トッパンホールスタッフが最新情報をお届けします!

TOPPAN HALL Official Blog

TOPPAN HALL

ホールよもやま話: 2013年8月アーカイブ

異文化体験 その4―消える人

2013年8月22日 木曜日 春 | | ホールよもやま話

夏休みを海外で過ごすというと、楽しいことばかり想像しがちですが、こんなトホホな経験もあります。

 

乗っていた飛行機が「ガス欠」・・・(!!!)

 

えっと、もう少し正確に言い直しますと・・・こんな感じです。

乗っていた飛行機が、飛行中、当初の試算に反し、目的地に到着する前に燃料が尽きてしまうであろうと、パイロットが予測判断したため、目的地よりも手前の都市の空港に緊急着陸することになった、です。

ニューヨークから成田へ向かう便でした。たっぷり14時間かかる長距離線。半分過ぎた頃にはすでに、何をしていても退屈で嫌になってきます。それでも何とか気を紛らわし凌いで、そろそろ日本列島へ近づく頃かと思われたそのとき、機長からのアナウンス。

 

「カクカクシカジカで、札幌新千歳空港に緊急着陸することになりました。

 給油してから成田へ向かいます・・・」

 

もうそろそろ、座りっぱなしの姿勢から開放されると思っていたところだったので、がっくりでした。

 

また、運悪く、にぎやかな団体客に囲まれた席。緊急着陸が発表されてから、ヤンヤ、ヤンヤの大騒ぎが始まりました。成田で乗り継ぎを予定している人たちにとっては不安でしょう。でも騒いでも何も変わらないのに・・・。静かに時を送りたい私としては、どこかに消えてしまいたい、という心境に陥りました。

そんな中、本当に消えてしまった人々がいたのです。

 

新千歳空港に着陸する前の安全確認を済ますと、客室乗務員の方々はパタリと姿を消してしまいました。空港では、給油のみ。ドアは開けられず、乗客は機内で待機させられました。どれだけ待つのかも知らされないまま、数時間が過ぎました。ようやく、機長からのアナウンス。

 

「給油は終えましたが、成田へ飛ぶ順番がしばらくまわってきません」

 

札幌=東京は、世界でも有数の混雑路線。定期便だけでもパンパカパンなのに、ガス欠便が横入いりする余裕はないと!ガマンも限界ではありましたが、ひたすら待つしか無いのでした。

 

そんな中、客室乗務員はまったく姿を見せませんでした。航空会社の取り決めなのか、たまたまそういうクルーのチームだったのか・・・。事情はいろいろあるでしょうけれど、こういうときこそ、飲み物+飴+笑顔の効果が期待されるのにね。

 

ようやく機体が滑走路へ向かって動き出した時、客室乗務員がやおら姿を現しました。長時間、乗客を放置し、いったいどこに隠れて何をしていたのかは、謎のままです・・・。

念のために言っておきますが、これは日本の航空会社ではありません。ので、プチ異文化体験でした。

かくして、予定の倍近くの時間を要し、飲まず食わずで成田にたどり着いたときは、ヘロヘロ、フラフラ、ホウホウのテイでした。

あー疲れた、でも、無事でよかった!

夏、デビューしました。

2013年8月14日 水曜日 ボンジュール小石川 | | ホールよもやま話

日傘買いました。

正確に言うなら、晴雨兼用の折り畳み傘です。
前から欲しかったのですが、あまりにもラヴリーな、レース飾りがヒラヒラついたようなのはさすがになんとなくためらわれるし、かといって銀色やら真っ黒やらの、紫外線遮断のためだけに作りました的実用一辺倒の「男の日傘」っていうのも抵抗があって、なかなか購入にはいたらなかったのですが、考えてみれば美白のためというよりはこの恐ろしい暑さを少しでもやわらげるため、さすことで日陰ができればそれこそ里芋の葉っぱでもいいくらいなのだからして、だったらUVカット率99%の宇宙服みたいな傘でなくて構わないし、日傘のイメージを体現したようなレーシーでマダムンムンなものである必要性もないし、なんなら雨傘でも充分なわけですよ。

と、男が日傘をさすことに根強い抵抗感がある世間(と自分)への言い訳を縷々ココロの中に綴ったのちに、思い切ってコレ!
舶来モノの折り畳みをご婦人用雑貨店(笑)で購入いたしました!

