トッパンホールスタッフが最新情報をお届けします!

TOPPAN HALL Official Blog

TOPPAN HALL

2018年3月アーカイブ

桜舞う・・・

2018年3月30日 金曜日 MAGI Casper | | ホールよもやま話

みなさま、こんにちは。MAGIです。

例年より少し早めのお花見シーズンを迎えていますが、もうお楽しみになられましたか?

トッパンホール裏手の広場にある桜も満開。

今週はちょっと行き詰ると事務所を抜け出し、桜を眺めてリフレッシュしていました。

風に揺られ、ハラハラと舞う花びらがともてきれいでしたよ。

20180330.jpg

トッパンホール周辺には、椿山荘をはじめ江戸川橋公園や播磨坂のさくら並木など、桜の名所がたくさんありますので、ぜひお花見にお立ち寄りください。

さて、こうしてスタッフの日常をつらつらと綴ってきたオフィシャルブログですが、じつは今回が最終回。

2008年4月にスタートしたので、ちょうど10年、お付き合いいただきました。振り返ってみますと、最初のころは楽しい話題をお届けしようと必死でネタを探し(笑)、たどたどしい文体ながらもみんな一生懸命だったなぁ・・・と。(あっ、いまもモチロン一生懸命です!)

みなさまに少しでもお楽しみいただけていましたら、ブログスタッフ一同、とても嬉しく思います。

ブログの更新はこれで終わりとなってしまいますが、今後は公式Twitter(@toppanhall)などを活用して、引き続きみなさまと繋がっていけたらと思っていますので、Twitterのほうも、ぜひぜひチェックをお願いします!

長らくトッパンホール通信をご愛顧いただき、誠にありがとうございました!!

バックヤード奮闘記

2018年3月29日 木曜日 ボンジュール小石川 | | ホールよもやま話

3月25日、「シュニトケ&ショスタコーヴィチプロジェクトⅡ」の舞台袖でのこと。

オーケストラメンバーの方から、

「今日は転換がたくさんあって大変ですね、いつもは奏者を送り出したらそのままですものね・・・! ありがとうございます」

というねぎらいの言葉をいただきました。

そうなんです!

トッパンホール主催公演は、ソロか、デュオか、最大でクインテットくらいの編成であることがほとんど。バロックオーケストラのような大編成も年に数回登場しますが、立奏がほとんどで、曲ごとに椅子やピアノを大幅に配置転換するのはほとんど初めての経験! 3日間のリハーサル中、われわれスタッフも転換の練習をそれなりに重ねてはおりましたけれども、本番中は終始緊張感に包まれ、心のなかでは次を心配するあまりずっとザワザワ、アワアワしておりました(笑)。

そんななか、出番直前の奏者さんからいただいたねぎらいのお言葉、大変うれしく感じたしだいであります。

ねぎらいの言葉といえば。

マエストロ井上道義さんのアイデアで、《モーツ-アルト・ア・ラ・ハイドン》のために急遽用意した大きなモーツァルトリキュールの小道具(笑)。これをマエストロがとても気に入ってくださって、お帰り際にあたたかいねぎらいの言葉を頂戴しました~。


転換その他の手伝いのためヘルプで入ってくれていた貸しホール担当のスタッフが、本番当日に急ぎ美しく切り貼りしてつくりあげてくれたモーツァルトリキュール。なかなかの輝き具合で悪くないできですよね!?

もし再演することがあれば、その際にもぜひぜひ使っていただけるよう(笑)、大切に保管しておきます!

20180329.jpg

「文京」今昔めぐり

2018年3月13日 火曜日 水たま子 | | ホールよもやま話

みなさま、ご無沙汰しています。水たま子です。

くまポン同様、寒い冬の休日は、つい家に篭りがちの私。

ひと通りの家事を終えたあとにヒーターの前でぬくぬくしながら、スマホアプリの「江戸時代と現代を重ねて見られる地図」を眺めるのが日々の楽しみ。このアプリを使うと、現在の町の区画や道路が江戸時代の大名屋敷や川と大きく関係していることがとてもよくわかるんですよ!「この公園、なんで三角形なんだろう」と思っていた場所にピタッと大名屋敷のとがった角が嵌ると、「ほぉ~!!」と声が出てしまいます(笑)。


さて、水たま子が以前から気になっていたトッパンホール付近を見てみましょう。ホールの裏手にある文京区立金富小学校に面してゆるく蛇行している道路です。この道路の片側には急な勾配の上り坂があるんですが、なんだかアヤシイ・・・。早速、江戸時代の地図を重ねてみると・・・やっぱり!! 川でした。神田上水と書かれています。江戸川橋付近で神田川を分岐させ、小日向台地の裾の形状に沿って水戸徳川家の庭園(後楽園)へと繋がっていたようです。なるほど、スッキリしました~!!

