トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



ハインツ・ホリガー(オーボエ)


Heinz HOLLIGER


photo

現代に生きる管楽器の巨匠、オーボエの神様。現代において最も多彩で非凡な音楽家の一人。ジュネーヴやミュンヘンの国際コンクールで優勝して後、すぐに5大陸の主要コンサートホールで演奏し始めた無比の国際キャリアを持つ。作曲と演奏両方を追求することによって、オーボエの技術的な可能性を拡大し、同時に現代音楽に深く傾倒。現代を代表する作曲家達がホリガーのために作曲しており、ホリガーもまた、知られざる作品や作曲家の代弁者になっている。スイス音楽家協会作曲家賞、コペンハーゲン市レオニー・ソニング音楽賞、バーゼル市芸術賞、エルンスト・フォン・シーメンス音楽賞、フランクフルト市音楽賞、ヴェニス・ビエンナーレ・アビアティ賞、チューリヒ・フェスティバル賞等数多くの音楽賞、名誉賞を受賞。CDでも、ディアパソン・ドール、ミデム・クラシカル賞、エディソン賞、グランプリ・ドゥ・ディスク等を受賞。指揮者としても、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、クリーヴランド管弦楽団、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、バイエルン放送交響楽団など、長年世界の主要なオーケストラや室内楽団と共演。また長年にわたり、ヨーロッパ室内管弦楽団ともコラボレーションしている。作曲家としても人気があり、その作品は現在、ショット・ミュージック・インターナショナルから出版されている。チューリヒ・オペラで上演されたホリガー作曲のロバート・ヴァルサー作オペラ《白雪姫》は、国際的評価を受けている。その他、スカルダネッリ・ツィクルスとヴァイオリン協奏曲がある。現在シャルル・ケクランの作品をシリーズでSWR/ヘンスラー・レーベルで収録中。最近発売されているライブ収録には、ソプラノ歌手ユリアナ・バンセとのCD2枚組があり、2006年ミデム・クラシック賞とエコー・クラシック賞を受賞している。