トッパンホールスタッフが最新情報をお届けします!

TOPPAN HALL Official Blog

TOPPAN HALL

ボンジュールの桜だより

2014年3月27日 木曜日 ボンジュール小石川 | | ホールよもやま話

この冬は寒かったね!


なんて言われても、冬はどのみち寒いものですので例年比でスペシャルに寒かったのかどうかはよく分からなかったりするわけですが、去年の今頃には盛りを過ぎて早くも散り始めていたらしいソメイヨシノが、今年はまだほころんでいるようないないような状態なのを眺めるにつけ、確かに今シーズンは寒かったようですなーと得心いたします。

それでも、ようやく、長かった冬が終わりを告げ、桜咲く春がやってきましたね。

東京という街は本当に桜に埋め尽くされた街で、およそほかの都市でここまで、「あっち見てもこっち見ても桜」という街はないと思うのですけれども、トッパンホールの近くにも、あちこちに桜の名所がございます。

ひとつはココ、播磨坂。
20140327_1.jpg

あれれ、暗いようでございますね(笑)。

日が暮れてから通りがかりましたところ、ツボミはまだ固いながら、花見客を迎える準備は万端でしたので、パシャリと。

トッパンホールの裏手、春日通りへと続く坂道を登り、池袋方向に少々行ったところが播磨坂。近くに、松平播磨守の上屋敷があったことにちなみ、この名がついたとか。

坂いっぱいに植えられ、丁寧に育てられた立派な桜たちは、満開ともなりますとそれは見事に華を競うのですが、その素晴らしさに見合うほどの知名度はないためか、さほど混雑を気にすることなくゆったりとお花見を楽しめます。桜並木の真下が公園のようになっていますので、シートをひろげてじっくり花見をするのもよし、道路を挟んだ対岸をそぞろ歩きながら、刻々と色合いを変える景色を堪能するのも風情があります。


続いては江戸川公園!

日々断捨離を実践しているワタクシにしては珍しく、手元に去年の写真が一枚だけ残っておりました。

20140327_2.jpg

神田川の両岸、川面に迫り出すようにして植えられた桜が、江戸川橋の交差点から椿山荘の通用口までたっぷりと続き、例年たいへん賑わいます。トッパンホールを出て目白通りを池袋方向に直進、江戸川橋交差点までたどり着くと、息をのむほどの見事なランドスケープが目に飛びこんでまいります。この交差点にかかっている橋が「江戸川橋」ですが、その江戸川橋からの素晴らしい眺め、ぜひみなさまにも楽しんでいただきたいものです。


そして、桜の季節に飯田橋駅からトッパンホールにいらしたことのあるお客様はご存じかと思いますが、飯田橋駅から四ッ谷駅まで続く外堀通りの桜並木は、日本を代表する桜の名所でしょう。先日の大雪の重みに耐え切れず、枝が折れてしまった桜も少なくないようですが、あれだけの数の桜が争うように咲き誇る様は、今年も訪れるものの心を打つに違いありません。

そして、忘れてはいけないのが、我らがトッパン小石川ビルの公開空地。トッパンホールを出て30秒で到着するパラダイス(笑)。
今はまだ、こんな状態ですが・・・・
20140327_3.jpg


満開になりますと、なかなか壮観でありますし、間違いなく穴場、というかむしろ大穴のダークホースでありますからして、平日はまだしも、休日に混雑する心配はございません(笑)。どなたでもお立ち寄りいただけますので、ぜひぜひ、足を運んでみてくださいね。


今年もみなさんにとって、素敵なお花見イヤーとして心に刻まれる年となりますように。

Copyright 2002-2017 TOPPAN HALL. All Rights Reserved.