トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



ノルウェー室内管弦楽団


Det Norske Kammerorkester


photo

1977年、テリェ・テンネセンによりに設立され、現在芸術監督を務める(1981-2001年はアイオナ・ブラウンが芸術監督)。2002年から、レイフ・オヴェ・アンスネスが首席客演リーダーを務めている。これまで、ジョシュア・ベル、ラドゥ・ルプー、アンジェラ・ヒューイット、アンドリュー・マンゼ、トルルス・モルク、トーマス・ツェートマイヤーらをゲストに迎え、ヨーロッパの主要ホールで公演を行っている。特にロストロポーヴィチの指揮でミラノ・スカラ座、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールなどで公演を行っている。CDは、アンスネスの弾き振りで、モーツァルトとハイドンのピアノ協奏曲シリーズを展開しており、04年にはモーツァルトの協奏曲第9番・第18番を、08年には同協奏曲第17番・第20番をリリースしている。そのほか、ダニエル・ハーディング指揮でルトスワフスキ作品集などがある。