トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



古川展生(チェロ)


Nobuo FURUKAWA


photo

桐朋学園大学卒業。チェロを故・井上頼豊、山崎伸子、秋津智承、林峰男の各氏に師事。1995年第64回日本音楽コンクール第2位入賞。96年安田生命クオリティオブライフ文化財団の奨学金を得て、ハンガリーのリスト音楽院に留学、チャバ・オンツァイ教授に師事。97年第27回マルクノイキルヘン国際コンクール(ドイツ)チェロ部門にてディプロマ賞受賞。チェロアンサンブル・サイトウのメンバーとして日本各地、サンクトペテルブルク、ヘルシンキにて公演を行う。98年帰国し、東京都交響楽団首席チェロ奏者に就任、現在に至る。
99年DENONより初のソロCD『Cellissimo!』『I Love You』の2枚同時リリースし、これまで発売された計5枚のアルバムはいずれも好調なセールスを記録している。今年4月には通算6枚目の最新アルバム『Romantic Stories on Cello』をリリース。またソリストとしても、東京都交響楽団、京都市交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団と共演する他、2002年ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の首席奏者を中心とした室内オーケストラ「トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン」のソリストとして、ハイドンとドヴォルジャークの協奏曲を全国5都市で熱演し、絶賛を博す。日本全国各地においてリサイタル活動を展開する他、様々な演奏団体や、室内楽プロジェクトにも参加。またサイトウ・キネン・オーケストラ、宮崎国際音楽祭等にも毎年出演するなど、精力的な活動を続けている。03年第2回齋藤秀雄メモリアル基金賞を受賞。04年5月サイトウ・キネン・オーケストラ・ヨーロッパツアーに参加。
95年ヴァイオリンの伊藤亮太郎、双紙正哉らとストリング・クヮルテットARCOを結成。JTアートホール室内楽シリーズや、宮崎国際室内楽音楽祭、北九州国際音楽祭、NHK-FMリサイタル、新日鐵コンサート等に出演。99年大阪国際室内楽コンクール弦楽四重奏部門第3位入賞(邦人として最高位)。これまでに東京、京都、新潟、名古屋などでリサイタルを行う他、静岡音楽館AOIレジデント・クヮルテットや東京クヮルテットとのジョイントコンサート、NHK教育テレビ「シャルル・デュトワがおくる音楽事典」に出演。2000年9月ビクターより1stCD『アンダンテ・カンタービレ』を、02年3月には2ndCD『ハイドン:「皇帝」』をリリース。03年世界的なクラリネット奏者、カール・ライスター氏と共演、04年B→C(ビートゥーシー)に出演するなど、今後益々の活躍が期待されている。
トッパンホールへの出演は、トッパンホール・アンサンブル Vol.1、Vol.2をはじめ、今回で7回を数える。