トッパンホールスタッフが最新情報をお届けします!

TOPPAN HALL Official Blog

TOPPAN HALL

蛍子: 2013年3月アーカイブ

〈エスポワール〉新アーティスト、登場!

2013年3月27日 水曜日 蛍子 | | ホールよもやま話

花火があがるように突然桜が満開になった、ここ東京・小石川。

うららかな春の陽射しも雲に隠れ、今日は冷たい雨、、桜も寒そうです。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

ハーゲン・クァルテットのベートーヴェン弦楽四重奏曲全曲演奏会前編の余韻に包まれながら・・・次回4/14前橋汀子さんの登場までトッパンホール主催公演は少しお休み。ヴァイオリンの音色にのって春がやってくるのをジッと待っているところです。

そんななか、つい先日トッパンホールではプレス記者発表会が行われました。内容は、おなじみの若手シリーズ企画〈エスポワール〉に登場する新アーティスト、10代目北村朋幹さん(pf)、11代目山根一仁さん(vn)のお披露目です。才能豊かな若いアーティストがホールとともに3回のリサイタルを企画し、演奏はもちろん、その成長の軌跡を皆さまにお聴きいただくのがこのシリーズの面白さ。最近では、昨年7月、そのめざましい進化を印象づけて3回の公演を終えた8代目の日下紗矢子さん(vn)、まもなく6月に最終回を迎える9代目の河村尚子さん(pf)の2人が皆さんの記憶にも新しいところでしょうか。充実した3回のシリーズを創りあげてきたこの美しき名手たちに北村さん、山根さんという若武者が続きます。

20130327_1.jpg

この日は、演奏に加えて、これから始まるそれぞれ3回のリサイタルへの意気込みを語りつつ、記者の皆さんからの質問に答えるという普段の演奏会とは少し違う雰囲気。


落ち着いた話しぶりながら、ひとつひとつの言葉からは静かで強い意志を感じる北村さん。
今年のニューイヤーコンサート以来の登場です。
20130327_2.jpg

「生まれて初めての記者会見です」と少し緊張の様子を見せていたけれど、話し始めてビックリ!
公演への熱い想いがご自身の言葉となって、とめどなくあふれた山根さん。

20130327_3.jpg

記者発表後は懇親会が行われ、シャンパンで乾杯(注:山根さんはオレンジジュースです)。アーティストも交えての会で、直接交流を深めていらっしゃいましたが、耳にする感想としては皆さん一様にその演奏はもちろん、自分の言葉をきちんと持っている若いおふたりに驚かれたようでした。

公演の詳細については、4月にこのWEBサイト内でもご案内いたします。どうぞお楽しみに!

尚、この日は若手企画ということで、7月3日にスタートする新企画〈室内楽マイスターへの道〉第1回出演者の津田裕也さん(pf)にもご登場いただきました。
20130327_4.jpg

磨き続けてきたその確かなテクニックはもちろん、お人柄が滲み出るようなあたたかく誠実な音楽が印象的な津田さん。スーパー・チェリスト、イェンス=ペーター・マインツとの共演で、津田さんが室内楽奏者としてさらなる進化を遂げる瞬間を、多くの皆さまとともに目撃したいと思います。

7月3日(水)公演詳細はこちら>>>

春からのトッパンホールにも、どうぞご期待ください。

Copyright 2002-2017 TOPPAN HALL. All Rights Reserved.