トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



林 峰男(チェロ)


Mineo HAYASHI


photo

幼少よりチェロを才能教育で学ぶ。桐朋学園にて斎藤秀雄氏に師事。その後、ジュネーブ音楽院を第1位で卒業。翌年ローザンヌ室内管のソリストとしてヨーロッパ・デビュー。75年ベオグラード国際チェロ・コンクール第1位。76年には、ワシントンD.C.とニューヨークのカーネギーホールでリサイタルを開きアメリカ・デビュー。特に、カーネギーホールのリサイタルは、ニューヨーク・タイムズが絶賛した。翌年、スペインで開催された「カザルス生誕百年記念コンサート」に招待され、高く認知された。
76年以来、スイス・ロマンド管、ザグレブ・フィル等数々のオーケストラと共演する一方、スイスを本拠としながら欧州各国の他、アメリカ、イギリス等世界各国で室内楽、リサイタル等数多くの演奏会を開いている。日本へは毎年定期的に帰国し、全国各地で積極的な演奏活動を行っている。これまでに新日フィル、東響、東京都響、大阪フィル、関西フィル、札響、群響、ロイヤルメトロポリタン管、ロイヤルチェンバーオケ等と共演。
85年バッハ生誕300年を記念し「無伴奏チェロ組曲全6曲」を一夜で演奏するという画期的な演奏会を、全国17ヶ所にて行い脚光を浴びたほか、京都・常寂光寺、東京・増上寺(開創600年記念)の本堂でリサイタルを行い、満員の聴衆に深い感動を与えた。無伴奏チェロ曲を集めたCDも欧州と日本で発売され、各誌で高くを受ける。現在でも隠れたベストセラーとなっている。
95年、カザルスホールにて「デビュー20周年4日連続演奏会」を開催。ピアノの故園田高弘氏との共演の他、無伴奏リサイタル、オーケストラとの共演、チェロ・アンサンブルという多彩な内容は満席となり、朝日新聞でも大きく取上げられた。
05年デビュー30年を記念して行なわれたコンサートでは、ショスタコーヴィチの室内楽を取り上げ、高く評価された。今後益々活躍が期待される日本の代表的なチェロ奏者の一人である。
日本では、コンサートのほか国際スズキ・メソード音楽院教授を務めるなど、後進の指導にも力を注いでいる。現在スイス在住。