トッパンホールスタッフが最新情報をお届けします!

TOPPAN HALL Official Blog

TOPPAN HALL

Luna: 2010年5月アーカイブ

充電完了!―ゴールデンウィークのできごと

2010年5月13日 木曜日 Luna | | ホールよもやま話

こんにちは、Lunaです。

GWが終わり、未だ社会復帰リハビリ中です。

 

Lunaは、故郷(金沢)でのんびりと過ごしてきました。

 

  金沢.jpg

  

目的は、

芝生のある公園で、春のそよ風に当たりながら日向ぼっこでまったり過ごす!でした。

 

・・・しかしながら、なんと気温が30度超え。春をすっ飛ばし、夏がやってきていました。

とりあえず、お弁当を持って芝生のある公園に行ったものの、日差しが強く汗ばむばかりでしたのですぐに退散。落ちていた「まつぼっくり」をお土産に拾って帰ってきました。

家路に着き、こそこそとまつぼっくりを変身させ、ほくそ笑むLunaでした。

 

まつぼっくりsan2.jpg 

(ちょっと見えづらいかもしれませんが・・・↑「まつぼっくりトリオ」です。)

 

まつぼっくり.jpg まつぼっくり.jpg   

GWの金沢と言えば、2008年より開催されている「ラ・フォル・ジュルネ金沢」。

今年のテーマは『ショパンジェネラシオン1810』で、ショパンと同じ年代に生まれたシューマン、リスト、メンデルスゾーンの作品が取り上げられていました。

Lunaも事前にチケットを手に入れていたのですが、あいにく家族が体調を崩してしまい、行けずじまい・・・。とりあえず、チケット購入時にゲットした限定オリジナルキューピー達を並べ、熱狂の日に参加した気分を味わったのでした。

 

キューピーズ.jpg 

 

ということで、目的を果たせたようで果たせなかったようなGWでしたが、故郷ならではのゆったりとした時間を堪能し、リフレッシュしてまいりました。

 

さて、今年は、ショパン生誕200周年ということで、ラ・フォル・ジュルネをはじめ、ショパンの曲を聴く機会が増えていますね。

しかしながらトッパンホールではJ.S.バッハの年?と思うほど、ショパンが敬愛したJ.S.バッハのラインナップが並んでいます。

 

2月に開催した「ベルリン古楽アカデミー ブランデンブルク協奏曲全曲演奏会」をかわきりに、4月は「ミクローシュ・ペレーニ 無伴奏チェロソナタ全曲演奏会」。

そして今月は「武久源造 ジルバーマン・ピアノでバッハを弾く」。来年2月には「アンドレアス・シュタイアー ゴルトベルク変奏曲」、そして3月には「トーマス・ツェトマイヤー 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ全曲演奏会」

スタッフであるLuna自身も今からとても楽しみにしております。多くの作曲家が影響を受けた「音楽の父J.S.バッハ」を、皆さまもぜひお聴きください。

 

まずは、蛍子さんもお薦めしていました、5月21日(金)19:00開演「武久源造 ジルバーマン・ピアノでバッハを弾く」。お手元にチケットをお持ちでいない方は、ぜひお早めにお求めくださいね。お待ちしております!

 

公演情報・チケットのご予約はこちら>>> 

Copyright 2002-2016 TOPPAN HALL. All Rights Reserved.