トッパンホールスタッフが最新情報をお届けします!

TOPPAN HALL Official Blog

TOPPAN HALL

マダムK: 2009年7月アーカイブ

焼けてたまるか

2009年7月29日 水曜日 マダムK | | コンサート情報

こんにちは。マダムです。

 

夏らしい強い日差しが続いていますね。

こう、暑い日が続くと、朝の出勤時も辛いものです。。。

マダムの出勤スタイルといえば...日傘とサングラスは必須アイテム!! UV対策万全です。

出勤後は、まず事務所にある椅子に座りひと息つき、「あー疲れた」と思わず口から出てしまうのが日課になっています。 

暑さに負けず、ファイト!! と言い聞かせ、仕事に励むマダムです。

 

さて、まずは、先日のブログでお伝えした合唱祭のご報告!!

 

と、報告の前に、、、

実は、先日のブログで今週を乗り切れ!! と宣誓しておきならが、直後、風邪をひきダウン。合唱祭には、なんとか気力で?出場したものの、演奏出番寸前まで、咳が出たら「ど、ど、ど、どーしましょ」と心配するありさま。

ですが、そんな心配もよそに、本番は雑念を取り払い、演奏に集中。

無事に終わりましたーー。めでたし、めでたし。。。。

コンディションは、最悪でしたが、自分の健康管理が悪いと言われればそれまでです。ごめんなさい。涙。

 

ホットひと息ついたのもつかの間、31日には、とある福祉施設を訪ね、サマーコンサートに出演。これも奥さま合唱団の年間行事のひとつとなっています。演奏曲目は、先日の合唱祭の曲とは打って変わり、誰もが知っている、つい口ずさんでしまうような「親しみやすさ」と重視した曲をセレクトしてお届け。

あぁぁぁ、帰ったら練習しなければ。。。と焦るマダム。

 

そんなこんなで、あっという間に7月も終わってしまいます。

8月といえば、夏季休暇!! あぁ、、、待ち遠しいわ。

っと、その前に忘れちゃいけないコンサート!!

そう、隔月開催の「トッパンホールランチタイムコンサート」が8/4に開催されます。出演者は、ソプラノの吉原圭子さん。フランス歌曲を皆さまにお届けします。

おフランス音楽とその香りをトッパンホールでお楽しみいただければ、夏の暑さもきっと吹き飛ぶでしょう。

 

チケットインフォメーション

 

整理券の事前配布は、終了しております。当日は、11時30分より整理番号札を配布いたします。開演直前に空席状況を確認し、ご案内できる場合は、番号順にご入場いただけます。

 

それでは、皆さまのご来場をお待ちしております。

女性の皆さま、UV対策お忘れなく!! 笑。

マダムよ、、、今週を乗り切れっ!!

2009年7月 6日 月曜日 マダムK | | ホールよもやま話

先月末より主催公演の発売や公演日が重なり、気のせいか溜まった疲れがなかなか抜けない今日この頃...。

年のせい???

いや、、、そんなことはなーーーーーい!!と自分に強く言い聞かせ、今日も頑張って仕事に励んでおります。

が、お疲れモードのマダムにさらに追い討ちをかけるような出来事が待っており...。

 

実は、今週末、東京都合唱連盟&朝日新聞社が主催する「東京都合唱祭」に出場するんです。

「歌」ではなく、マダムは「ピアノ伴奏」です♪♪

 

数年前より、ご縁あって、地元のステキな奥さま方によるアマチュア合唱団(以下、奥さま合唱団)の伴奏ピアニストを務めています。

この合唱祭に出場するのも、今年で3度目。参加すると、数名の講評者による講評と他団体からの講評を書面で受け取ることができ、奥さま合唱団は、それらを参考にしつつ、日々練習に励んでいらっしゃいます。

 

東京都合唱祭は、毎年6月から7月にかけて行われ、毎回200を超える団体が出場します。今年は、土日祝日を含めて5日間の日程で開催。286団体が参加し、のべ5900名がステージに上がります。老若男女問わず、合唱が大好き!!そんな方々が一同に会し、日々の努力の成果と素敵なハーモニーをホールに響かせます。

 

ところで、あまりの出場団体の多さに驚きませんか?286団体って???

 

こんなにも多くの団体が出場し、しかも5日間という限られた時間の中で行われるという、ある意味超ハード?なイベントなのであります(笑)

 

合唱祭は、お昼休憩や途中休憩はなくノンストップで行われ、日によって若干異なりますが、午前中は、11時前よりスタート、終演は夜8時になることも!! 合唱好きの人には、何ともたまらない、まさに合唱漬けな5日間。それに携わるすべてのスタッフさん、講評を書かれる先生方、本当にお疲れさまです。。。。。

 

が、休憩なしとはいえ、出場団体は、各日とも5or6ブロックに分けられ、1ブロック毎の入れ替え制です(講評の先生方も)。

ですので、自分の団が出場するブロックが始まる前や終わった後に、休憩が取れますので、ご安心を!!

 

そうそう、奥さま合唱団が歌う曲目は、歌曲の名作として知られる、「落葉松」(小林秀雄作曲)。

元は独奏曲ですが、作曲家自ら女声合唱に編曲し、その後も混声、男声用編曲を含め、今では頻繁に合唱曲として歌われる名曲です。

奥さま合唱団は、以前より「落葉松」が歌いたかったのだとか...。

念願かなって良かった、良かった!! って言っている場合ではなく、、、この曲の伴奏って、けっこう難しいんです。

ここで、ピアニストマダムの意気込みを一言!!申し上げたいと思います。

 

「ピアノが歌に合わせるのではなく、合唱(歌)と調和しながら弾くこと」

ピアノソロと違い、歌の伴奏は、ピアノと合唱でお互いに音楽を作り上げなければならず、一種の共同作業ですね。コレを実現できるようサポートしたいと思います。要は、ピアノ右手の3連譜の弾き方。各フレーズの詩の内容をこめて正確に刻むことが要求され、かつ詩の内容が聴衆へ伝わるような音で、合唱とともに音楽をつくりあげたい、そう願っています。

 

さぁ、、、本番は、どうなるかわからない未知の世界でございますが、今週末、頑張ってまいりまーす。

Copyright 2002-2016 TOPPAN HALL. All Rights Reserved.