トッパンホールスタッフが最新情報をお届けします!

TOPPAN HALL Official Blog

TOPPAN HALL

夏のキラキラ

2012年8月10日 金曜日 蛍子 | | ホールよもやま話

残暑お見舞い申し上げます。

オリンピックも佳境、そしてお盆休みなどで日本のここかしこで大移動が起きている今日この頃、

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

ここへ来て蛍子は、少しだけオリンピックに参加?してみようかと思い、今朝は女子サッカー決勝をTV観戦してから出勤しました!残念でしたけれど、でも試合の結果以上に何かをやり遂げた人のあのキラキラした表情に感動。演奏会を終えたアーティストの皆さんを拝見していても同じようなことを感じることが多々あります。本当に選手の皆さん、いい顔をしていましたよね。

 

キラキラと言えば・・・8/7のランチタイムコンサートソプラノの安田麻佑子さんが紫陽花のような、綺麗な淡いパープル系のドレスで登場。艶のある声で数々のフランス歌曲を聴かせたかと思うと、アリアでは機械仕掛けのお人形、オランピアを見事に演じ、まさに変幻自在!オランピアは途中何度も動かなくなってしまうのですが、そのたびに共演のデシャルムさんがピアノを演奏する手を止め、背中のゼンマイを一生懸命に回してくれます。するとまたニコニコと歌い出すオランピア。何ともチャーミングなステージにお客さまも大喜びでした。デシャルムさんとの息の合ったパフォーマンスも本当に素晴らしかったです。

そんな楽しいランチタイムコンサートをもって2011/12シーズンの全主催公演が終了。コンサートの熱い空間を一緒に創ってくださったお客さまにこの場をお借りして...今シーズンもありがとうございました。

 

秋に向け主催公演は少しの間お休みなのですが、新シーズン、皆さまから早速期待のお声をいただいているのが〈秋、怒濤の弦〉。キャリアも個性も多彩な5人のアーティストがトッパンホールのステージに登場します。先日、トッパンホールプレスの取材で、この怒濤の5公演についての鼎談に立ち会ってまいりました。 

取材風景.jpg 

柴田克彦さん、山野雄大さんをお迎えして、それぞれのアーティスト、公演に寄せる期待を語っていただいたこの鼎談は、今月末発行のトッパンホールプレス(vol.61)に掲載予定です。多くの演奏を聴いていらっしゃるおふたりが、様々な引き出しから興味深い話題をお話くださったので、限られた紙面にどこまでご紹介できるか、担当者も身を削るような思いで編集作業をしています...。既にチケットをお持ちのお客さまも、初めて公演について知っていただいた方にも、とにかく公演当日が楽しみになるような内容になっていますので、どうぞお楽しみに! 

Copyright 2002-2016 TOPPAN HALL. All Rights Reserved.