20130814.jpg

カワユス。

さっそく、朝の通勤のときはもちろん、日課の昼休みの散歩の際にもさしているのですが、、、

なんて涼しい・・・。

ときおり、堅牢な性差別的価値観に支配されている風の老若男女からの、「こいつ男のくせに軟弱にも日傘なんてさしやがって」という視線を感じないわけではありませんが、ふん、そんな古い価値観とはアタクシ、とっくにおさらばしましたワ、オホホホ!(←ヤケクソ)(しかも、とっくにったって数週間前)

いやもちろん、このような酷暑ですので、日傘をさしたところで暑いのは暑いんですけれども、例年暑さのあまりひきこもっていた昼休みに、散歩に出られるというだけでワタクシ的には万々歳!
噂では、東南アジアのような灼熱の国では男性も普通に日傘を愛用しているというし、それこそクーラーが登場する前のニッポンでは、紳士たちは日傘で暑さをしのいでいたとかいないとか。

みんなでさしたら怖くない。この夏、日傘デビューしようぜ!

残暑お見舞い申し上げます。

2013年8月 9日 金曜日 蛍子 | | ホールよもやま話

皆さま、こんにちは。
ここ東京・小石川、昼間はカンカン照りで夏真っ盛りという感じ。
でも暦の上では「立秋」を過ぎているんですね、気づいたら。というわけで・・・
残暑お見舞い申し上げます。

トッパンホール主催公演シーズンも多くの方のお心に支えられてまた一巡り。
8月2日のランチタイムコンサートをもって2012/2013シーズンの主催公演が全て終了いたしました。《秋、怒濤の弦》にはじまり《ル・プロジェ・エマール》など濃密な秋を経て、日下紗矢子を筆頭にホールゆかりの若手が集合したニューイヤーコンサート。冬、ついに始動したハーゲン・クァルテットのベートーヴェン弦楽四重奏曲全曲演奏会。香り立つベテラン前橋汀子が華やかに春の訪れを告げ、若手日本人の活躍も印象的だった、初夏から夏へのラストスパートと・・・終わってみれば今年もあっという間の1年。

さて、突然ですが。
ちょうど夏休みを取られる方も多いであろうこの時期、皆さまはどんな風にお過ごしでしょうか?

A.とことん暑さと向き合う→海だ!山だ!!灼熱の太陽に身をまかせるコース
B.涼しい季節に思いを馳せる→芸術の秋を待ちながら心静かに過ごすコース

Aを選んだ皆さま・・・いってらっしゃい!
熱中症にだけは気をつけてお過ごしください(超インドア派の私ゆえ、具体的なご提案ができそうにありません・・・)。

Bを選んだ皆さまには、トッパンホール新シーズンのラインナップを。

おかげさまでチケット発売早々に完売という公演もありますが、聴き応えたっぷりの注目公演が続々の秋です。

なかでもトッパンホール4度目の登場となるダニエル・ホープ(vn)。

第二次世界大戦中、頽廃音楽として演奏することを禁じられた作品に光をあて、その音楽が持つ真の魅力を伝える〈禁じられた音楽〉。メンデルスゾーン、シュルホフそしてガーシュウィンへ―普段なかなか同時に聴くことができないような曲が並びます。彼自身の思い入れ深いこのプログラムを際立たせる、抜群のテクニックと非凡な感性は圧巻!この秋必聴の一公演です。

10/15(火)ダニエル・ホープ公演の詳細はこちら>>>

今月末発行予定のトッパンホールプレス最新号ではホープのインタビュー記事を掲載していますので、こちらもどうぞご一読ください。

さて最後に涼しさのおすそ分け。

毎年、暑さのなかで出会う都会の真ん中の「涼」。

今年も貼り付いて見学してみました、パチリ。
20130809_1.jpg

水槽越しの横断歩道、高層ビル。
20130809_2.jpg


行き交う人を見つめる魚のキモチになって一言。

「暑いなか、皆さんお疲れさま・・・」

Copyright 2002-2017 TOPPAN HALL. All Rights Reserved.