トッパンホールスタッフが最新情報をお届けします!

TOPPAN HALL Official Blog

TOPPAN HALL

ボンジュール小石川: 2013年3月アーカイブ

ボンジュール、キラリ☆ふじみへ行く!

2013年3月13日 水曜日 ボンジュール小石川 | | ホールよもやま話

たいへんご無沙汰しております・・・。ボンジュール小石川です。
もうすぐ新年度を迎える、もうすぐ桜が満開の季節を迎える、そんな時節に、

(小声)あけましておめでとうございます(小声閉じ)

今年もよろしくお願いします♪

さてさて、私がぐぅぐぅ冬眠している間にも、トッパンホールでは〈ニューイヤーコンサート〉や、ハーゲン・クァルテットによる〈ベートーヴェン弦楽四重奏曲全曲演奏会〉前編など、充実の主催公演をお届けしてまいりました。
3月はいったん小休止、4月以降の公演に向けて準備を重ねているところですが、4月14日(日)に登場するのは、ヴァイオリンの前橋汀子さんです。日本のヴァイオリン界のパイオニアとして、バイタリティーに溢れた演奏家人生を歩んでこられた前橋さんは、昨年、演奏活動50周年を迎えられました。
トッパンホールの公演では、前橋さんのルーツともいえる「ロシア」に焦点を当て、ピアノ・トリオの傑作を集めたプログラムとなっていますが、それに先駆け、演奏はもちろん、前橋さんの歩んできた歴史と素敵なお人柄にもスポットを当て、立体的に「アーティスト前橋汀子」を紹介する公演が、埼玉県富士見市民文化会館(キラリ☆ふじみ)にて開催されました。
これは、キラリ☆ふじみの主催公演なのですが、我らがトッパンホールのプロデューサー、西巻が企画段階から参加。わたしたちスタッフも、公演作りをお手伝いさせていただきました!

聞き手を務めたのは、前橋さんと同時代を生き、常に憧れてきたと語る、俳優の林隆三さん。林さんと前橋さんは、前橋さんの多面的な魅力を短時間でみなさまにお伝えするべく、幾度も打ち合わせを重ねての本番となりました。
たくさんのお客さまをお迎えしての本番は、堂々たる前橋さんの演奏、憧れのマドンナを前にしてどこか初々しい林さん、それぞれの魅力をたっぷり味わえる公演となりました。
その裏方のお手伝い、日頃はホールにこもって活動しているわたしたちにとっても初めての試みで、試行錯誤することもありましたが、たくさん勉強をさせていただき、貴重な貴重な体験となりました。

20130313_1.jpg
本番前の打ち合わせ。左の隅が林隆三さん、右端が前橋汀子さんです。

20130313_2.jpg
富士見市民文化会館は、「キラリ☆ふじみ」の愛称で市民のみなさんに愛されています。
とても雰囲気のあるホール!

4月、トッパンホールでのリサイタルも皆さま、どうぞご期待ください。
4月14日(日) 前橋汀子(ヴァイオリン)

Copyright 2002-2017 TOPPAN HALL. All Rights Reserved.