トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



ロナルド・ブラウティハム(フォルテピアノ,ピアノ)


Ronald BRAUTIGAM


photo
©Marco Borggreve

「キング・オブ・ザ・フォルテピアノ」(タイムズ紙)と評される、オランダを代表する演奏家。技巧と音楽性だけでなく音楽的興味の広さが特徴。
アムステルダムとロンドンで勉強し、アメリカでルドルフ・ゼルキンに師事。1984年、オランダで最高の音楽賞であるオランダ・ミュージック・プライズを受賞。ベルナルト・ハイティンク、リッカルド・シャイー、シャルル・デュトワ、フランス・ブリュッヘン、フィリップ・ヘレヴェッヘ、クリストファー・ホグウッド、アンドルー・パロット、ブルーノ・ヴァイルなどの著名な指揮者のもと、主要なヨーロッパのオーケストラと定期的に共演している。フォルテピアノ演奏に情熱を傾けるようになり、フライブルク・バロック・オーケストラ、コンチェルト・コペンハーゲン、18世紀オーケストラ、エイジ・オブ・エンライトメント、シャンゼリゼ管弦楽団などと共演。
1995年からスウェーデンのBISレーベルと提携し、フォルテピアノでのモーツァルトとハイドンのピアノ曲全集など多数リリースしている。2004年にはフォルテピアノで、15CDからなるベートーヴェン・シリーズの1枚目が発売となり、このシリーズは、フォルテピアノの模範的録音としてしっかりと確立されている。デッカ・レーベルでも、シャイー指揮/ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団とショスタコーヴィチ、ヒンデミットなどのピアノ協奏曲を録音している。これらの録音により、エディソン賞、ディアパゾン・ドール、カンヌ・クラシック賞など多数受賞。09年からはマイケル・アレクサンダー・ウィレンス指揮/ケルン・アカデミー・オーケストラと、フォルテピアノによるモーツァルトのピアノ協奏曲全曲シリーズで、11枚のCDをリリース。MIDEMクラシカル・アワード2010の最優秀「協奏曲」に選ばれた。また03年から5年かけて3台のフォルテピアノを作品に応じて弾き分けたベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集(BIS SA2000/9枚組)が、15年ドイツ・レコード批評家賞とエディソン賞をダブル受賞した。
トッパンホールには2004年4月、2017年2月にリサイタルで登場。