トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



リュカ・ドゥバルグ(ピアノ)


Lucas DEBARGUE


photo
©Felix Broede/Sony Classical

1990年生まれ。11歳でピアノを学び始め、間もなく技巧的なレパートリーに魅了されたが、一度ピアノの演奏から離れ、パリ第7大学で理学および文学の学士号を取得。その後ふたたびピアニストになることを決意し勉強を再開、ボーヴェ音楽院にてフィリップ・タンボリーニに師事。さらにリュエイユ=マルメゾン音楽院でレナ・シェレシェフスカヤと運命的な出会いを果たす。彼女は直ちにドゥバルグの優れた才能と将来性を確信し、パリのエコール・ノルマル音楽院の自身のクラスに入学させた。パリ音楽院でもジャン=フランソワ・エッセールに学び、2015年にピアノ演奏において学士号を取得した。
14年アディリア・アリエヴァ国際ピアノ・コンクール優勝。15年、チャイコフスキー国際ピアノ・コンクールに挑戦し、優勝候補の筆頭と目されながらも結果は4位入賞であった。しかしモスクワ音楽批評家協会特別賞をただ一人受賞し、多くの称賛を集める。以降、世界各地の著名なコンサートホールにおけるリサイタルはもちろん、ヴァレリー・ゲルギエフやウラディミール・フェドセーエフ、ギドン・クレーメルらから共演者として招かれ、いずれも大きな成功を収めている。
アメリカの最大手音楽マネージメント、コロンビア・アーティストと契約。続いてソニー・クラシカルとも専属契約を交わした。昨秋、早くも3枚目のCD(シューベルト、シマノフスキ)を発表し、広報を博す(『レコード芸術』特選盤)。
ドゥバルグは、文学、絵画、映画やジャズに関して情熱も持ち、またニコライ・メトネル、サムイル・マイカパルやニコライ・ロスラヴェッツなど、あまり名の知られていない作曲家も積極的に紹介しているほか、彼自身作曲も行っている。
トッパンホールにはこれが初登場。