トッパンホールスタッフが最新情報をお届けします!

TOPPAN HALL Official Blog

最近のブログ記事
TOPPAN HALL

蛍子: 2011年6月アーカイブ

影アナのこと

2011年6月 1日 水曜日 蛍子 | | ホールよもやま話

今日から6月。

「来月に入ったらそろそろ梅雨かしら?」などと思っていた5月、

風薫る季節に・・・まさかの梅雨入り!

トッパンホールがあります、ここ東京小石川も梅雨入りしたこともあり

どんよりした曇り空が多くなってきました。

皆さまは雨の季節、何をして過ごしていらっしゃいますか?

普段はアウトドア派だけど、こんな季節はインドア派に・・・という方も多いかもしれませんね。

劇場やコンサートホールは雨天中止なし。

色々なコンサートやお芝居に出かける機会も増えているのではないでしょうか。

 

劇場やコンサートホールでお馴染みなのが「アナウンス」。

通称「影アナ」と言われ、姿が見えないなか、多くは女性の声で

様々なお願いごとや、ご案内をするアナウンスがホワイエや客席内に響きわたります。

リアルタイムで舞台袖や音響室で担当者が声を出している場合も多いですが、

テープ録音のものも。お芝居などですと、出演される役者さんがちょっとした演出とともに

必要なことをお話されたりしているケースもよく耳にします。

 

この「アナウンス」。

皆さんは、どうお感じになっていますか?

「そうか!CDを今販売しているんだ」、「今日は休憩がないのね」と耳寄りな情報もあれば、

「あ、携帯電話の電源切らなきゃ」とか「写真撮影しちゃいけないんだ」など、

うっかり忘れていたり、実は知らなかったマナーに気づかされるような内容もあります。

ただ、逆にあまりにもたくさんのことを長々と話されたり、

「子どもじゃないんだから、そんなこと言われなくても知ってます!」となるような、

正直「クドイ」ケースもあって、少々興ざめな気持ちになった経験も、蛍子自身少なくありません。

 

ご来場の機会が多い方は既にご存知かもしれませんが、

トッパンホール主催公演では10周年を迎えた今シーズンのスタートに合わせて、

この「影アナ」を最小限の内容にしました。

これから音楽を楽しもうというワクワクする時間や、

素敵な音楽を聴いた後の余韻に浸る時間を壊さない、

そんな空間づくりを目指している真っ最中です。

トッパンホールは「大人」が集まる、上質な「遊び場」でありたいという思いもこめて・・・

様々なご意見も頂きつつ、多くのお客さまからは「賛成!」といったお声を頂戴しています。

 

昨日は、巨匠グスタフ・レオンハルトのリサイタル。

震災後、いち早く来日の意志を示してくれたアーティストの一人です。

過去2回の演奏会と同様に、客席内には「一音も聴き逃すまい」というお客さまの熱気・緊張感が。

ただ、ほんの少し違っていたのは、ピリピリというよりも、背筋はピーンとなりながらも、

ステージから流れる巨匠のオーラに心地よく包まれながらの穏やかな緊張感がそこにあったこと。

そして静かすぎる客席内での異音や、様々なアラーム音、携帯着信音はゼロでした。

レオンハルトの静かな熱演はもちろんのこと、

お客さまお一人お一人のマナー、皆で気持ちよく公演を聴こうよという気持ちが、

昨日のあの空間を創っていたような気がします。

 

「大人の遊び場」に少しずつ近づけているでしょうか・・・皆さまのご協力に感謝しております。

 

 

Copyright 2002-2016 TOPPAN HALL. All Rights Reserved.