トッパンホールスタッフが最新情報をお届けします!

TOPPAN HALL Official Blog

TOPPAN HALL

ボンジュール小石川: 2010年4月アーカイブ

和みの瞬間

2010年4月30日 金曜日 ボンジュール小石川 | | コンサート情報

4/24のティル・フェルナー公演。

回を追うごとにたくましく成長してゆくフェルナーの演奏は、ピアノ・ソナタ全曲を、じっくりと時間をかけながらも、通して「弾くこと・聴くこと・味わうこと」の喜びを心から感じさせてくれる特別な体験。

正統派ななかにも独特の遊び心が隠されたユーモアたっぷりの演奏ながら、常にそのテンションは緩むことがないので、思わず知らず、聴きながら手に汗を握ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?(ボンジュールもまさしくそのひとり)。

 

そんな、知らず知らず緊張している聴き手の心を「ふっ」と軽くしてくれるのが、全7回のツィクルスのなかで2回だけ演奏された「アンコール」!

 

24日に演奏された、可愛らしく美しいソナタ20番では、曲そのものの魅力はもちろんですが、みなさまお楽しみ、ティルさん本人によるニホンゴでのゴアイサツで、一気に空気が和みました。

 

「ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン、ノ、ピアノ・ソナタ、オーパス よんじゅうくの、2、をヒキマス」

 

和みますよね。

 

そんな和みの場面ですが、真剣な面持ちでマネージャーさんと発音の練習を重ね、胸元にいざという時のためのアンチョコを忍ばせて、決死の覚悟(?)で挑んだ、ティルにとっては大舞台でもありました。

 

演奏はもちろんのこと、ニホンゴでのご挨拶も無事にこなせて、ほっとした面持ちのティル・フェルナー。客席で思わず微笑をもらしながら、ますますティルくんのファンになられた方も多いのでは?

 

お人柄がにじみ出る、素敵なひとこまでした。

 

p.s. トッパン小石川ビル周辺は、ツツジが見ごろを迎えています。ピンクの花がいっせいに咲き誇るその姿は、毎年思いますけれども、なかなか圧巻ですよ♪

 

  Image200.jpg

春から初夏へ・・・旬のモノ

2010年4月14日 水曜日 ボンジュール小石川 | | ホールよもやま話

みなさまこんにちは、ボンジュール小石川です。

 

寒かったり暑かったり、暑かったり寒かったり、日々の気温差がカラダにこたえる日々が続いておりますが、みなさまお元気でお過ごしでしょうか。

 

ブログからとんとご無沙汰しております間に、東京は無事桜餅のシーズンを終え、間もなく柏餅のシーズン。

月日のたつのは早く、うかうかしていると季節の和菓子を食べはぐってしまいますネ。

ゆめゆめお菓子の旬を逃されませんよう、お気をつけください。

 

誰にも訊かれてませんが、念のため申し添えておきますと、ボンジュールが一番愛している和菓子は、赤福餅です☆

地元奈良では、普通にその辺の駅の売店で売られていたりするので、ときどき、お昼ごはん代わりにひと箱たいらげていたりもして(ときどきですよ、ときどき!)(さらには8個入りであって12個入りとかじゃないですよ!)、「パンが無いなら赤福をお食べ?」くらいな勢いでしたが(?)、東京ではそうも参りませんね。

寡聞にして、東京で赤福餅が買えるという話を聞いたことがありません。

それだけに、わたくしのような満たされぬ思いを抱いた赤福ラヴァーが東京では散見されまして、とりわけ関西出身者に多いように感じておりますけれども、純粋にして熱心な赤福信者はもちろん、アンコはダメでも赤福は好き、みたいな、やや倒錯した赤福マニアまで、たくさん棲息していて、心強い限りです。

 

なんの話でしたか。

 

まもなく5月、柏餅の季節だよ、と、ただそれだけの話でした。

 

ちなみに、やっぱり訊かれてませんけれども念のため申し添えておきますならば、わたくしが愛する柏餅は、「赤福」と並ぶ関西の和菓子ガリバー、「たねや」の柏餅。

これは、けっこう東京でも手に入る品ですので、みなさまぜひどうぞ。

 

追伸:念のため調べてみましたら、運送手段の発達しました昨今、店舗はなくても通販はあるようで、東京でもお取り寄せは可能なのでありました。そりゃそうですよね・・・・。ま、フランスで飲むワインがニッポンで飲むよりそれらしいように、きっと関西で買ってこその味わいなんでありましょう。

Copyright 2002-2016 TOPPAN HALL. All Rights Reserved.