トッパンホールスタッフが最新情報をお届けします!

TOPPAN HALL Official Blog

TOPPAN HALL

蛍子: 2010年11月アーカイブ

囚われのサンタクロース

2010年11月29日 月曜日 蛍子 | | ホールよもやま話

日本列島のお天気予報に「雪だるま」マークが登場しつつある今日この頃。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

夏に弱い蛍子は、これからの季節、何だかココロもカラダも

ジワジワとエンジンがかかってくるのです。

 

冬好き。 

しかも、秋から冬のこの時期の風景は大好きです。

 

「紅葉」もいいですよね、今くらいの季節は。

人ごみ嫌いな私は、静かに「紅葉」を楽しみたいのですけれど

何となく、どこもすごいヒト!ヒト!ヒト!

そんなわけで「紅葉」はテレビの旅番組などで楽しむことにしています・・・

 

代わりに、この時期私の目を楽しませてくれるのは「黄葉」。

同じ「コウヨウ」ですが、黄色い方です。

結構混んでいるスポットもありますが、こちらだとわりと普通に街を歩いていても楽しめます。

先日もお茶をしていてふと外に目を向けると、銀杏並木が。

 

101121_155048.jpg 

黄色は一般的には警戒色だったり、

必ずしも良いイメージばかりで使われる色ではないかもしれませんが、風水の世界などでは

「金運」アップの色だったり(美○明○さんの髪の色もそういう理由があるらしいです・・・)、

ビタミンカラーということもあって、何となく元気をくれる色だったり。

見事な「黄葉」に出会うと、しばし見入ってしまいます。

 

あとはこの時期の街の風景といえば、何だかすごくキラキラ華やいできましたね。

クリスマスツリーや色々なイルミネーションが本当に綺麗です。

蛍子の場合、街中のキラキラしたものを見つつ、自宅の最寄駅につくと一転、イルミネーションはほとんどなくなるのですが、今度は空が広がります。冬のキーンとした冷たい空気のなかでは、星が本当に綺麗に見えます。

 

満足。

やっぱり、冬って好きです。

 

先日トッパンホールのホワイエにも、クリスマスツリーが登場しました。

今年はMAGI隊長のお手伝いで、蛍子もこのツリー飾りつけに参加。

近々にこのブログでも画像がアップされる予定ですが、

トッパンホールにご来場の際には是非、

MAGIさんプロデュースのクリスマスツリーをお見逃しなく!

 

街のキラキラの中で見かけた、大きなサンタクロース。 

101113_175610.jpg

 

・・・見えますか?鎖・・・

どうも持っていかれないように、しっかりと鎖で繋がれている模様。

店先に笑顔で立っている健気なその姿、、せつなすぎて激写。

嵐を呼ぶ男、ピアノを奏でる。

2010年11月 1日 月曜日 蛍子 | | ホールよもやま話

冬の気配が感じられるこの季節、どんどん元気になっていく蛍子です。

夏の暑さは苦手・・・とは言え、あの夏の酷暑とのあまりのギャップに、

若干カラダが驚いている今日この頃です。

 

「弦のトッパン」は3日間にわたるハーゲンプロジェクトで10周年シーズンの主催公演がスタート、その後も弦の魅力的な公演が続き、ホールの木の空間には連日「弦の響き」が。

 

でもそんな「弦」と同じくらい素晴らしい響きでホールを満たしてくれているのが、ピアノ公演です。

 

さる24日にはティル・フェルナーのベートーヴェン ピアノ・ソナタ全曲演奏会の最終回が行われました。2008年から足かけ3年にわたったこのツィクルス。回を重ねるごとに確実に熱を帯び、客席とステージの一体感、集中力は高まる一方で、24日もソナタ第32番の最後の一音が響いたあとに訪れた一瞬の静けさ、そして拍手。トッパンホールで耳にする拍手は、いつだって「心からの」拍手なのですが、とりわけこのツィクルスを初回から全て聴いてくださったお客さまもたくさんいらっしゃったこの日の拍手は、「深かったなぁ」と、蛍子はじんわり感激しておりました。

終演後、充実感にあふれ、そしてホールを後にする最後の瞬間まで疲れた顔ひとつ見せず笑顔だったティル・フェルナー。ステージ上でのオーラと、普段の謙虚でノーブルなその姿。演奏はもちろん、彼が持っているキャラクターもお客様を魅きつける素なんでしょうね。また来年トッパンホールに帰ってきてくれることを、皆さまとともに、首を長―くして待ちたいと思います。

 

そんなフェルナーと同じように穏やかな空気を漂わせつつ、ステージに上がるととても情熱的な演奏を聴かせてくれる、金子三勇士さん。

そんな彼が一昨日、HALLOWEEN LIVEと銘打った10周年のイベントに登場してくれました。

 

・・・一昨日。

 

そう、10月30日、ここ東京は季節外れの台風が大接近!朝から降り続く雨風が次第に強くなっていくなか、「今日は予定通り、公演ありますか?!」というお電話も数多く頂戴しました。

ホールスタッフも、「このお天気ではお客さまも来場するのをあきらめてしまうのでは」と少し心配になってきていたのですが・・・

 

心配無用でございました・・・お客さまは台風なんかには負けないのです!

 

本当にたくさんの方が来場してくださいました。ありがとうございました(涙)。

そんな想いに応えるかのように、金子さんも素晴らしい演奏を聴かせてくださって。

「嵐を呼ぶ男」金子さんは、嵐よりパワフルな時間をトッパンホールにもたらしてくれました。

 

当日はホールスタッフもハロウィンにちなんでオレンジ色のシュシュ(スタッフ手作りです)やチーフを身につけてスタンバイ。お客さまのなかにも、オレンジ色でお洒落している方、何人も見かけました。素敵でしたよー、どの方も!コンサート後のイベントも、グラスを片手に皆さん楽しんでくださったようで、ホールスタッフはもちろん、金子さん本人もとても嬉しそうだったのが印象的でした。

イベントの賑わいショットをこちらに載せたかったのですが、熱気あふれる空間では撮影もままならず。。とにかくオレンジ色とお客さまの笑顔がいっぱいの素晴らしい眺めでございました。

 

ホールとしても初めの試みだった、今回のイベントですが、台風をモノともせずに駆けつけてくださったお客さまのおかげで楽しいハロウィン・イヴになりました。この公演をきっかけに、金子さんはもちろん、トッパンホールやクラシックコンサートに関心を持ってまた新たな楽しみを増やしていただけたなら。

芸術の秋、本番。

神楽坂をお散歩しがてら、皆さまどうぞトッパンホールに遊びにいらしてください。

Copyright 2002-2016 TOPPAN HALL. All Rights Reserved.