トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



フォーレ四重奏団


Fauré Quartett


photo
©Mat Hennek

作曲家ガブリエル・フォーレの名に因み、ドイツ・カールスルーエ音楽大学卒の4人が1995年に結成。アルバン・ベルク四重奏団に4年間師事したことが、彼らの音楽的な発展の支えとなっている。活動を始めて間もなくドイツ・シャルプラッテン賞やエコー・クラシック賞などを次々と受賞、急速に世界一流のピアノ四重奏団へと成長した。ドイツ・グラモフォンはその実力を認め、2006年、生誕記念年のモーツァルトの2つのピアノ四重奏曲の新録音の演奏者に、フォーレ四重奏団を選んだ。ロンドンのウィグモアホール、ベルリンのフィルハーモニーザール、フランクフルトのアルテオーパー、アムステルダムのコンセルトヘボウなど多くの国際的なホールに定期的に登場しているほか、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン、ラインガウといった著名な音楽祭からもたびたび招かれている。
世界各地でマスタークラスを開催、ベルリン芸術大学、ミュンヘン音楽演劇大学で後進の指導にあたっているほか、現在は母校でカルテット・イン・レジデンスを務めている。幅広いジャンルへのアプローチにも積極的で、各地のライブハウスで演奏するほか、テレビ番組や教育プロジェクトを通じて、子どもへの教育活動にも熱心に取り組んでいる。
CD録音では、ドイツ・グラモフォンより「モーツァルト:ピアノ四重奏曲」、「ブラームス:ピアノ四重奏曲」、「ポップ・ソングス」、「メンデルスゾーン:ピアノ四重奏曲」等をリリースし、エコー・クラシック賞など数多くの賞を受賞している。14年にはソニー・クラシカルより、ソプラノのジモーネ・ケルメスとの共演で「R.シュトラウス&マーラー:ピアノ四重奏曲集・歌曲集」をリリース。この10月には、ムソルグスキー《展覧会の絵》のモメルツ編曲によるピアノ四重奏版を収録した新譜が発売される。
トッパンホール主催公演への登場は今回が2回目。16年10月の〈バースデーコンサート〉では、モーツァルト、ブラームスのほか、細川俊夫の新作を日本初演。精緻に創られたアンサンブルと躍動感あふれる演奏で客席を魅了した。