トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



樋口達哉(テノール)


Tatsuya HIGUCHI


photo
©ArtGaia

武蔵野音楽大学卒業、同大学大学院修了後、イタリア・ミラノに留学。エンリーコ・カルーソー国際声楽コンクール最高位。東京国際声楽コンペティション第二位。ブダペスト国際オペラコンクール第三位。ロータリー国際声楽コンクール第四位。サンレモ国際声楽コンクール特別賞を受賞。
1998年ハンガリー国立歌劇場に於いて「ラ・ボエーム」のロドルフォで出演し、ヨーロッパデビューを果たす。ロヴェレート市立歌劇場(イタリア)においても同役で出演。ドニゼッティ歌劇場のオーディションに合格しコンサートに出演。1999年ミラノ・スカラ座においてR.ムーティ指揮「運命の力」にソロ・パートで出演。メトロポリタン歌劇場管弦楽団との共演をはじめ、オマーン王立管弦楽団、国立キューバフィルハーモニーオーケストラ、国立ヴェルディ音楽院、ロンバルディア音楽フェスティヴァル等イタリアを中心に各地でコンサートやオペラに出演を重ねる。
国内においても2003年新国立劇場主催公演「トスカ」カヴァラドッシ、愛知芸術劇場主催公演「椿姫」アルフレード、04年新国立劇場主催小劇場シリーズ公演「外套」ルイージ、北九州芸術劇場主催公演「仮面舞踏会」リッカルド、05年新国立劇場主催小劇場シリーズ公演「ザザ」ミーリオ、新国立劇場主催公演「蝶々夫人」ピンカートン等、タイトルロールを含む大役を演じ常に好評を博す。
06年新国立劇場「道化師」ペッペ、同「カヴァレリア・ルスティカーナ」トゥリッドゥ、同「ドン・カルロ」レルマ伯爵/王室の布告者役で出演。また日本オペラの歴史を回顧した公演「日本オペラ絵巻」に出演し、その模様はNHKでも放送された。さらにH・アール・カオス主宰の大島早紀子による演出・振付で注目を集めた2007年2月東京二期会「ダフネ」のロイキッポス役では、演出意図を見事に具現化した歌唱と演技で新聞紙上でも絶賛されるなど二期会オペラデビューを果たした。二期会会員。