トッパンホールスタッフが最新情報をお届けします!

TOPPAN HALL Official Blog

最近のブログ記事
TOPPAN HALL

蛍子: 2010年7月アーカイブ

大人の夏

2010年7月30日 金曜日 蛍子 | | ホールよもやま話

少し暑さが和らいでいるここ東京、ホッとするのも束の間「最高気温35℃」という明日以降の太陽いっぱいな週間天気予報に、恐れおののいている蛍子です。

 

学生の皆さんは夏休み真っ盛りで、毎日毎日笑いが止まらない季節到来でしょうか(受験生の方とかはそうはいかないと思いますが)。毎朝の通勤電車でも、ちょっとお疲れモードの私たち大人とは明らかに違う陽気な空気をまとったお子さまたちを見かけることが多くなりました。クルクル回ったり、ラッシュアワー時間帯には折り畳まれている電車の座席を「ねーなんで椅子ないのー?」とガタガタさせてみたり。ちょっと電車の中で浮いている感もありつつ、それは何だか癒される、微笑ましい光景、いやそれ以上にとっても羨ましい!子どもの頃の夏休みって、何だか毎日とっても楽しかったなぁとか思い出してみたりして。くたびれている場合ではない、大人だって楽しく夏を過ごさなくては!と思わされた通勤時のひとコマなのでした。

 

MAGIさんも先日のブログで書いていた通り、2009/2010シーズンのトッパンホール主催公演も、残すところ8/4のランチタイムコンサート(ヴァイオリンの成田達輝さん登場です!)1公演のみとなりました。10月からの10周年シーズン公演に向け、しばし主催公演はお休みとなりますが、今年も8・9月は熱闘甲子園ならぬ「熱闘トッパンホール」!日本音楽コンクール予選が行われます。 今年で79回目となる日本音楽コンクール、通称「音コン」。日本から世界へたくさんの素晴らしい演奏家を輩出してきた登竜門としても、皆さまよくご存知かと思います。今年トッパンホールで行われる予選は声楽、バイオリン、ピアノ、オーボエ、フルートの5部門。コンサートとはまた別の緊張感に包まれる客席には、審査員とともに熱心に演奏に耳を傾ける常連のお客さまも少なくありません。正しく「審査員」体験とでもいいましょうか、いつもとは違うトッパンホールをちょっと覗いてみませんか?未来のアーティストたちの才能をいち早くご自身の目と耳で発見する醍醐味。「私は○○さんが昔、音コンに出た時にトッパンホールで聴いたことがあるんだけど・・・」なんて何年か後に語っているかもしれません。

日本音楽コンクール情報についてはこちら>>>

 

音楽コンクールを聴きにいらしたら、是非あわせて訪れてみていただきたいのが、トッパンホールのお隣にある(同じトッパン小石川ビル1階)印刷博物館です。トッパンホールと同じく、印刷博物館も今年開館10周年を迎え、現在「開館10周年企画展 印刷博物館10年のあゆみ―文字と図像による印刷美」を開催中です(9/26まで)。ちょっと覗いてみるつもりが「時間が足りないっ!」となる方も多いと聞く見どころ満載の印刷博物館。この企画展の他にも、恒例となった「夏休み体験教室」などのイベントも行われています。小・中学生中心のイベント(もちろん大人の方の参加も可能)の中、蛍子もちょっと興味あるのが夏休み実験教室「寒天をつかって印刷してみよう」。手品みたいな印刷だそうです。 

印刷博物館の情報についてはこちら>>>

 

子どもに負けず、大人だって夏は元気!ということで、楽しい夏の計画のなかに是非トッパン小石川ビルも加えてみてくださいね。

生まれ変わります!

2010年7月 8日 木曜日 蛍子 | | ホールよもやま話

もう夏バテしてます、蛍子です。

爽やかな風が吹く高原に行きたい・・・

そんなことをボンヤリ思いながら、毎朝出勤している今日この頃です。

 

ぐったりしている蛍子が、ちょっと元気になったのは今日の午後のこと。

ブログを読んでくださっている方にだけ、突然にプチ速報なのですけれど、

この秋10周年を迎えるのを機に、レセプショニストの制服をリニューアルするべく、

いま着々と計画が進行しています!

詳細はまた別の形できちんとご報告したいと思いますが、実は今日の午後、

制服のサンプル第1号とご対面してまいりました。

 

デザイン画でしか見ていなかったデザイン、切れ端でしか触っていなかった生地。

それらが今日初めて実物となって蛍子の目の前に現れたのです。

 

感動。

 

まだホールスタッフも全員が見ているわけではないこのサンプル。

試着モデルのMAGIさんはじめ、スタッフの評判も上々。トッパンホールの雰囲気に

合った制服が出来上がりそうで、蛍子もとても楽しみです。 

デザインはもちろんのこと、生地の伸び、ポケットの深さ等々、機能性も重要なポイントです。

レセプショニストは、ご来場くださったお客さまにコンサートを心ゆくまで楽しんでいただけるよう

色々なことに目配り、気配りしているのですが、バタバタと走り回るようなことはなく、基本的には

ホールの壁に溶け込む程にさりげなく、そして美しく立っているもの。

 

が、しかし。

 

立っているだけでは仕事になりません。ある時は看板や、ポールパーテーションといった結構な

重量のものを力強く(そして美しく)持ち上げ、ある時は様々なご案内をするべくお客さまの元に

とても素早く移動したり(走ってはいけないのです、あくまでも静かに・・・)と、おそらく皆さんが

思っているより運動量が多い、それがレセプショニストの仕事なのです。

そんなわけで、制服には「静かに立っている時に美しい」だけではなく、「伸縮性や耐久性を兼ね

備えた美しい」デザインが求められます。これから様々なケースを想定して機能面をチェックし、

微調整を経て、製作に入る予定です。

 

完成したら、こっそり?試着してみよう・・・

Copyright 2002-2016 TOPPAN HALL. All Rights Reserved.