トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



ティル・フェルナー(ピアノ)


Till FELLNER


photo

1972年ウィーン生まれ。ヘレーネ・セド=シュタドラー、アルフレート・ブレンデル、マイラ・ファルカス、オレグ・マイセンベルク、クラウス=クリスティアン・シュスターらに師事。93年クララ・ハスキル国際コンクールにてオーストリア人として初めて優勝。98年ウィーン・モーツァルト協会からモーツァルト解釈賞を授与された。
これまでに、BBC交響楽団、カメラータ・ザルツブルク、ロサンジェルス・フィルハーモニック、ボストン交響楽団、パリ管弦楽団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン交響楽団、フィルハーモニア管弦楽団、NHK交響楽団等と、アバド、アーノンクール、ホグウッド、ヤノフスキ、マリナー、ナガノ、プラッソン、ウェルザー=メスト、ハイティンクら一流指揮者のもと共演。室内楽では、アルバン・ベルク四重奏団、トーマス・ツェートマイヤー、リサ・バティアシヴィリらと共演するほか、ハインリヒ・シフとはベートーヴェンのチェロとピアノのための作品全集を録音し、高く評価されている。主要な音楽祭からも多数招かれ、シューベルティアーデ・シュヴァルツェンベルク、ウィーン芸術週間、ラ・ロック・ダンテロン音楽祭、ザルツブルク音楽祭、エディンバラ音楽祭などで演奏している。
2008年春から、ナガノ指揮/モントリオール交響楽団とベートーヴェンのピアノ協奏曲全曲の録音を開始。同年秋から10年まで、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ全曲演奏会を、東京・トッパンホール、ウィーン、ロンドン、ニューヨーク、パリを中心に世界的に展開した。12年には1年間の演奏活動休止期間をとり、レパートリーの開拓や芸術的知識を深めたのち、15年にはベルリン・フィルデビューを飾るなど、再び活発に活動している。
CD録音も多く、「J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻」、「J.S.バッハ:インヴェンションとシンフォニア/フランス組曲第5番」、「ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番/第5番」、「トーマス・ラルヒャー:遊離基(フリー・ラジカル)」等がECMよりリリースされている。13年秋よりチューリヒ芸術大学にて後進の指導にもあたっている。
トッパンホールには07年の日本初リサイタルで初登場。08年より〈ベートーヴェン ピアノ・ソナタ全曲演奏会〉を成功させたほか、11年にはマーク・パドモアとともにシューベルトの三大歌曲に挑み、14年にもソロ・リサイタルで名演を聴かせた。