トッパンホールスタッフが最新情報をお届けします!

TOPPAN HALL Official Blog

TOPPAN HALL

ボンジュール小石川: 2014年3月アーカイブ

ボンジュールの桜だより

2014年3月27日 木曜日 ボンジュール小石川 | | ホールよもやま話

この冬は寒かったね!


なんて言われても、冬はどのみち寒いものですので例年比でスペシャルに寒かったのかどうかはよく分からなかったりするわけですが、去年の今頃には盛りを過ぎて早くも散り始めていたらしいソメイヨシノが、今年はまだほころんでいるようないないような状態なのを眺めるにつけ、確かに今シーズンは寒かったようですなーと得心いたします。

それでも、ようやく、長かった冬が終わりを告げ、桜咲く春がやってきましたね。

東京という街は本当に桜に埋め尽くされた街で、およそほかの都市でここまで、「あっち見てもこっち見ても桜」という街はないと思うのですけれども、トッパンホールの近くにも、あちこちに桜の名所がございます。

ひとつはココ、播磨坂。
20140327_1.jpg

あれれ、暗いようでございますね(笑)。

日が暮れてから通りがかりましたところ、ツボミはまだ固いながら、花見客を迎える準備は万端でしたので、パシャリと。

トッパンホールの裏手、春日通りへと続く坂道を登り、池袋方向に少々行ったところが播磨坂。近くに、松平播磨守の上屋敷があったことにちなみ、この名がついたとか。

坂いっぱいに植えられ、丁寧に育てられた立派な桜たちは、満開ともなりますとそれは見事に華を競うのですが、その素晴らしさに見合うほどの知名度はないためか、さほど混雑を気にすることなくゆったりとお花見を楽しめます。桜並木の真下が公園のようになっていますので、シートをひろげてじっくり花見をするのもよし、道路を挟んだ対岸をそぞろ歩きながら、刻々と色合いを変える景色を堪能するのも風情があります。


続いては江戸川公園!

日々断捨離を実践しているワタクシにしては珍しく、手元に去年の写真が一枚だけ残っておりました。

20140327_2.jpg

神田川の両岸、川面に迫り出すようにして植えられた桜が、江戸川橋の交差点から椿山荘の通用口までたっぷりと続き、例年たいへん賑わいます。トッパンホールを出て目白通りを池袋方向に直進、江戸川橋交差点までたどり着くと、息をのむほどの見事なランドスケープが目に飛びこんでまいります。この交差点にかかっている橋が「江戸川橋」ですが、その江戸川橋からの素晴らしい眺め、ぜひみなさまにも楽しんでいただきたいものです。


そして、桜の季節に飯田橋駅からトッパンホールにいらしたことのあるお客様はご存じかと思いますが、飯田橋駅から四ッ谷駅まで続く外堀通りの桜並木は、日本を代表する桜の名所でしょう。先日の大雪の重みに耐え切れず、枝が折れてしまった桜も少なくないようですが、あれだけの数の桜が争うように咲き誇る様は、今年も訪れるものの心を打つに違いありません。

そして、忘れてはいけないのが、我らがトッパン小石川ビルの公開空地。トッパンホールを出て30秒で到着するパラダイス(笑)。
今はまだ、こんな状態ですが・・・・
20140327_3.jpg


満開になりますと、なかなか壮観でありますし、間違いなく穴場、というかむしろ大穴のダークホースでありますからして、平日はまだしも、休日に混雑する心配はございません(笑)。どなたでもお立ち寄りいただけますので、ぜひぜひ、足を運んでみてくださいね。


今年もみなさんにとって、素敵なお花見イヤーとして心に刻まれる年となりますように。

ボンジュール、キラリ☆ふじみへ行く!

2014年3月 4日 火曜日 ボンジュール小石川 | | ホールよもやま話

埼玉県富士見市民文化会館「キラリ☆ふじみ」が、年に一度、こだわりの室内楽プログラムをお届けする「キラリふじみ・コンサートシリーズ」。トッパンホール企画制作部長の西巻がプロデューサーを務め、ほかでは聴けない一期一会の公演を展開しています。昨年スタートしたこの企画の第1弾を飾ったのは、ヴァイオリンの前橋汀子さんによるリサイタル。俳優・林隆三さんを聴き手にお招きしての笑いの絶えないトークと、エネルギーほとばしる渾身の演奏とを組み合わせた、演奏生活50周年の節目の年に相応しい充実したステージとなりました。


シリーズ2回目となる今年は、「ベテランの現在地」に触れた昨年とは好対照、「若い」という形容詞では物足りないくらいに若い、「超若い!」3人の実力派アーティストが贅沢に競演する、その名も《金子三勇士vs山根一仁 with 北村朋幹 日本の俊英―火花の「競演」・友情の「共演」》です!

3人が集っての綿密な前日リハーサルを経て、いよいよ本番当日。中庭の池では、黒いカモちゃん(たぶん)がピョコリンと軽やかに迎えてくれます。
20140304_1.jpg

客席に入ると、予定時間より早く会場に入られた山根さんがバッハの無伴奏をリハーサル中。
響きの美しいホールで、照明もキリリと引き絞られ、練習であるにも関わらずあっという間に聴き手を夢幻のバッハの世界へと誘う、山根さん。さすがです。
20140304_2.jpg

北村さんが加わってのデュオでは、ラヴェルの《ツィガーヌ》でピアノにひと工夫。
20140304_3.jpg

ピアノ内部に特殊なアタッチメントをつけることで、ロマの民族楽器ツィンバロンの音色を模した表現を可能にする「ピアノ・リュテアル」。パリにおける初演では、ラヴェル自身がリュテアルを使って演奏しています。このコンサートでは、北村さんのアイデアで、リュテアルの響きを手作りのアタッチメントで再現。ピアノのまろやかな音色が、哀愁を帯びたツィンバロンのような響きへと瞬時に変化する、魔法のような演奏が繰り広げられました。
20140304_4.jpg

こちらは、アタッチメントの様子。リハーサルでは少々効果が物足りなかったため、よりアタッチメントが効果的に作用するよう、急遽コインで重さを付加してバージョンアップ。本番では、変幻自在に繰り広げられる幻想的な音色を存分にお楽しみいただけたのではないでしょうか。

金子さんも加わってのアンコール(プロコフィエフのバレエ組曲《ロミオとジュリエット》から、北村さん編曲による〈情景〉[世界初演!])、金子さんソロのリハーサルが終わる頃には、パンフレットの準備も万端です!
20140304_5.jpg

客席には、熱心に耳を傾けてくださるお客様が集い、とても素晴らしい雰囲気のなか、若き俊英による熱い競演が繰り広げられました。リスト、バッハ、バルトーク―時に激しく、時に典雅に、金子さんのピアノももちろん冴えまくりでありました!

終演後のサイン会も大盛況、2階廊下からパシャリ・・・・。
20140304_6.jpg

素晴らしいお客様と、キラリ☆ふじみのスタッフのみなさまのあたたかいおもてなし、そして若い3人の本気の演奏で、とても実り多い公演となりました。

来年1月には、クラリネットの四戸世紀さん、ヴィオラの原麻理子さん、ピアノの島田彩乃さんによる第3弾がラインナップ! 豊かな時間が流れるキラリ☆ふじみでの演奏会に、来年はぜひ、みなさまもいらしてくださいね。

Copyright 2002-2017 TOPPAN HALL. All Rights Reserved.