦する今回。ヴァイオリンの小森谷巧さんをはじめ、錚々たる顔ぶれがゲストに集い、シリーズのクライマックスを盛り上げます!

 

1回から、ハープのためのオリジナル作品(編曲ではなく)にこだわり続けてプログラムを構成してきた篠崎さんですが、今回はそれに加えて、フランスの香り高い作品がそろっているのも特徴! オシャレ! とか、エスプリ満載! とか、そういった「ザ・おフランス」というのではなくて、少し皮肉屋で、少し照れ屋で、少し気難しくてときどき気分屋で、なんだか振り回されているようだけれど、でもでもむしゃぶりつきたいような魅力に満ちたフランスらしい作品が、ずらりと、揃っています。これは楽しみ!

 

今日も遅くまでリハーサルのあと、明日がいよいよ本番!

チケットにはいくぶん余裕がございますので、ぜひぜひ、お越しください!

公演情報はこちら>>>

Copyright 2002-2016 TOPPAN HALL. All Rights Reserved.