トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



江口 玲(ピアノ)


Akira EGUCHI


photo

「非凡なる芸術性、円熟、知性」(ニューヨーク・タイムズ紙)と評される江口玲はソリスト、室内楽奏者、チェンバロ奏者、そして伴奏者として世界中の聴衆と批評家たちを魅了してきた。1992年に大成功を収めた、アリスタリーホールでのニューヨークリサイタルデビューを始めとし、アメリカ、ヨーロッパ、アジアでの主要演奏会場にて演奏を続けてきた。ニューヨークタイムズ紙からは「流暢かつ清廉なるピアニスト」と賞賛され、これまでにカーネギーホール、エヴリーフィッシャーホール、アリスタリーホール、92丁目のYMHA、ワシントンDCのケネディーセンター、そして、ウィーンのムジークフェライン、ロンドンのバービカンセンター、パリのシャンゼリゼ劇場等でも演奏している。その抜きんでた演奏は、ホワイトハウスにて故アイザック・スターン氏によりクリントン大統領に紹介され、また東京の浜離宮朝日ホールでの演奏会には天皇皇后両陛下もご臨席された。母校ジュリアード音楽院のアジアツアーのソリストに抜擢された他、アメリカ、アジア、ヨーロッパ諸国等、今まで演奏で訪れた国は25カ国に及ぶ。
参加した音楽祭はアメリカのアスペン、ラヴィニア、ニューポート、日本では長野アスペン、パシフィック、またヨーロッパではロンドンのジャパンフェスティバル、スイスのヴァルビエ、フランスのラ・フォル・ジュルネ等多数。ラジオ、テレビへの出演も数多くNHK-TV、NHK-FM、ニッポン放送、読売テレビ、ニューヨークのWQXR、WNCN、NPR、PBS、NBC、ラジオフランス、BBC放送等、またレコーディングはドイツグラモフォン、フィリップス、DENON、IDVC、マーキークラシックス、ヴィクター、ヴァンガード、BMG、佼成出版、NYS CLASSICS等から計27枚のCDが出ている。
2002年、春にNYS CLASSICSより発売されたソロアルバム、「Dear America,」はレコード芸術から特選盤に選ばれ、「極上のエンターテイメント」「ガーシュインの霊が乗り移ったかのよう」と評された。また、二枚目のアルバム、「巨匠たちの伝説」(2003年6月発売)はカーネギーホールオープン時にステージ上にあった1887年製のピアノを使用し、カーネギーホールで録音された。このCDもレコード芸術から特選盤の評価を受け、二枚連続選出の快挙となった。
最新のアルバム「Pictures at an Exhibition」は2006年7月に発売され、好評を得ている。これまでに、ジュリアード音楽院からは権威あるウィリアムペチェック賞と、傑出した功績と指導的地位に対して送られるウィリアム・シューマン賞を受賞、及び同校のジナ・バッカウアー奨学金コンクールとコンチェルトコンペティションにて第一位を獲得、そのほかパリ国際室内楽コンクール入賞、ポーランドのヴィニャフスキー国際ヴァイオリンコンクールでは優れた伴奏者に送られるアレイダ シュヴァイツァー賞を授けられている。作曲家としてはモーツァルトのヴァイオリン協奏曲のカデンツァをヴァイオリンの竹澤恭子女史に依頼され、宮崎音楽祭で演奏されたほか、チェリストの岩崎洸氏のためにもハイドンのチェロ協奏曲のカデンツァを書いている。また2003年11月には全音楽譜より自らの編曲によるラプソディー・イン・ブルーを含む「ガーシュイン ピアノ作品集」(江口玲編曲)が発売された。
東京に生まれ、東京芸大附属音楽高校を経て東京芸術大学音楽学部作曲科を卒業後、同校にて助手を務め、さらにジュリアード音楽院のピアノ科大学院修士課程、及びプロフェッショナルスタディーを修了。ピアノをハーバート・ステッシン、外山準、金沢明子、伴奏法を故サミュエル・サンダース、作曲を佐藤眞、北村昭、物部一郎の各氏に師事。現在はニューヨークに在住し、勢力的な演奏活動とともにニューヨーク市立大学ブルックリン校にて教鞭を執っている。また2006年より洗足学園音楽大学大学院の客員教授を務めている。