トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



ルノー・カプソン(ヴァイオリン)


Renaud CAPUÇON


photo
©Simon Fowler Erato

1976年フランスのシャンベリ生まれ。14歳よりパリ国立高等音楽院に学び、在学中に数々の賞を受賞。その後ベルリンにてトーマス・ブランディス、アイザック・スターンに師事。97年からクラウディオ・アバドの招きでグスタフ・マーラー・ユーゲント・オーケストラのコンサートマスターを務めた。
ソリストとして、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ボストン交響楽団、パリ管弦楽団、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団、フランス国立管弦楽団、シモン・ボリバル交響楽団、ロサンゼルス・フィルハーモニックなどと共演しているほか、近年では、フランソワ=グザヴィエ・ロト指揮/ロンドン交響楽団、レナード・スラットキン指揮/デトロイト交響楽団などと共演。カメラータ・ザルツブルク、ルツェルン祝祭弦楽合奏団など室内楽グループでの弾き振りも好評を博している。
室内楽にも力を入れ、アルゲリッチ、バレンボイム、ブロンフマン、ユジャ・ワン、バシュメットなど錚々たる顔ぶれのほか、弟でチェリストのゴーティエ・カプソンとも共演。ルツェルンやヴェルビエ、ザルツブルクといった著名な音楽祭からも数多く招かれている。
録音も多く、エラート/ワーナー・クラシックスの専属アーティストとして、最近ではバッハとヴァスクスのヴァイオリン協奏曲をヨーロッパ室内管弦楽団との弾き振りで収めたCDや、ダニエル・ハーディング指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団と共演したブラームスとベルクの協奏曲などをリリース。ゴーティエらと共演したフォーレの室内楽作品全集は、2012年のエコー・クラシック賞室内楽部門を受賞。コンピレーション・アルバム「Le Violon Roi」は、ディスク・ドール賞を受賞。
さらに、リーム、デュサパン、マントヴァーニのヴァイオリン協奏曲を収録したCDがエコー・クラシック賞、日本のレコード・アカデミー賞を獲得している。
自身が創設したイースター音楽祭の音楽監督、およびグシュタード冬音楽祭の音楽監督を務める。また14年より、ローザンヌ高等音楽院で後進の指導にあたっている。
トッパンホールには、05年〈エスポワール スペシャル〉で初登場。この公演が日本デビューリサイタルとなった。その後も定期的に登場し、聴衆を魅了している。
使用楽器は、アイザック・スターンが所有していた1737年製グァルネリ・デル・ジェス“Panette”。フランス政府より11年にシュヴァリエ国家功労勲章、16年にレジオン・ドヌール勲章を与えられている。