トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



トーマス・ヘル(ピアノ)


Thomas HELL


photo
©藤本史昭

ドイツ・ハンブルク生まれ。ハノーファー国立音楽演劇大学でデビット・ワイルドに師事。国家演奏家資格課程を最優秀で卒業。同時にピアノ教育学、作曲、音楽理論のディプロムも最優秀で取得。また、芸術的に重要な薫陶をエリカ・ハーゼ、コンラート・ハンゼン、クラウス・ヘルヴィッヒ、ギュンター・ルートヴィッヒ、コレット・ツェラらから受ける。1996年オルレアン国際ピアノコンクール第1位ほか多くの国際コンクールで入賞。15歳から数々のオーケストラと共演するほか、ヨーロッパ各国の主要な国際音楽祭にも数多く出演。古典から現代音楽までレパートリーは幅広く、とりわけ、リゲティ、カーター、シェーンベルク、ダッラピッコラ、アイヴズ、ブーレーズといった現代音楽を得意としている。
2008年のダルムシュタット国際現代音楽夏期講習会では、リゲティの《ピアノのためのエチュード》全18曲を演奏し聴衆を大いに沸かせ、リゲティと親交の深かったクルタークからも絶賛された。
日本では、10年11月に東京の音楽祭「テッセラの秋」で、原田敬子の《4つの手》I-IIIを世界初演。リゲティの《エチュード》全曲も披露し、話題を呼ぶ。
室内楽においても、ヨーロッパ各地の名高いホールに出演しているほか、現代音楽のためのアンサンブルピアニストとしても活動。
CD録音も多く、2000年レーガーの《バッハ変奏曲》とシューマンの《フモレスケ》のCDを、11年にはエイドリアン・エイドラムとの共演で「バルトーク:ヴァイオリン・ソナタ集」(TACET)をリリース。09年には、シェーンベルクの弟子シュトイアーマンの組曲5曲を収録したCDでドイツ・レコード評論家大賞を受賞している。カメラータ・フレーデンと共演した「コルンゴルト:ピアノ五重奏曲」は、12年ドイツ・レコード評論家賞を受賞。同年リリースしたリゲティ《エチュード》全曲のCD(WERGO)は、『レコード芸術』誌で特選盤に選定された。16年にはアイヴズの《コンコード・ソナタ》をリリース、絶賛を博した。
国内外にて、精力的にマスタークラスや演奏を交えた作品解釈の講演を行っており、01年よりハノーファー国立音楽演劇大学、11年よりシュトゥットガルト国立音楽芸術大学で教鞭をとっていたが、16年にマインツ音楽大学のピアノ科および室内楽科教授に就任した。
トッパンホールでは、初登場となった16年6月のリゲティ《エチュード》全曲演奏で鮮烈な印象を残した。