トッパンホールスタッフが最新情報をお届けします!

TOPPAN HALL Official Blog

TOPPAN HALL

2014年2月アーカイブ

原体験

2014年2月24日 月曜日 春 | | ホールよもやま話

小さな出会いが、人生に大きな影響を与えることがある。

私は、なぜクラシック音楽を好きになったのか。音楽一家で幼い時から、家のなかで常にクラシック音楽が流れている環境にいた、とか、ピアノが上手に弾けて音楽大学をめざした、とか。

そのどちらでもない。

何がきっかけだったのか、向き合って考えたこともなかったが、先週、鮮やかにその「出会い」を思い出させてくれた出来事があった。

 

中学一年生の時の音楽の先生―非常勤で音楽専門の若くて美しい先生だった。ご自身は、「ソプラノ歌手」を本業とされていたようで、毎週、遠くの街からその授業のために来てくれた。午後一番の授業だったので、音楽の日は、早めにお弁当を済ませ、音楽室へ行くのが楽しみだった。その先生は授業の前、ウォーミングアップを兼ねてか、ピアノを弾きながら美しい声でいろいろな歌を歌ってくれた。プロの技を目の前にして、うっとりしていた記憶がある。

ある日、授業でシューベルトの「魔王」を聴かせてくれた。まず、録音(当時はレコード!)で、歌手の名はもう思い出すこともできないが、いわゆる名手のものを何人か、聴き比べをさせてくれた。ドイツ語の対訳を見ながらだったが、ストーリーに引きよせられ、何回聴いてもドキドキした。そのうち、魔王にとりつかれたのかのように、その世界に感情移入してしまう。そして最後に、先生が、皆の前で日本語訳の「魔王」をソプラノで歌ってくれた。「おとうさん! おとうさん!」と坊やが泣き叫ぶくだりで、身震いるすほど感動し、興奮したのを覚えている。

録音では、歌手(とその伴奏ピアノ)の技量が作品を左右することを知った。先生が歌うライヴには、録音とはちがう魔力があることを、身をもって体験した。そして音楽には、ここまで深く、怖いとか、悲しいとか、やるせないとか、感情を揺り動かす力があることを知り、心から感動した。

それ以来、クラシック音楽の魅力に取りつかれた、のだ。

 

先週の主催公演で、クリストフ・プレガルディエンが「魔王」を歌ってくれた。あの時と同じく、恐ろしく心を動かされ、この原体験がよみがえってきた。おかげで、いろいろなことが思い出され、解決し、すっきり。思いがけない、そして嬉しい出来事だった。ありがとう、プレガルディエン。

雪の日の思い出

2014年2月18日 火曜日 マダムK | | ホールよもやま話

つい先日、関東甲信越を中心に記録的な大雪が続きましたね。

皆さまは、いかがお過ごしでしたでしょうか?

 

まず、最初の大雪の日・・・2/8(土)

この日は、土曜日ということもあり、お仕事がお休みの方も多かったことでしょう。

マダムもその一人。

部屋の窓から雪が降りしきる様子を眺めつつ、ティータイムを楽しんでおりましたわ。

そんななか・・・トッパンホールでは、合唱の公演がありました。

あの雪のなか200名近いお客さまがご来場!! 本当にありがとうございました!!

 

そして、次の大雪の日・・・2/14(金)

この前の雪が完全にとけきる間もなく、また降り積もりましたね。

夕方には、大雪警報発令による帰宅命令があり、仕事を早めに切り上げ、交通機関がストップする前に足早と家路に向かう人々で電車は混雑気味でした。

せっかくのバレンタインデーでしたのに、それどころではありませんでしたね。

 

東京生まれのマダムにとっては、こんなにも雪が降り続く光景を見るのはまさに初めての体験!

ついつい童心にかえってしまいまして、近所の子供と雪合戦したことが一番の思い出です。

 

どうやら明日?明後日?も再び雪の予報が。

真冬のような寒さになりますので、寒さ対策も万全にしてお過ごしくださいね。

インドアの楽しみ―いんぱく編

2014年2月 7日 金曜日 蛍子 | | ホールよもやま話

ついこのあいだは何だか春の陽気でしたのに・・・
ここ数日、あまりの寒さに道ゆく人の両肩が上がっています。
お昼休みにお散歩しても、風が吹いたりしたらもう・・・
悲しいわけではないけれど、涙が止まりません(室温との温度差および加齢に伴う涙腺の緩みのせい・・・)。

こんな時はインドアで、何か楽しいことと思っていらっしゃる方。

コンサートもいいですが、今日はトッパンホールのお隣、印刷博物館をご紹介。

同じビル内ということもあり、コンサートの際にお立ち寄りになられたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか? 常設の総合展示はもちろん、企画展示やVRシアター、そして無料でご利用いただけるギャラリーなど、多様にお楽しみいただける印刷博物館=「いんぱく」。いんぱくの中にある印刷工房で、先日蛍子が参加してまいりましたのが、こちら↓
20140207.jpg

バレンタインカード作成体験☆


スタッフの皆さんがすぐ横で笑顔で教えてくれます。ほんの
10分ほどで名刺サイズの可愛らしいカードが作れました!手作り、思いのほか嬉しいです!!おススメは、こするとチョコレートの香りがするカード。昨年も友人たちに渡したところ大好評でした。1階ミュージアムショップでの無料配布もありますが、この機会に是非、印刷工房へ!工房内の活字・印刷機も必見です。

印刷博物館のサイトはこちら>>>
ブログ「いんぱく通信」>>>

まだまだ寒い日が続きます。皆さま、どうぞ心も身体もあたたかくしてお過ごしくださいませ。

Copyright 2002-2017 TOPPAN HALL. All Rights Reserved.