トッパンホールスタッフが最新情報をお届けします!

TOPPAN HALL Official Blog

TOPPAN HALL

ボンジュール小石川: 2015年2月アーカイブ

ボンジュールのお散歩紀行[小石川編]

2015年2月 6日 金曜日 ボンジュール小石川 | | ホールよもやま話ボンジュール小石川

光陰は矢の如しなどと申しますが、昨今の月日の流れの速さは、むしろ矢のスピードを軽く凌駕して音速に迫っておるのではないかと疑いたくなるほどで、ついこの間までクリスマス色に染まっていたボンジュールの心は、お正月を駆け抜け、恵方巻を飲み込み、早くもお花見色に染まりはじめております。


みなさまいかがお過ごしですか。

(あけましておめでとうございます)


こうやってアタフタと日々を過ごしておりますと、どうしても失われていくのが心の余裕。

心身のバランスを欠いた状態では、よいお仕事もできませんでしょうから、今日も張り切ってお散歩にでかけ、スカっとリフレッシュしてきます(サボっているわけではありません)。


まずは梅の香りが芳しい牛天神さま。

20150206_1.jpg

梅を愛した菅原道真公を祀る天神さまには、やはり梅の花がお似合いです。

20150206_2.jpg

東京で梅が開花してから10日あまり経ちますが、雪模様の寒さが続き、満開まではもうひと息というところ。それでも、甘酸っぱく濃厚な香りがあたり一面艶やかに漂い、つかのまアロマテラピー気分を堪能できます。

梅の香りの主成分は、ジャスミンと同じベンジルアセテートということで、そういわれてみれば、清楚な中にも官能的な香りはジャスミンと通じるものがあるかもしれませんね。


(ジャスミンのお花見たこと無いけど)


コロコロとまんまる可愛い、ウグイス色したメジロちゃんたちが、梅の蜜の風味に恍惚となりながら、きゃっきゃウフフきゃっきゃウフフと戯れあう姿を5分ほど無心で眺めましてから、さらに坂をあがって春日通りへ、茗荷谷方向に少しホールのほうに戻りますと、伝通院さまです。

20150206_3.jpg

わたくしのような西国出身の田舎者ですと、つい、「でんつういん」と読んでしまうのですが、こちらは由緒正しきデンズウイン。道路標識にもdenzuinとありますのでお間違いなく。数年前に長らく失われていた山門が再建され、ひろびろと清新な空気で包まれる境内を深呼吸しながら散策しておりますと、ふと、ワタシを呼ぶ声がする。


指が呼ぶ、指が呼んでる声がする、お兄さん、揉みましょう、疲れをとってあげましょう、って。

20150206_4.jpg

徳川家ゆかりの人物や柴田錬三郎先生などとともに、伝通院さまに眠っておられるのが浪越徳治郎さん。世界のSHIATSUの創始者として有名な浪越先生は、小石川で暮らし、そして小石川で亡くなったのですね。

1940年に創設したという指圧の専門学校は、伝通院さまのすぐ目の前。

いまでも、浪越先生がニッコリと微笑んでおられます。

20150206_5.jpg

小石川の地は、かめばかむほど味のでる素敵な散歩スポット。

今日もまた、新しい出会い(浪越先生と)がありました、うふふ。


さて、先生にエアー指圧をしていただいたおかげでだいぶリフレッシュもできました。

事務所に戻ってもうひと仕事、がんばってまいりまーす!

Copyright 2002-2017 TOPPAN HALL. All Rights Reserved.