トッパンホールスタッフが最新情報をお届けします!

TOPPAN HALL Official Blog

TOPPAN HALL

冬を前に・・・実ってます!

2013年11月11日 月曜日 ボンジュール小石川 | | ホールよもやま話

食欲の秋。

人間は冬眠する生き物ですので、長い冬に備えてたくさんの食物を秋の間に摂取し、脂肪を蓄え、眠っている間に栄養を補給せずとも越冬できるようにしているんですね。そのために、果物も野菜も秋にはたくさんたくさん実り、栄養豊富に百花繚乱、食べても食べても飽きないようになっている。まさしく人体の神秘、地球の神秘。

嘘ですね。
おわかりでしたでしょうけれども。

しかし、冬眠ができればいいな、とは思いますよね。
寒い寒い冬。
最新の機能性肌着を身につけ、モコモコ上着を着込み、マフラーに手袋にブーツで武装してまで社会生活を営むくらいなら、いっそみんなでヌクヌク寝ることにしてはどうか?
11月から3月は北半球、6月から10月は南半球、「せーの!」で冬眠することにしたら、暖房にともなう地球資源?の消費量?も減り、温室効果ガス?の排出も減り?、どちらかが休んでいる間の生産活動を反対の半球?で賄えば、ワークシェアリング?にもなる?んじゃないかしら?

逃避ですね。
おわかりでしたでしょうけども。
使い慣れない言葉を使って「?」マークを連打している場合じゃないですね。

そんなわけで、食欲の秋。
食べても食べてもお腹がすく、困った季節ではありますが、それだけ美味しいものがたくさん食べられると思えば嬉しくもあり。

もう老い先がそれほど長くないボンジュールとしては、全身全霊で美食を堪能せねばなるまい。

20131111_1.jpg
畑でとれたにんじんは、いただきもののバーニャカウダソースでウホウホいただきました。甘みが深くって美味しいのなんの。子どものころはどちらかというとにんじんが嫌いでしたが、今では喜んでナマでバリバリ食べるようになりましたよね。人体の神秘(違)。

20131111_2.jpg
にんじんの美味しさはなんとなく織り込み済み(?)でしたが、驚いたのはブロッコリー。茹でる前に切断しようとしたところ、包丁の刃がスススと入って柔らかい! 畑のインストラクターさんが「茎まで美味しいですよ」と言っていたけど、確かにそんな感じです。生だとあんなに柔らかいのに、茹でるとシャッキリ勇ましくなって、歯ごたえのあるお味に。

巨大な全容からすると、いかにも小ぶりなブロッコリーが一株しか採れないので、なんだか効率悪いなー、と思っていたのですが、本株?を採ったあとには脇芽がいくつか出てくるとのこと。もう少し楽しめそうであります。
そして大根。畑から帰る道すがら、持参したレジ袋には入りきらなかったので手で持って帰ったのですけれども、鉄アレイかと思うくらいの重量感。右に左に持ち替えながら帰りましたよ。
もちろん葉っぱも捨てません。炊き込みご飯にしていただきました、まいうーでした。

アレレ、やだ、ボンジュールったら、うっかりのろけちゃったかしら☆(違)

みなさまは、どんな食欲の秋をお過ごしですか?

Copyright 2002-2017 TOPPAN HALL. All Rights Reserved.