他にも川の痕跡があるのでは?と気になってきた私、護国寺方面まで視線を移動してみることに。すると、護国寺正門前の参道(現在の音羽通り)を挟むように両側に弦巻川、水窪川(音羽川)と2本の川が流れていたことがわかりました。

これを見て、ふと幼少期のこと思い出しました。確か、首都高の下に黒っぽい川が流れていて、橋を渡った先の病院に通っていたのですが、あの黒い川は弦巻川だったのですねぇ・・・。

どちらも現在は完全に暗渠になっていますが、弦巻川は首都高速5号線に沿うように、水窪川は音羽通りの1本裏に道路として川の跡を残しているようです。

ついでにもう少し突っ込んで調べてみたところ、元々、弦巻川は護国寺前を横切って水窪川に合流、1本になって神田川に注いでいたのですが、護国寺が参道を作るにあたり、参道の両側に流れるよう付け替えられたそうです。そして、水質が良かったため、江戸時代後期はこの周辺では紙漉き業が盛んだったとのこと。きっと、今とは全く違う景色だったのでしょうね。

トッパンホールのある文京区は水戸徳川家をはじめ大名屋敷が多く、他にも徳川家康のお母様が眠る伝通院や徳川慶喜が最期を迎えた地など、歴史の重要ポイントが点在していて、まだまだこのアプリで楽しめそうです! もう少し暖かくなったら、アプリ片手に江戸時代の景色や暮らしを思い描きながらお散歩に出てみようかな。


そうそう!トッパンホールの立地は斉藤伊豆守のお屋敷跡のようです。

斉藤伊豆守・・・歴史は嫌いではないけれども得意ではない水たま子・・・ごめんなさい、わかりません!!時間ができたら調べてみま~~~す!!!

美味しい記憶

2018年3月 2日 金曜日 くまポン | | ホールよもやま話

こんにちは、くまポンです。窓辺にあたたかな日差しがふりそそいでいます。まもなく桜の季節ですね。
毎年、冬は家に引きこもって熱燗をすするか、たまに雪山へ出かけるくらいのくまポンですが、今年はよしっ!と気合を入れて、ヨーロッパ旅行に行ってきました。

行き先は散々迷った末に、スペインとイタリアに決定。

理由はバル巡り&食べ歩きがしたいから(笑)

初めてのヨーロッパ旅行に不安と緊張でいっぱいでしたが、教科書で学んだ荘厳な建物、映画やテレビで観たことのある、はるか昔から続く美しい街並みを目の当たりにするうちに、気持ちがフワフワと軽やかに。もっとたくさん観たい、知りたいとワクワクしっぱなしの滞在となりました。

心配していた言葉の壁も、挨拶と少しの単語(お食事がらみの単語ばかり・・・)しか覚えていかなかったので、失敗することも多々ありましたが、ほとんどの方々が根気強く理解しようと耳を傾けてくれ、そうして心が通じた瞬間は魔法が使えたような嬉しい気持ちになりました。

街中は、基本的に通りの名前が建物に書いてあるので、道に迷うことはなかったのですが、やや方向音痴のくまポンとしては、さらに用心してスマートフォン片手にグー○ルマップを駆使したことで、安心して旅を楽しむことができました。インターネットって本当に便利です☆

さて、今回の旅の一番の目的であるグルメ!!

くまポン的おいしかったものベスト3をご紹介しますので、少しだけお付き合いください。

第3位 マルゲリータ@ナポリ
20180302_1.jpg

絶対食べたかったもののひとつ、ナポリのピザ!

ひとり1枚が基本のようで(小さな男の子もフォークを上手に使い、ひとりで1枚食べていました)、食べきれるかやや不安でしたが、問題なくペロリとたいらげました(笑)。ピザの上に乗っているブッファラ(水牛のモッツァレラチーズ)は、とにかく新鮮! クニクニと不思議な食感でした。

第2位 カルボナーラ@ローマ
20180302_2.jpg

お店の前で躊躇していたところ、常連さんらしき地元の方に、「ブラッビッシモ!!」と、背中を押してもらい入ったお店で食べたカルボナーラ!

絶妙な塩加減でとってもおいしかったです。モチモチのパスタが目の前に置かれ、待ちきれず食べ始めたところ、ちょっと待って!と店員さんが大きなミルをもってきて、胡椒をゴリゴリゴリ。卵とチーズのまろやかさと胡椒の刺激の相性の良さに、ついついお酒が進む♪ デキャンタワイン(フルで1ℓ)をひとりで空けてしまいました。

第1位 トルティージャ@バルセロナ
(食べかけの写真ですみません)
20180302_3.jpg

いわゆるスペイン風オムレツなのですが、こんなにとろけるオムレツは初めて食べました! 卵の中に練りこまれたポテトが甘く柔らかく溶け、その上に乗ったスペイン名物アリオリソースのにんにく味があとからピリッと舌に感じます。この味を、家でなんとか再現できないか挑戦中です。

*おまけ
20180302_4.jpg

乗り継ぎで利用したパリ=シャルル・ド・ゴール空港で、回転寿司を発見! カレーや焼きそば、揚げ物中心の巻物、少し遅い時間だったので品切れだったのか、握りはサーモンしかありませんでした。お寿司を握る&食べているなかに日本人はほかに誰もいないという、なんだか不思議な体験でした。

帰国後も、一度目覚めた食欲はなかなかおさまらず、イタリアンやらスペイン料理やらお店巡りに勤しんでいます。トッパンホールから少し足を伸ばした神楽坂にも、魅力的なお店がたくさんあるものの、まだまだ開拓しきれていません。みなさまもコンサートの帰りにぜひ街めぐりを楽しんでみてください。オススメのお店がありましたら、くまポンにも教えてくださ~い!

Copyright TOPPAN HALL. All Rights Reserved.