トッパンホールスタッフが最新情報をお届けします!

TOPPAN HALL Official Blog

TOPPAN HALL

秋の思い出

2012年10月23日 火曜日 蛍子 | | ホールよもやま話

皆さま、こんにちは。

外で過ごすのも気持ちのよい季節になりましたね・・・と言いながら今日は日本列島、局地的に嵐が吹き荒れているようです。ここ東京小石川も今のところは穏やかですが少し風が出てきた様子、と書いた矢先、窓の外が白く煙るほどの雨が!!!あ、でもまた晴れてきました・・・実況しきれません。いずれにしても今日はちょっとお出かけ日和とはいかないようです。

 

そんなあいにくのお天気ではありますが、ここのところ楽しいお散歩・お出かけの話題が続いていたので、私も、前回のブログで登場していた話題の続きを。

山形における「芋煮会」ですが、私の出身地(東北です)では「なべっこ」と言われる秋のイベントとして知られています(大人から子どもまで、地元では馴染み深いものなので、東京の大学に入るまで全国共通のものだと信じて疑わず・・・)。小学生の時は秋、9月・10月くらいにはどこの学校でも必ず「なべっこ遠足」。川原などに出かけて「鍋」を楽しむという、今思うとやや渋めな行事が当たり前のように行われていました。「鍋」の内容は特に決められておらず、グループごとにメニューを考え、遠足の前日には皆で買い出し&誰かのお家に集まって下ごしらえ。野菜やお肉などの食材を切り、分担を決めて当日持ち寄るという感じです。グループによって当然「鍋」の種類が違うので、当日はちょっと他のグループの味も楽しんだりしてたなぁ・・・普通の遠足とちがって、準備段階からとても盛り上がるイベントだったので、本当に印象深い、楽しい思い出です。今も地元では変わらずに続くこの「なべっこ」、今年は9月下旬から10月の時期、子どもたち、みんな汗をかきながらお鍋を食べていたらしいです。温暖化・・・恐るべし。。

 

さて、まもなく発行となりますトッパンホールプレスvol.62。12月にベルリン古楽アカデミーとともに登場するジャン=ギアン・ケラスのインタビューを掲載しています。紙面にある以外にも音楽のこと、オフタイムのこと様々なお話を聞かせていただきました。蛍子が驚いたのは、ケラスさんが思っていた以上にアウトドアな方だったこと。山に出かけたり、サッカーチームで汗を流したり。「ポジションはどこですか?」と伺ったら「ゴールキーパー以外はどのポジションでもやるよ」とニコリ(指を怪我したら大変ですものね)。終始笑顔でお話してくださいました。12月の公演も本当に楽しみです。

下の写真はインタビューのひとこま。身振り手振りを交えてお話してくださるので、手が・・・高速・・・。

 

ケラス手ブレ.JPG

臨場感あふれるショットですよね。

公演とともに、トッパンホールプレス最新号もどうぞお楽しみに!

 

これまでのトッパンホールプレスはこちらからご覧いただけます>>>

 

Copyright 2002-2016 TOPPAN HALL. All Rights Reserved.